メインメニューを開く
ギルフォード伯爵ノース家の紋章

ギルフォード伯爵英語: Earl of Guilford)は、イギリス伯爵位。

過去に3回創設されており、現存する第3期は第2代ギルフォード男爵フランシス・ノース1752年グレートブリテン貴族として叙されたのに始まる。

歴史編集

 
首相を務めた第2代ギルフォード伯爵フレデリック・ノース

イングランド貴族初代デンビー伯爵英語版ウィリアム・フィールディング英語版(1587頃-1643)の娘でアイルランド貴族初代ボイル子爵英語版ルイス・ボイル(1619–1642)の妻であるエリザベス・ボイル英語版(-1667)は、ヘンリエッタ皇太后の寝室女官を務め、1660年7月14日には一代限りでイングランド貴族爵位「サリー州におけるギルフォード女伯爵Countess of Guildford, in the County of Surrey)」に叙せられた[1]。これが最初のギルフォード伯爵位の創設である。

ついでチャールズ2世の側近集団Cabalの一員であるスコットランド貴族初代ローダーデイル公爵英語版ジョン・メイトランド(1616–1682)が、1674年6月25日にイングランド貴族爵位「ギルフォード伯爵Earl of Guilford)」に叙せられている。これが2期目の創設だが、彼には男子がなかったので一代で廃絶している[2][3]

3期目のギルフォード伯爵位はギルフォード男爵位を前身とする。第4代ノース男爵英語版ダドリー・ノース英語版(1602-1677)の次男で法律家・庶民院議員フランシス・ノース英語版(1637–1685)は、1683年9月27日イングランド貴族「サリー州におけるギルフォードのギルフォード男爵Baron Guilford, of Guilford in the County of Surrey)」に叙せられた[4][5]。そしてその孫である3代ギルフォード男爵フランシス・ノース(1704–1790)は、襲爵前にトーリー党庶民院議員を務めたのち1729年に襲爵して貴族院議員に転じ、1734年には本家筋にあたる第6代ノース男爵ウィリアム・ノースからノース男爵を継承、さらに1752年4月8日グレートブリテン貴族ギルフォード伯爵Earl of Guilford)」に叙された[6][7]

その息子である2代伯フレデリック・ノース(1732–1792)もトーリー党の政治家となり、襲爵前ノース卿の儀礼称号を使っていた頃の1770年から1782年にかけて首相を務めた[6][8]。彼はアメリカ独立戦争中の首相として知られる。しかし同戦争の戦況悪化で議会の支持を失って辞職に追い込まれている[9]

2代伯の長男で3代伯となったジョージ・ノースには女子しかおらず、1802年に彼が死去するとギルフォード伯爵は弟フランシス・ノースに継承された一方、議会召集令状writ of summons)によって創設されたノース男爵は女子・女系による継承が可能なため両爵位は分離した[10]

2代伯の末息子の5代伯フレデリック・ノース(1766–1827)は、1798年から1805年にかけて英領セイロン総督を務め、セイロン島スリランカ)の統治にあたった[6][11]

5代伯が子供なく死去したことで初代伯に遡っての分流フランシス・ノース(1772–1861)が6代伯位を継承した。以降2016年現在まで彼の直系によって継承され続けている[6]。2016年現在の当主は第10代ギルフォード伯爵ピアーズ・ノース(1971-)である[6][12]

現当主の保有爵位編集

現当主ピアーズ・ノースは以下の爵位を保有している[6]

初代伯から3代伯までは上記のほかノース男爵を従属爵位として保持していたため、爵位の法定推定相続人はノース卿Lord North)の儀礼称号で称されていた。ギルフォード伯爵がノース男爵を保持しなくなって以後も、残る唯一の従属爵位の爵位名が「ギルフォード」であるため、法定推定相続人は引き続きノース卿を儀礼称号として称している。

一覧編集

ギルフォード女伯爵 第1期 (1660年)編集

ギルフォード伯爵 第2期 (1674年)編集

ギルフォード男爵 (1683年)編集

ギルフォード伯爵 第3期 (1752年)編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “Elizabeth Feilding, Countess of Guildford” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  2. ^ Heraldic Media Limited. “Lauderdale, Duke of (S, 1672 - 1682)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月7日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “John Maitland, 1st and last Duke of Lauderdale” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Guilford, Baron (E, 1683)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月7日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Francis North, 1st Baron of Guilford” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Guilford, Earl of (GB, 1752)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月7日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Francis North, 1st Earl of Guilford” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Frederick North, 2nd Earl of Guilford” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  9. ^ 小松春雄 1983, p. 274-277.
  10. ^ Lundy, Darryl. “George Augustus North, 3rd Earl of Guilford” (英語). thepeerage.com. 2016年9月4日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Frederick North, 5th Earl of Guilford” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “Piers Edward Brownlow North, 10th Earl of Guilford” (英語). thepeerage.com. 2016年8月7日閲覧。
  13. ^ https://archive.org/details/lauderdalepaper02airygoog/page/n4

参考文献編集

関連項目編集