ギルガメッシュないと

ギルガメッシュないと』は、テレビ東京系列局ほかで放送されていたテレビ東京製作の深夜番組である。制作局のテレビ東京では1991年10月5日から1998年3月28日まで放送。全放送回数324回。

ギルガメッシュNIGHT
ジャンル 女性向け情報番組 / バラエティ番組
出演者 岩本恭生
細川ふみえ
飯島愛
イジリー岡田
山崎まさや
鶴久政治
ほか、こちらも参照。
製作
プロデューサー 斧賢一郎
制作 テレビ東京
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1991年10月5日 - 1998年3月28日
放送時間当該節参照
放送分55分
テンプレートを表示

90年代を代表する深夜番組の1つであり、現在のマスカットシリーズゴッドタンといった同局の深夜バラエティにも影響を与えた。

本稿では、2012年1月13日から同年12月21日までBSジャパンで毎週金曜 23:00 - 24:00に放送されていた『ギルガメッシュLIGHT』(ギルガメッシュライト)についても述べる。

概要編集

1991年10月5日、「男も楽しめる、女の子のためのエッチ番組」というコンセプトで放送開始。

テレビ東京では東京12チャンネル時代から土曜深夜にお色気番組を断続的に放送してきたが、1985年に「夜はエキサイティング」を終了させて以降約6年間に渡り休止状態に陥っていたが、この路線を復活させたのが当番組である。11PMトゥナイトのような番組とは異なり、頑なに風俗情報を扱わない「女性が嫌がるモノはNG」といった姿勢があり、元々は女性視聴者をターゲットに製作された番組である[1]。実際に番組のプロデューサーだった斧賢一郎は、放送当時のインタビューで「この番組は女性の視点で作っており、風俗番組(エロ番組)といわれると心外。」と語っていたことがある。

初代ディレクターは菅 直満中村豊志。初期の出演者は、岩本恭生・3人の女性ダンサーからなるVIVID・イジリー岡田の5人構成で最初の3ヶ月間は映画紹介やオススメのデートスポット情報といった内容の真面目な情報番組であり、全国ネットではなかった。

1992年1月のテコ入れでスタッフが一新され、後に『ASAYAN』を手掛ける佐藤哲也と後に『開運!なんでも鑑定団』『おはスタ』を手掛ける中尾哲郎にディレクターが交代。そこで第2のコンセプトとして「グラビアアイドルをテレビでブレイクさせる」というスター創りを試んだ。岩本恭生に当時、人気のあったグラビアアイドル細川ふみえを司会に起用した。さらに、これまでのレギュラーコーナーを全廃し、なぎら健壱と裸エプロン姿の野坂なつみによる「夜食ばんざい」や、グラビアアイドルたちがボディコンで鉄棒競技などのスポーツをする企画などがスタートし、お色気番組というイメージが定着した。

1992年2月に入り、飯島愛が発掘されCM前に「ギルガ〜メッシュ!」とカメラ目線にセクシーな声で、スカートを捲ってTバックを見せるポーズで注目を集め、細川の降板後に司会に昇格した。番組スタートから1年後の1992年10月には全国ネット放送が開始され、AV女優やグラビアアイドルの他、若手芸人、ミュージシャン等も多数出演しながら大人気番組となった。番組人気から他系列の地方局にも番組販売されるまでにもなり、また日本のみならず台湾やヨーロッパの一部の地域など海外でも放送されていた事がある。

成人男性向け番組としてのイメージが強いが、司会者が飯島愛や細川ふみえなどの女性タレントである事や初期の頃にはゲストのAV女優グラビアアイドルが番組内で着用していた下着を視聴者の女性にプレゼント(抽選)していた事もあり、他にもランジェリー特集男性ストリップホスト水着特集女性の美レズビアンニューハーフ(LGBT関連)・アダルトグッズといった内容も放送されるなど女性向け情報番組としての役割も果たしていたため、一般女性でもこの番組を認知している(視聴していた)人は多い[2]。流行のエステを紹介するロケでは女性には知りたい情報をしっかりと伝え、男性には裸が見たいという欲求をふくらまさせるといった明るく楽しく男女が見られる番組を目指していた

全盛期には、スタジオで収録された人気コーナーやロケ企画・AV女優がヌードになるといった過激な内容もよく見られたが、次第に『出演者(レギュラー陣)の卒業・交代』、『人気企画・コーナーの終了と減少』、『女性タレントたちの露出が控えめ(ヌードではなく水着で出演)になる』、『事前収録または別撮りのVTRをスタジオで視聴する回が多くなる』など徐々に内容がマンネリ化していき人気が低迷。視聴率も2ケタを獲得していた事もあったが、番組後期には1桁台にまで落ち込んだ。

また、番組自体が有名になり過ぎたことから過激さが社会的問題として槍玉に上げられ自粛ムードを招き、お色気番組全体が衰退する遠因を作ってしまった。そのため当番組は「平成最後のお色気番組」と言われている。

主なコーナー・企画編集

GNNヒップライン
リニューアル後のオープニング企画。飯島 愛が他愛もないニュースを読み上げた後、Tバックを見せる。ニュースチャンネル「CNNヘッドライン」のパロディ[3]。番組人気最高潮時には本家CNNから取材が来た。
ボディコンdeスポーツ
グラビアアイドルなどがボディコン姿で様々なスポーツに挑戦する。
ギルガメ治療院
イジリー岡田が治療院院長に扮し、AV女優が患者としてゲスト出演。スリーサイズなど問診しつつ、実際の指圧師であるジェフ古川がコリをほぐしていく。コリの原因としてAV作品を紹介するが、毎回VTR終わりはイジリーのアップとなっていた[4]
夜食ばんざい / ギルガメクッキング
裸にエプロンの女性アシスタントとともに夜食を作る食欲と性欲を交えたお料理コーナー。
  • 初代のホストと女性アシスタントは、なぎら健壱と野坂なつみ。
  • 「新」はイジリー岡田と憂木 瞳
    • 最初は毎回違うAV女優にアシスタントを担当してもらう予定だったが、好評だったため予定を変更して憂木をそのままコーナーに起用し、番組レギュラーにも加わった。ゲスト出演者(俳優やタレント)がコーナーに参加することもあった。
  • 「ギルガメクッキング」は山崎まさや城 麻美
ランジェリーファッションショー
当初はセクシーメイツがモデルとなり飯島愛とイジリー岡田が最新ランジェリーを紹介していた。
その後は出演女性が水谷ケイやAV女優となった。
ランジェリー歌謡祭
下着姿の歌謡祭。出演女性が歌声を披露しながら最新の下着を紹介するという体のコーナーで、実際女性人気も高かった[3]
ギルガメ写真館
女性カメラマンがAV女優やグラビアアイドルのヌードや水着姿を撮影するコーナー。
ドラマ 三乳士
Eカップ以上のバストを持つ女性(AV女優)が出演するコーナー。
バスルームシネマ
憂木瞳と城麻美が入浴しながら映画紹介するコーナー[4]

番組から誕生したユニット編集

  • VIVID

独特なキャラクターとダンスを得意としたユニットで番組開始当初から3ヶ月間、アシスタントとして出演していた女性3人組。その後、細川ふみえと交代する形で番組を降板した。

番組初期の頃に活躍したユニットであり以降、番組では3人組のセクシーユニットが継続される事となる。

  • コブトリブラザーズ(日高充・イジリー岡田)

ボディコンdeスポーツのコーナーで実況・解説を担当、又トークなどでも絡む場面が多かった事から名付けられた愛称であり、実際はユニットやグループではない。一時期、ファンクラブが存在した。

  • 憂木 瞳&イジリー岡田

番組企画の一環としてシングルCD「マンゴ・ナタデ・ココ」をリリースするために組まれたユニット。

  • 仔寵仔寵 (相羽香奈・山川小春・葉山みどり)

LADY´Sに続く3人組で乳房が露出している衣装が特徴的だった。

番組においてオーディションが行われ、結成されたセクシーアイドルユニット。後に他局等への出演も増え、グループ名も長いという事で「セクシーメイツ」と称すようになった。

  • MASK

桜井あゆみ水谷ケイによる期間限定ユニットで写真集も発売された。

  • ラテンガールズ 情熱娘 (土田理奈・山本恵美・山岡要子)

1997年、ブラジルのアーティストであるCarrapichoの「恋のチキチキ」の日本語版を歌唱するセクシーグループとして結成。3人のメンバーは番組内でのオーディションによって選抜された。

  • 山崎まさや&香月あんな

「恋の東京ナイトクラビング」という曲を歌うために結成された音楽ユニット。この曲は、お笑い芸人のアンジェラ・デストロイがアイドル時代に所属していたHako (With Bibian)というグループのシングルCD(カップリング)に収録されている。

  • ピーチガールズ 桃姫隊 (斉藤容子・高原奈美・細井架奈美)

番組の終盤に出演していた3人組。メンバーの1人に中森あきない(当時:高原奈美)が在籍していた。

視聴率編集

アルベールビルオリンピックの開会式中継の真裏で放送した回が視聴率で勝利した事もある。(あくまで開会式時点)

番組開始当初の視聴率は、0.9%程だったが、徐々に人気番組となり全盛期には平均視聴率10%台を獲得していた。

  • (1992年9月8日) / 9.4%
  • レズビアン特集 (1997年11月29日) / 7.2%

瞬間最高視聴率編集

1997年度 TOP3

  • 1997年3月15日放送「チカン再現VTR」/ 11.4%
  • 1997年1月4日放送 「三乳士 総集編」/ 10.2%
  • 1997年11月29日放送「あやのとA子のラブジェネレーション」/ 10.1%

苦情・クレーム編集

  • ギルガメ治療院では当初、AV女優の作品を紹介する場面が放送されていたが苦情が付いたため、途中から作品紹介は行われなくなった。また指圧の際もトップレス姿であったが下着で行うように変更された。
  • 放送当時、番組には苦情がたくさん寄せられており、それに対応する形で一時期「バカルディの苦情受け付けます」というコーナーがあった。飯島愛と当時レギュラー出演していた、バカルディ(現:さまぁ〜ず)が番組に寄せられた苦情のハガキを紹介するというもの。
  • 1998年1月31日の放送で視聴者からテレビ東京の放送番組審議会宛に「内容がお色気番組として笑って見過ごせる範囲を超えているのでは?」という苦情が多く寄せられ、番組の内容について審議された結果、同年3月をもって打ち切りが決定し、7年間の放送にピリオドを打った。また、当時は同局で放送中だったテレビアニメ「ポケットモンスター」のポケモンショック長野冬季五輪1998年長野オリンピック)と時期が重なっていたことも影響している。

影響編集

芸能界編集

オードリー星野源しみけん雨宮まみ吉村崇秋山竜次宮地謙典渡辺 隆あやまん監督綾野剛根本はるみSILVA赤いプルトニウムゴールデンボンバーベッド・イン大野智村上純堂本光一、村上信五横山裕関谷友美山下健二郎神田伯山山崎弘也ニューヨークなど学生時代にこの番組を視聴していたという芸能人も多い。また関根 勤鶴久政治(実際に番組に出演)、鈴木奈都小堺一機といった当時、既に成人していたタレントもこの番組を好んでいたという。さらに大堀恵有馬すず澤部佑清水あいり大木亜希子坂井伊織といったこの番組の世代ではない芸能人も¨ギルガメ¨を知っている人が多く、知名度は今も衰えていない。

関根 勤は、自身の番組(ウラ関根TV)にイジリー岡田がゲスト出演したとき「俺はあの番組が終わったのショックでさぁ~」と語っていた。

KinKi Kids堂本光一関ジャニ∞村上信五は、番組(ピカイチ)でイジリー岡田と共演した際に「夜の兄貴」的な感じで好意を抱いていたという[5]

AV女優有馬すずは、番組の世代ではないが、父親の部屋で見つけたビデオテープの中にギルガメが録画されていて出演していた飯島 愛に影響を受けてAV女優としてデビューした。

お笑いコンビ・ハナイチゴ関谷友美は、小学生のときに「放送当時、小学6年生だった姉が同級生から深夜にすごい番組がやってるらしいと情報を仕入れ、なんとしてでも観たい!と思い姉妹で力を合わせることに。深夜、親にバレないようにこっそりと子供部屋の小さなテレビに布団を被せ、姉と一緒にイヤホンを片方ずつ耳に入れて肩を寄せ合いながら視聴。これが性を開花させたきっかけ」だと語っている[6]

元テレビ東京のアナウンサーである大橋未歩はTOKYO MXの「5時に夢中!」に出演した際、「大学生時代にギルガメの出演者としてスカウトを受けたことがある」と明かした。

他局編集

番組名編集

番組名はメソポタミアの英雄「ギルガメシュ」が精力絶倫の王であることにちなむ。異性愛者の男性向けお色気番組としてのコンセプトが徹底されていた。実際に使用していたタイトルロゴは「ギルガメッシュNIGHT」であるが、番組表上では「ギルガメッシュないと」と表記されていた。

出演者編集

司会編集

アシスタント編集

レギュラー編集

ゲスト編集

芸能人・タレント・俳優

アイドル / グラビアアイドル

芸人・落語家

アーティスト・ミュージシャン

出演者(番組内)のエピソード編集

  • 当時、番組のプロデューサーがよく口にしていた名言が「志は高く、カメラは低く」だった。
  • 1994年春頃、当時20歳で人気絶頂だった憂木 瞳が突如、番組から失踪する事態が発生した。スタッフも「消息は、さっぱりわからないね。本人が突然と姿を消してしまったし、一回も連絡がないしね」と言うように失踪は謎に包まれた。しかし翌年には番組に復帰し、ストリップ出演などを再開した[8]
  • 1994年頃、「ボキャブラ天国」をきっかけとするブームを背景にコンビ芸人がコーナー定期出演することになった結果、8ヶ月ほどイジリー岡田は出演していなかった。岡田はセクシー系出演者の関係悪化の兆しを察知し報告する役目を秘密裏に担っていたため、岡田がいない期間にレギュラー陣の関係は険悪になっていた。この状況を打開すべく飯島 愛がプロデューサーに直談判した結果、番組に復帰したという経緯がある。
  • 番組の中で「ヌードを撮られたい素人の女の子」を募集した際には、「私のヌード写真を撮ってほしい。それをきっかけにAV女優になりたいと思います。」という女性から手紙が来たこともあり、番組の影響を受けて実際にAVデビューする者もいたという。さらにギルガメ終了後にイジリー岡田が大阪のテレビ番組に出演していたところ、その番組を担当しているアシスタントのような女性から「私、ギルガメ見てました。」と言われた事もあった。
  • 当番組は「グラビアアイドルをテレビでブレイクさせる」というコンセプトであることや「若い女性視聴者をターゲット」にしたことで人気を得たため、他局でもこの番組の遣り方を応用してグラビアアイドルや女性タレントが主役を務める「女性向けのお色気深夜バラエティ」が放送されるようになった。「BiKiNi」・「出動!ミニスカポリス」・「BREAK!」・「ワンダフル」・「アイドル王」などが代表的である。
  • 木内あきらは、番組の映画コーナーの面接に行ったとき突然プロデューサーから「君、司会やって」と言われ、司会に起用されたという。
  • イジリー岡田は高速ベロ動かしなどの特技を披露して一躍有名となり、司会を務めた岩本恭生や鶴久政治よりも「ギルガメを代表する顔」として知られるようになった。ギルガメの放送が終了して20年以上経った今でもイジリー岡田がバラエティー番組に出演した際にこの番組を話題にする時があり、特技でもある「高速ベロ」や「ギルガメッシュ!!」という台詞を発言することが躊躇に見られる。
  • レギュラー出演者だった水谷ケイによると番組出演1本のギャラ(AV女優やセクシータレント)は1人1万〜1万5千円ほどだったという[9]
  • 番組放送当時の1990年代に活躍していたAV女優の夕樹舞子は、所属事務所の社長から「お尻とオッパイはテレビで出すな!ギルガメは露出が激しいからダメだ。」という指示があったため番組には出演できなかった。
  • 番組1日のスケジュールは、隔週で毎週月曜日の朝8時30分入り→ドライ・本読み(9時30分)→カメラリハーサル(10時30分)→昼休憩(12時~13時)→本番(昼13時)という流れで撮影をしていた。
  • この番組は、それまで日陰者的な存在だったグラビアアイドルや新人AV女優たちをタレント化・アイドル化させたアイドルの登竜門的な番組だったと言える。その代表的な例が細川ふみえや飯島 愛であり、その後に続いて憂木 瞳城 麻美なども当番組に出演したことでAV活動と並行しながら人気を集めた。以降、グラビアアイドルとAV女優が一緒に出演する深夜番組は、おねがい!マスカット(マスカットシリーズ)に受け継がれた。

放送内容編集

  • 1991年10月5日 「放映第1回」 司会:岩本恭生 アシスタントとしてイジリー岡田 レギュラー出演。
  • 1992年1月11日「放映第12回」 司会:岩本恭生・細川ふみえとなる。
  • 1992年2月8日
  • 1992年7月25日 「ギルガメオリンピック 開催」 
  • 1992年10月3日 「全国ネット放送開始」
  • 1992年12月26日「92年 ギルガメ10大ニュース」
  • 1993年1月2日「新春スペシャル」
    • 夜食ばんざいスペシャル
    • フーミン主演 時代劇
    • 飯島 愛 Tバック タイムスリップ
    • SEXY LIVE
    • ガンちゃん モノマネ七変化
    • ドラマ セクシーエンジェルス
    • 復活 なぎら医院長!! ギルガメ治療院スペシャル
  • 1993年7月11日「放映第89回」 平成ギルガメ祭り
  • 1993年8月7日「放映第92回」 司会:岩本恭生・飯島 愛となる。
  • 1993年10月2日 「放映 第100回記念スペシャル」
    • なつかしのコーナー
    • レギュラー陣の移り変わり
    • ゲスト特集
    • NGシーン
    • 夜食ばんざいスペシャル
    • ギルガメ治療院 ブラザー・コーンも参加
  • 1994年1月8日「新春特別企画! なるほど・ザ・ギルガメ!!」
  • 1995年9月30日「放映 第200回記念スペシャル」
    • 藤原組プロレスチャレンジ
    • ロック座ストリップチャレンジ
    • バンジージャンプチャレンジ
    • ロッククライミングチャレンジ
    • 名物ベスト10
  • 1995年10月14日「放映第202回」司会:岩本恭生・木内あきらとなる。
  • 1996年1月6日「初春 セクシーランジェリー紅白歌合戦」
  • 1997年6月28日「さとう珠緒&及川仲 卒業記念」
    • 大原かおりガリバーアルバイト初体験
    • 超過激水着ギャルを追え!
    • はみパイ
    • 水着ファッションショー
    • 珠緒卒業記念ヌードプリントアート
    • 泡立ちシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1997年11月1日「ギルガメ 沖縄スペシャル in カヌチャベイ第1弾」
    • 女だらけの東京モーターショー
    • 女だけの沖縄
    • 桜井あゆみのスイートな沖縄体験
    • 香月・矢沢のバスルームシネマ in 沖縄
    • ランジェリー写真館
    • 麻宮淳子スペシャルショー
  • 1997年11月8日「ギルガメ 沖縄スペシャル in カヌチャベイ第2弾」
    • ギルガメオリエンテーリング in カヌチャベイ
    • ラテンガールズ・レコーディング風景
    • バスルームシネマ
    • 整体治療
    • ランジェリー写真館
  • 1997年11月15日「天国と地獄バスツアーPART2」
    • 天国と地獄バスツアーPART2
    • 矢沢ようこ決意表明
    • バスルームシネマ
    • ランジェリーファッションショー
    • ラテンガールズ「ダンスレッスン」
    • ランジェリー写真館
  • 1997年11月22日「乳(NEW)パイタク」
    • DANNIIライブ
    • イジリー&山崎のNEWパイタク探し
    • 矢沢主演「女医絵利子」撮影現場
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1997年11月29日「女達の危険な関係」
    • レズの現実 潜入!レズバー
    • レズ専門誌の舞台裏
    • レズビデオ撮影現場
    • バスルームシネマ
    • レズの本音インタビュー
    • ロック座への道
    • ランジェリー写真館
  • 1998年1月10日「今夜解禁!禁断のSM」
    • SMプラチナクラブ取材
    • ミラ狂美ニューSMショー
    • SM撮影現場潜入
    • M女の体験告白再現VTR
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年1月17日「イチ押し」
    • 山崎まさや&香月あんなデュエットステージ
    • ギルガメ新人研修用ビデオ「寝起き編」夏木あやの
    • 梶原亜紀の新人研修サワリーパブ
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年1月24日「不況をブッ飛ばせ!!頑張れお父さん」
    • 東京トップレス
    • 草凪純プライベートルーム
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年1月31日「ギルガメ 乳リンピック!!」
    • ギルガメ乳リンピック「水中ロングダイブ」
    • ギルガメ乳リンピック「水中レスリング」
    • ギルガメ乳リンピック「平泳ぎ」
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年2月7日「大好評企画スペシャル」
    • 3人娘グループ名決定!!
    • ボディコンDEスポーツスーパー「フリークライミング」
    • プライベートルーム「夏木あやの」編
    • バスルームシネマ
    • ランジェリーショー
    • ランジェリー写真館
  • 1998年2月14日「興奮 St.Valentine's Day」
    • ローライダーカー特集
    • ミスコンダンス
    • アニマル・ボンテージ・ランジェリショー
    • 夜のゼミナール
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年2月21日「ギルガメ祭り第1夜」
    • ギルガメ祭り
    • 浅草散歩
    • 城・梶原提灯作り
    • 香月 甘味屋修行
    • 夏木 どじょう屋修行
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年2月28日「ギルガメ祭り第2夜」
    • ギルガメ祭り
    • スタジオ・ショー
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年3月7日「ニューセクシーアイドル特集」
    • アイドルパフォーマンス
    • クレイジーサマー
    • 桃姫隊デビュー
    • ガラスの仮面デビュー
    • プライベートルーム
    • バスルームシネマ
    • ランジェリー写真館
  • 1998年3月14日「女性の美」
    • 女性の魅力
    • 女性の美追求レポート
    • バスルームシネマ
    • フォトアート
  • 1998年3月21日「夏を先取り!!」
    • ヨルゴス・ライブ
    • バスルームシネマ
    • スイムウェア・コレクション
    • 水着フィッティング講座
    • 夏と言えば海でしょう!
    • ギルガメ実名ドラマ
  • 1998年3月28日「~FINAL~最後のリクエスト・スペシャル」最終回
    • 最後のリクエスト・スペシャル(名場面集)
    • バスルームシネマ
    • ギルガメ6年半のエンディング

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 土曜 25:25 - 26:20
土曜 25:15 - 26:10
1991年10月5日 - 1992年3月28日
1992年4月4日 - 1998年3月28日
製作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知 土曜 25:50 - 26:45[10]
土曜 25:15 - 26:10
土曜 25:20 - 26:15
土曜 24:55 - 25:50
土曜 24:25 - 25:20
土曜 24:40 - 25:35[11]
1992年10月3日 - 1994年9月24日
1994年10月1日 - 1994年12月24日
1995年1月7日 - 1996年3月23日
1996年4月6日 - 1996年12月28日
1997年1月11日 - 1998年3月28日
1998年4月4日
数週遅れ
大阪府 テレビ大阪 [12]
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ
静岡県 静岡第一テレビ 日本テレビ系列
富山県 チューリップテレビ TBS系列
山口県 テレビ山口
愛媛県 伊予テレビ
岩手県 岩手めんこいテレビ フジテレビ系列
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ 1992年 - 1993年
広島県 テレビ新広島 末期1年間のみ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
鹿児島県 鹿児島テレビ [13]
山形県 山形テレビ テレビ朝日系列 [14]
福島県 福島放送
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
[15]
奈良県 奈良テレビ JAITS
和歌山県 テレビ和歌山
滋賀県 びわ湖放送

ギルガメッシュLIGHT編集

ギルガメッシュLIGHT
ジャンル バラエティ番組
演出 祖山聡
井上雅晴
出演者 イジリー岡田
大堀恵
ほか
オープニング ブラック・アイド・ピーズ「I Gotta Feeling」
エンディング EDテーマを参照
製作
プロデューサー 井上雅晴
越山進
制作 BSジャパン
PROTX
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域  日本
放送期間2012年1月13日[16] - 2012年12月21日
放送時間金曜 23:00 - 24:00
放送分60分
回数50
公式サイト

特記事項:
ナレーション:佐野文俊、新かな子
テンプレートを表示

BSジャパンで14年ぶりに復活編集

2012年1月13日からテレビ東京系列のBSデジタル放送局であるBSジャパンにおいて毎週金曜23:00から『ギルガメッシュLIGHT』として約14年ぶりに復活、司会には『ないと』のレギュラーだったイジリー岡田の他、大堀恵木村好珠(2009年度準ミス日本)の3人でスタート[gl 1][gl 2]、「WEEKEND VISUAL MAGAZINE」をテーマとして掲げている。

1月25日より番組未公開映像がYouTubeにて配信され、4月16日発売の『週刊ヤングマガジン』のケータイYM連動企画でコラボレーションした。壇蜜を主軸とした企画「壇蜜湯」がスタートし、放送終了後のYouTubeの未公開動画が70万アクセスを記録した。

唯一地上波で最後まで放送されていたテレビ北海道(テレビ東京系列)でも2013年1月11日に最終回となった。11月20日に番組DVD『ギルガメッシュLIGHT 壇蜜湯 ぷるるん 寝起き ドッキリ いや〜ん旅行 カーウォッシュバトル まなみんのお化け屋敷探訪 テレビはダメだけどDVDならまあいっかSP』が発売されるのを記念して、12月30日に「DVD発売記念! 一夜限りの狂い咲きSP」が放送された[gl 3][gl 4]

出演者編集

MC編集

コメンテーター編集

G9編集

メンバーの入れ替え等の余地があるために「(仮)」が付いていたが、最終回にてこれが外され、全員卒業となった。括弧内は番組内の愛称。レギュラー育成下部組織「ファーム」も設立され、入れ替え制をとっている。

レギュラー
1期生(#1 - 50)
2期生(#30 - 50)
公式Twitterにて告知されたイベント[gl 11]にて番組より先にお披露目された。[gl 12]表記は#30登場順。
ファーム(#29 - 50)
ロケ中心で出演、活躍次第ではレギュラーへの復帰もある。

主なゲスト編集

OG(過去の出演者)編集

スタッフ編集

復活SP時編集

  • スタジオ技術:鈴木智昭
  • 映像:芹野昭義、畑中陶太、杉山博紀
  • 撮影[gl 18]:近藤慎司、藤本茂樹、風間誠、平島輝久、松原弘兼、中村郁夫
  • 音声:松岡努、細田秀浩、光山由貴子、立山優美、芝崎泰光
  • 照明:塚生崇、山崎康紀、庄司鉄平
  • ロケ技術:矢田部修
  • 美術:小越敏彦、金森明日香
  • 協力:内海智・岡本純一(ポニーキャニオン)、テクノマックステレビ東京アート、港家
  • メイク:ラフテル
  • タイトル:小室泰樹
  • ロゴ:森村泰久
  • 音響効果:北澤亨
  • TK:関井麻衣
  • 編集:菅野雄介、早川政秀、猿橋怜
  • MA:大矢研二
  • 編成:山田倫生(BSジャパン
  • 番宣:荒井正和
  • コンテンツ:福田和恵、國安百合
  • HP:佐治裕一郎、猿渡真人
  • AD[gl 19]:中澤亜友、中村裕介、山田翔太
  • AP:市川佳子
  • 制作協力:KABUTO
  • SPECIAL THANKS:[要説明]つかはらたむらようこ・岩佐真吾・蓮勺朝子・佐藤大地・清隼一郎、山越和宏(兼構成)、新かな子(兼ナレーション)、野口かず美(兼番宣)、財前健一郎(フルモデルモ)、中沢菜芳、Oidooon(兼制作協力)、100名のお客様、ギルライブース(公式)
  • ディレクター:渡邊展久、関口奈津美(兼AD)
  • チーフディレクター:辻章太郎(兼FD)、米倉伸
  • 演出:祖山聡(兼FD&D)
  • プロデューサー・演出:井上雅晴
  • プロデューサー:越山進
  • 製作:BSジャパン、PROTX

過去編集

  • ナレーション佐野文俊[gl 20]
  • 技術:吉田和雄
  • 映像:杉山博紀
  • 撮影:吉田和雄
  • 音声:斉藤孝行
  • 照明:和氣義幸
  • ロケ技術:宮川量康、小川正明、中馬越直人、小笹直樹、小林寿恵
  • 協力:TSP、アニキ、AKS
  • 衣装協力:12XU、STADIUM、RINKAN、RUPERT
  • ロケ協力:HOTEL & SPA Anda Resort 伊豆高原TOKYO TOWER、二宮町吾妻公園、GUAM TV PRODUCTIONS[gl 21]
  • メイク:エレファントリップ
  • TK:中嶋梨沙
  • 編集:佐藤良正、小川洋行、山岸富則、米沼元之、塩塚寛幸、吉村政孝
  • AD:松崎涯、鈴木信一郎、篠原弘樹、松岡陵馬
  • ディレクター:井上貴詞、大野寿之、南川尚人、鈴木隼、森谷将、五十嵐優人
  • チーフディレクター:木戸隆文[gl 22]、須藤孝幸、杠政寛、青山海太(兼D)、坂口秀作・高橋伸幸(兼FD&D)

エンディングテーマ編集

『Mu・Zi・Q』(#1 - 22)
作詞 - bokachi / 作曲 - wtf / 歌 - bómi(日本コロムビア
「OH MY POOKY!!!」TWCP-17(2012年2月8日、TOWER RECORDS限定ミニアルバム)4曲目に収録
『Friend』(#23 - 49)
作詞 - SILVA / 作曲・編曲 - 朝本浩文 / 歌 - SILVA (BACIAMI RECORDS)
『Baby Don't Cry』(#50・復活SP)
歌 - INXS

放送リスト編集

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考
全国 BSジャパン テレビ東京系列
金曜 23:00 - 翌日0:00 2012年1月13日 - 12月21日 製作局
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列 日曜 1:10 - 2:10(土曜深夜) 2012年4月8日 - 7月29日 [gl 26]
北海道 テレビ北海道 テレビ東京系列 土曜 1:00 - 2:00(金曜深夜) 2012年4月21日 - 2013年1月12日 [gl 27]

エピソード編集

  • タイトルはギルガメッシュNIGHTを受け継いでいるが、番組全体の内容としては「アルテミッシュNIGHT」に近い。
  • 大堀は、番組を努めるにあたって「ギルガメッシュないと」のVTRをスタッフから取り寄せてもらって予習したという。
  • レギュラー出演者の中では壇蜜が当番組を機きっかけにブレイクした[17]

脚注編集

[脚注の使い方]

ギルガメッシュないと編集

  1. ^ 「ハイティーンとヤングアダルト拡大の先兵に テレビ東京 / 斧賢一郎」『月刊民放』1994年5月号(275)、コーケン出版、 22 - 23頁。NDLJP:3471101/12
  2. ^ https://www4.hp-ez.com/hp/girugamesh210/page1
  3. ^ a b クレタパブリッシング「昭和50年男」2020年2月11日発売第1号54頁
  4. ^ a b クレタパブリッシング「昭和50年男」2020年2月11日発売第1号55頁
  5. ^ https://www.excite.co.jp/news/article/Asagei_69318/
  6. ^ https://qjweb.jp/column/67683/?mode=all
  7. ^ https://www.creativevillage.ne.jp/2527
  8. ^ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/147516
  9. ^ https://news.livedoor.com/article/detail/19036556/
  10. ^ ミニ番組『グランパスNEWS』の放送期間中は5分遅れで放送。
  11. ^ 1998年4月11日からの『アルテミッシュNIGHT』もこの時間帯で放送。
  12. ^ 1991年10月から半年間は、同時刻に関西ローカルの自社製作番組『beatパラダイス』を放送していた関係で、数日遅れで放送していた。
  13. ^ 1994年3月31日までは日本テレビ系列とのクロスネット局だった。
  14. ^ 1993年3月31日まではフジテレビ系列だった。
  15. ^ 1993年9月30日まではテレビ朝日系列にも加盟していた。
  16. ^ 「ギルガメッシュ LIGHT」の放送が決定!! イジリー岡田が本領発揮!”. ザテレビジョン (2012年1月12日). 2021年2月19日閲覧。
  17. ^ https://www.oricon.co.jp/news/2028824/full/

ギルガメッシュLIGHT編集

  1. ^ イジリー岡田暴走再び!?「ギルガメッシュ…」復活 - スポーツニッポン 2011年12月26日
  2. ^ 伝説の深夜番組「ギルガメ」14年ぶり復活、イジリー岡田がMC - お笑いナタリー 2011年12月26日
  3. ^ DVD発売記念!伝説的バラエティ『ギルガメッシュLIGHT』がBSジャパンで一夜限りの復活! - テレビドガッチ 2013年9月19日
  4. ^ エンドロールでクレジットされたが、大堀恵、宇多丸、西永嶺花が欠席。
  5. ^ 大堀のトレーディングカード発売に便乗した。
  6. ^ #13からSDN48テロップは無くなった。企画にも参加している。トレーディングカードで番組とコラボしている。#49では結婚祝福テロップが入った。
  7. ^ #43 - 45は立花が欠席、#43・45は中央席がなかった。
  8. ^ #37はDMが欠席したため中央席がなかった。
  9. ^ a b 番組内企画「10kmマラソン」、「第3回 Run Pit presents SPORTSONE 皇居マラソン」(2012.5.12)10kmの部に出場、記録は63:20(目標は60:00)の結果により野田と神庭姉、姉妹の連帯責任という事で神庭妹もファームへ降格。自らシェイプアップ企画を提案し達成、その努力が認められ#44からレギュラーに復帰。
  10. ^ a b 太田ソロ企画にて神庭姉妹が評価され太田がファーム降格。神庭姉妹は手段にクレームがつきレギュラー復帰はならなかった。ファーム降格後の努力が認められ#48からレギュラーに復帰。その際G9(仮)が10人となった為、席が左5となる。
  11. ^ 2012年7月23日のツイート
  12. ^ 元SDN大堀ギルガメで宣言「確率98%」 - nikkansports.com 2012年7月31日
  13. ^ #16で留年したかのような発言があったが、ブログでは卒業パーティに参加している記事もある。卒業パーティー|神庭姉妹公式ぶろぐ「欲しがりません。勝つまでは。」 - アメーバブログ
  14. ^ 企画にも参加していて度々G9入りを示唆されたりとMCの座を脅かされていた。学業が忙しいため#16 - 17を欠席、学業専念の為#18で卒業を発表(本人公式Twitterでのツイート - 2012年5月12日閲覧)。夏休み期間に、#34 - 37でゲストとして出演。
  15. ^ 親バレ前にとの発言もあったが今後の展開を考え、#29で卒業を発表。
  16. ^ アニソンぷらすプロデューサーあきちを見学にきており、2012年4月9・16日の出演が決まった。2012年10月13 - 14日に自身がイメージキャラクター「ゆめの☆あきち」(Moe1 ゆめの☆あきち「夢★CHU」 オリジナル3DキャラクターPV - YouTube)を務めるイベント「Moe1グランプリ」に専念する為、#29で卒業を発表。#41でイベントが紹介された。
  17. ^ #1のゲストで#2からレギュラーに昇格、「三者面談」のナビゲーターを担当。海外ドラマSMASH」のアイヴィー役CVに抜擢され、吹き替えに専念するため#37で卒業を発表。卒業後も、VTR企画やロケで出演した。
  18. ^ 度々登場する「小島さん」はクレジットされていない。
  19. ^ 「AD審議会」という番組方針を決定する組織がある。
  20. ^ #39でゲスト出演、復活SP時はクレジット無し。
  21. ^ #49の関連コーナーの最後にスタッフロールが流れた。
  22. ^ #14では企画に巻き込まれた。
  23. ^ 「ZOOM IN」は#4から、#13は出張版。
  24. ^ #16は蔵出し映像。
  25. ^ #21は番外編。
  26. ^ 『ハピ★バラ』枠で放送されていた。
  27. ^ 途中回からの放送。8月4日の金曜日は前日3日から4日未明にかけてテレビ東京系列でロンドンオリンピック中継の同時ネット放送を行った関係で1週分放送休止となったため、遅れ日数が拡大された。

関連項目編集

パロディ編集

  • 埼玉県川越市ではこの番組のタイトルを使用したコスプレイベントが行われている。
  • ゴッドタン - 「オオギリッシュNIGHT」(ただし内容としては『IPPONグランプリ』に近い。)
  • ゴッドタン - 「ネタギリッシュNIGHT」
  • ゴッドタン - 「ナツカシッシュNIGHT」
  • ナタデウォッシュないと - ニコニコ動画の生放送で配信された番組。
  • ギルガーメッシュMIDNIGHT - 2011年にATOMからパロディーAVが製作された。(※内容は全く別物)
  • C調び〜なす!(ベッド・イン) - PVにイジリー岡田が出演し、当番組を髣髴させる台詞や歌詞が見られる。
  • テレビアニメおそ松さん」に登場する童貞自警団新品ブラザーズの松野トド松が「ギルガメ復活しろ 新品のトド松」と名乗っている。
  • マスカットナイト - この番組のタイトルを踏襲している。
  • ミズガメッシュナイト - 水樹奈々のMの世界内でのコーナー。リスナーから寄せられたちょっとエッチな体験談を紹介する。
  • 2018年から放送されたテレビ東京のアニメテレビ野郎 ナナーナ」の中でテレ東ネタとして「バナナメッシュNIGHT」、「ナナジー(イジリー岡田)」、「バナナメッシュガールズ(ギリギリガールズ)」といった当番組のタイトルや出演者がパロディーにされている。

映像作品編集

  • ザ・ベスト・オブ・ギルガメッシュないと[VHS](1993年03月19日)
  • ギルガメッシュNIGHT 飯島愛スペシャル[VHS](1993年03月19日)
  • ギルガメッシュNight 憂木瞳スペシャル[VHS](1994年07月21日)
  • ギルガメッシュNight・SUPER DELUXE VIDEO '94[VHS](1994年07月21日)
  • ギルガメッシュ NIGHT リターンズ1 ギャルズ編[VHS]
  • ギルガメッシュ NIGHT リターンズ2 ヌードパフォーマンス編[VHS]
  • ギルガメッシュ NIGHT リターンズ3 セクシーロケ編[VHS]
  • ギルガメッシュ NIGHT リターンズ4 巨乳編[VHS]
  • ギルガメッシュ NIGHT リターンズ5 ギルガメ写真館編[VHS]
  • ギルガメッシュ NIGHT リターンズ6 爆笑FIGHT編[VHS]
  • ギルガメッシュ NIGHT リターンズ7 湯けむり旅情編[VHS]
  • さよならギルガメッシュ NIGHT[VHS]

写真集編集

  • ギルガメッシュNIGHT 写真集オールコレクションズ(1996年8月1日)

グッズ編集

2017年8月、ヴィレッジヴァンガードから公式グッズが限定発売された。

  • ロゴキャップ
  • アクリルキーホルダー
  • Tシャツ(ブラック&ホワイト)
  • スタッキングマグ(グリーン&ホワイト)
  • iPhoneケース
  • 缶バッジ 全3色(ホワイト・ブラック・ピンク)

2017年9月、アパレルブランドであるパンクドランカーズとのコラボ商品が発売された。

  • 【PDSxギルガメッシュNIGHT】ギルガメッシュロング Tシャツ
  • 【PDSxギルガメッシュNIGHT】ギルガメッシュ下着

2019年7月~8月にかけてDMMスクラッチにてギルガメグッズが抽選で限定販売された。

  • ギルガメ ティッシュケース(1名様限定)
  • ギルガメ トイレットペーパー(9個限定)
  • ギルガメ クリアファイアル 3種類(15個限定)
  • ギルガメ ボールペン(25個限定)
  • ロゴステッカー(50枚限定)
  • ギルガメ パーカー(10名様限定)※イジリー岡田のサイン入り

2020年、テレビ東京で放送された「今日からやる会議」からギルガメッシュNIGHTのロゴがデザインされたグッズが羽田空港国内線ターミナルにOPENしたPOP UP SHOP「テレ東本舗。」にて限定発売された。

  • ギルガメッシュないとロゴTシャツ - 100枚限定
  • ギルガメッシュないとロゴキャップ - 50枚限定

外部リンク編集

テレビ東京 土曜25:25枠 → 土曜25:15枠
前番組 番組名 次番組
深夜映画
※25:25 - 不定、土曜26:20枠へ移動
ギルガメッシュないと
(1991年10月5日 - 1998年3月28日)
サッカーTV
※25:05 - 25:20
平成女学園
※25:20 - 25:30
アルテミッシュNIGHT
※25:30 - 26:24
BSジャパン 金曜23:00枠
ギルガメッシュLIGHT
(2012年1月13日 - 2012年12月21日)
最上の命医 再放送
(2013年1月11日 - 2013年3月15日)
テレビ東京 土曜深夜のお色気番組
夜はエキサイティング
(1984年10月6日 - 1985年3月23日)
ギルガメッシュないと
(1991年10月5日 - 1998年3月28日)
アルテミッシュNIGHT
(1998年4月4日 - 2000年3月25日)