ギー・ド・リュクサンブール (リニー伯)

ギー・ド・リュクサンブールGuy de Luxembourg(-Ligny)1340年? - 1371年8月22日)は、中世フランスの貴族、軍人。サン=ポル伯(1360年 - 1371年)、リニー伯(1364年 - 1371年)、ルシー英語版ボールヴォワール英語版およびリシュブール(Richebourg)の領主。リニー領主ジャン1世とその最初の妻アリックス・ド・ダンピエールの間の長男[1]

ギー・ド・リュクサンブール
Guy de Luxembourg
サン=ポル伯
リニー伯
在位 サン=ポル伯:1360年 - 1371年
リニー伯:1364年 - 1371年

出生 1340年?
死去 1371年8月22日
ベスヴァイラー
配偶者 マオー・ド・シャティヨン
子女 ワレラン3世
マリー
アンドレ
ジャンヌ
マルグリット
ピエール
ジャン
家名 ルクセンブルク=リニー家
父親 リニー領主ジャン1世
母親 アリックス・ド・ダンピエール
テンプレートを表示

生涯編集

1354年にサン=ポル伯ジャンオランダ語版の娘マオー・ド・シャティヨン(1378年没)と結婚した。1360年に妻の兄のサン=ポル伯ギー5世が子供の無いまま死ぬと、サン=ポル伯爵領を相続した。百年戦争ではフランス王室に忠誠を誓い、捕虜となったフランス王ジャン2世イングランドとの間の和解に努めた。この功績が認められ、リニーの所領は1364年に伯爵領に昇格した。ブラバント公国の相続問題をめぐるフェーデが勃発すると、ギーは同族のルクセンブルク公ヴェンツェルに味方した。1371年8月22日、フェーデの最中のベスヴァイラーの戦い英語版に参加した際、致命傷を負って間もなく死亡した。

子女編集

1354年、サン=ポル伯ジャンの娘マオー・ド・シャティヨン(1378年没)と結婚、以下の子女をもうけた。

  • ワレラン3世(1415年没) - サン=ポル伯、リニー伯
  • マリー(生没年不明) - ジャン・ド・コンデ(Jean de Condé)と結婚、ザルム伯シモンと再婚
  • アンドレ(1396年没) - カンブレー司教
  • ジャンヌ(1430年没) - サン=ポル女伯、リニー女伯
  • マルグリット(生没年不明) - レッチェピエール・ダンギャンと結婚、ジャン3世・ド・ウェルシャン(Jean III de Werchin)と再婚
  • ピエール(1369年 - 1387年) - メス司教、枢機卿
  • ジャン(1370年 - 1397年) - ブリエンヌ伯

引用編集

  1. ^ Darryl Lundy (2004年4月13日). “Ct Guy of Luxemburg, St.Pol, Roussy and Fiennes”. thePeerage.com. 2013年1月14日閲覧。
先代
ギー5世
サン=ポル伯
1360年 - 1371年
次代
ワレラン3世
先代
(昇格)
リニー伯
1364年 - 1371年
次代
ワレラン3世