カンヌ国際映画祭 クィア・パルム (La Queer Palm) は、カンヌ国際映画祭の独立賞のひとつ。LGBTクィアをテーマにした映画に与えられる。

概要編集

ジャーナリストのフランク・フィナンス・マデュレイラによって2010年に創設され、第63回カンヌ国際映画祭から授与されている。

公式部門とは別に独立した審査員が組織され、映画監督や俳優、ジャーナリストや大学教授、各国のクィア映画祭のプロデューサーなど、毎年5~8人が審査員となる。カンヌ国際映画祭のコンペティション部門、国際批評家週間、監督週間、ある視点部門に出品されたすべての作品が対象となる。

受賞作編集

開催年 題名(下段は原題) 監督 製作国
2010年 カブーン!
Kaboom
グレッグ・アラキ   アメリカ合衆国  フランス
2011年 Beauty
Beauty
オリヴァー・ハーマナス英語版   南アフリカ共和国  フランス
2012年 わたしはロランス
Laurence Anyways
グザヴィエ・ドラン   カナダ
2013年 湖の見知らぬ男
Stranger by the Lake
アラン・ギロディ   フランス
2014年 パレードへようこそ
Pride
マシュー・ウォーチャス英語版   イギリス
2015年 キャロル
Carol
トッド・ヘインズ   イギリス  アメリカ合衆国
2016年 Les vies de Thérèse セバスチャン・リフシッツフランス語版   フランス
2017年 BPM ビート・パー・ミニット
120 battements par minute
ロバン・カンピヨ   フランス
2018年 Girl/ガール
Girl
ルーカス・ドンフランス語版   ベルギー
2019年 Portrait de la jeune fille en feu セリーヌ・シアマ   フランス

関連項目編集

外部リンク編集