ギータ・オブ・ウェセックス

ギータ・オブ・ウェセックス英語: Gytha of Wessexロシア語: Гита Уэссекская:ギータ・ウエセックスカヤ 、1053年頃 - 1098年3月10日/1107年)は、アングロ・サクソンイングランド王ハロルド2世と、その最初の妻で「白鳥の首」の愛称を持つエディス(en)との間の娘であり、後のキエフ大公ウラジーミル・モノマフの妻である。

ギータ・オブ・ウェセックス
Gytha of Wessex
Gytha del Wessx.jpg

出生 1053年
イングランド王国の旗 イングランド王国ウェセックス
死去 1098年3月10日
埋葬 Rectangular green flag.svg ファーティマ朝エルサレム
配偶者 スモレンスク公ウラジーミル・モノマフ
子女 一覧参照
家名 ゴドウィン家
父親 イングランド王ハロルド2世
母親 エディス
テンプレートを表示

生涯編集

1066年、父のハロルド2世がヘイスティングスの戦いで戦死した後、フランドル伯国[注 1]へと逃亡した。サクソ・グラマティクスの記述には、その後に何人かの兄弟姉妹と共に、おじのデンマーク王スヴェン2世(Svend2世[注 2])の元へと移住したとある。

1074年にルーシの公ウラジーミル・モノマフと結婚し、モノマフとの間に数名の子を生んだ。そのうちの1人のムスチスラフは、西欧の史料によれば、祖父に倣った「ハロルド」の名を有していたという[1]

A.ナザレンコ(ru)は、ギータはケルンの修道院の1つと関係を持つ人物であり、ゴドフロワ・ド・ブイヨンと共に第1回十字軍に参加、その最中に死亡しエルサレムに埋葬されたと推測している。また、その1年後にウラジーミル・モノマフが別の女性と結婚していることから、没年は1098年の可能性が最も高いと推測している。

別の説では、ギータは1107年スモレンスクで死亡したという[1]

子女編集

夫はウラジーミル・モノマフ。子には以下の人物がいる。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「フランドル伯国」はロシア語: Графство Фландрияの直訳による。詳しくはru:Фландрия (графство)参照。
  2. ^ 「Svend」はデンマーク語表記による。詳しくはru:Свен II Эстридсен参照。ハロルド2世の母ギータとスヴェン2世の父ウルフ伯が兄妹の関係。
  3. ^ Λέων Διογένης」はギリシャ語表記による。詳しくはru:Лев Диоген参照。

出典編集

  1. ^ a b Пашуто В. Т.(1968),p134

参考文献編集

  • Назаренко А. В. Древняя Русь на международных путях. — М., 2001.
  • Пашуто В. Т. Внешняя политика Древней Руси. — М.: Наука, 1968.