ギー1世 (マコン伯)

ギー1世・ド・マコン(Guy Ier de Mâcon, 982年頃 - 1004年)は、ブルゴーニュ伯オット=ギヨームと妃エルマントルド・ド・ルーシーの長男。父からマコン伯位を継承。本来ならば、次代ブルゴーニュ伯となる人物でもあった。

ギー1世・ド・マコン
Guy Ier de Mâcon
マコン伯
在位 1002年 - 1004年
続柄 ブルゴーニュ伯位継承者

出生 982年
死去 1004年
配偶者 アエリー・ド・シャロン(他ユーグ・デュ・ペルシュの娘とする説有)
子女 オトン2世・ド・マコン
家名 アンスカリ家
父親 オット=ギヨーム
母親 エルマントルド・ド・ルシー
テンプレートを表示

生涯編集

982年ごろ、オット=ギヨーム[1]と、ルシー伯ルノーの娘でマコン伯オーブリー2世未亡人のエルマントルド[2]の間に生まれた。

986年ごろ、後述の実弟ルノー1世が生まれたとされる[3]

995年、父オット=ギヨームはギーをブルゴーニュ伯の相続人として指名し、権力を引き継いでいる。

さらに1002年にギーは彼の父からの要請により、マコン伯位を継承、ギー1世となったが、その2年後の1004年に死去した。

初婚の妻の名は明確ではなく、一説では母エルマントルドが死別した初婚の夫オーブリー2世の孫娘にあたる(ベアトリス・ド・マコンとユーグ・デュ・ペルシュの娘)にあたる名前不明の女性とされ、もう一説では妻はシャロン伯ランベールの娘アエリーであったとされる。

ギーの死後マコン伯位を継承した息子オトン2世[4]はマコン伯として成功し、弟ルノーがブルゴーニュ伯位を継承しルノー1世となった。

出典編集

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]
先代:
オット=ギヨーム
マコン伯
1002年1004年
ギー1世
次代:
オトン2世