メインメニューを開く

セント・メリルボーンのヘイルシャム男爵クィンティン・ホッグ英語: Quintin Hogg, Baron Hailsham of St Marylebone, KG, CH, PC, QC, FRS1907年10月9日 - 2001年10月12日)は、イギリス政治家貴族

ヘイルシャム男爵
クィンティン・ホッグ
Quintin Hogg
Baron Hailsham
Quintin Hogg, Baron Hailsham Allan Warren.jpg
1990年のヘイルシャム卿
生年月日 1907年10月9日
没年月日 (2001-10-12) 2001年10月12日(94歳没)
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 保守党
称号 第2代ヘイルシャム子爵1963年返上)、メリルボーンのヘイルシャム男爵、ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)
テンプレートを表示

保守党に所属し、保守党政権下で閣僚職を歴任した。1950年に第2代ヘイルシャム子爵を継承したが、庶民院議員になるために1963年に爵位を一代放棄した。1970年に一代貴族メリルボーンのヘイルシャム男爵に叙され、再び貴族院議員となっている。

経歴編集

1907年10月9日保守党の政治家ダグラス・ホッグ英語版1929年ヘイルシャム子爵に叙される)とその妻エリザベス(旧姓ブラウン)の間の長男として生まれた[1]

イートン・カレッジを経てオックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学。リンカーン法曹院でも学び、1932年に法廷弁護士資格を取得した[1]

1938年から1958年にかけてオックスフォード選挙区英語版から選出され、保守党庶民院議員を務めた。第二次世界大戦中は国防義勇軍に従軍し、少佐階級まで昇進した。1945年には第1次チャーチル内閣航空副大臣英語版を務める[1]1950年8月16日に父が死去し、第2代ヘイルシャム子爵位を継承し、貴族院議員に列した[2]1953年には勅選弁護士英語版(QC)となる。1956年には枢密顧問官(PC)に列する[1]

イーデン内閣で1956年から1957年にかけて海軍大臣英語版マクミラン内閣とダグラス=ヒューム内閣で文部大臣英語版(在職1957年1月-9月、1964年4月-10月)、枢密院議長(在職1957年-1959年、1960年-1964年)、王璽尚書(1959年-1960年)、貴族院院内総務(在職1960年-1963年)などを歴任した[1][3]。1963年7月に貴族法英語版が制定されて爵位の一代放棄が可能となると、彼は庶民院議員になることを希望してヘイルシャム子爵の爵位を返上した[4]。そしてセント・マリルボーン選挙区英語版から庶民院議員に選出された[1]

1970年6月に保守党が政権を奪還してヒース内閣が成立。この際に一代貴族爵位サセックス州におけるハーストモンスーのメリルボーンのヘイルシャム男爵に叙され、再び貴族院議員に列する[1]。そしてヒース内閣に大法官(貴族院議長)として入閣した。その後労働党政権を挟んで、1979年にサッチャー内閣が成立すると再び大法官として入閣した。比較的サッチャーに従順な閣僚だったが、政権末の1987年にはサッチャーから離反して辞職している[5]

1988年ガーター勲章を与えられた[1]

2001年10月12日に死去した。ヘイルシャム子爵位は長男のダグラス・ホッグ英語版に継承された[1]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Quintin McGarel Hogg, Baron Hailsham of St. Marylebone” (英語). thepeerage.com. 2015年8月10日閲覧。
  2. ^ UK Parliament. “Mr Quintin Hogg” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年8月10日閲覧。
  3. ^ 秦郁彦編 2001, p. 221-222.
  4. ^ 前田英昭 1976, p. 58.
  5. ^ 小川晃一 2005, p. 249.

参考文献編集

  • 小川晃一『サッチャー主義』木鐸社、2005年。ISBN 978-4833223690
  • 前田英昭『イギリスの上院改革』木鐸社、1976年。ASIN B000J9IN6U
  • 秦郁彦編『世界諸国の組織・制度・人事 1840―2000』東京大学出版会、2001年。ISBN 978-4130301220

外部リンク編集

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ロバート・ボーン英語版
オックスフォード選挙区英語版
選出庶民院議員

1938年英語版1950年英語版
次代:
ローレンス・ターナー英語版
先代:
ウェーヴェル・ウェークフィールド英語版
セント・マリルボーン選挙区英語版
選出庶民院議員

1963年英語版1970年英語版
次代:
ケネス・ベイカー英語版
公職
先代:
初代シャーウッド男爵英語版
航空副大臣英語版
1945年
次代:
ジョン・ストレイチー英語版
先代:
初代キルクンニン子爵英語版
海軍大臣英語版
1956年1957年
次代:
第10代セルカーク伯爵英語版
先代:
デイヴィッド・エクルズ英語版
文部大臣英語版
1957年
次代:
ジェフリー・ロイド英語版
先代:
第14代ヒューム伯爵
枢密院議長
1957年 – 1959年
次代:
第14代ヒューム伯爵
先代:
ラブ・バトラー
王璽尚書
1959年 – 1960年
次代:
エドワード・ヒース
先代:
第14代ヒューム伯爵
貴族院院内総務
1960年 – 1963年
次代:
第6代キャリントン男爵
先代:
第14代ヒューム伯爵
枢密院議長
1960年 – 1964年
次代:
ハーバート・ボーデン
先代:
エドワード・ボイル英語版
文部科学大臣英語版
1964年
次代:
マイケル・スチュワート英語版
先代:
ガーディナー男爵英語版
大法官
1970年 – 1974年
次代:
エルウィン=ジョーンズ男爵英語版
先代:
エルウィン=ジョーンズ男爵英語版
大法官
1979年 – 1987年
次代:
ヘイヴァーズ男爵英語版
党職
先代:
オリヴァー・プール英語版
保守党幹事長英語版
1957年 – 1959年
次代:
ラブ・バトラー
先代:
第14代ヒューム伯爵
保守党貴族院院内総務英語版
1960年 – 1963年
次代:
第6代キャリントン男爵
学職
先代:
ラブ・バトラー
グラスゴー大学学長英語版
1959年 – 1962年
次代:
アルバート・ルツーリ
イギリスの爵位
先代:
ダグラス・ホッグ英語版
第2代ヘイルシャム子爵
1950年 – 1963年
爵位一代放棄
次代:
ダグラス・ホッグ英語版