クィントゥス・ウァレリウス・ファルト

クィントゥス・ウァレリウス・ファルトラテン語: Quintus Valerius Falto)は共和政ローマ中期の政治家、軍人。第一次ポエニ戦争のローマの勝利を決定付けた、紀元前241年アエガテス諸島沖の海戦においてローマ艦隊を率いた[1]

クィントゥス・ウァレリウス・ファルト
Q. Valerius Q. f. P. n. Falto
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 ウァレリウス氏族
官職 法務官(紀元前242年)
前法務官(紀元前241年)
執政官(紀元前239年)
テンプレートを表示

出自編集

パトリキ(貴族)であるウァレリウス氏族の出身。父のプラエノーメン(第一名、個人名)はクィントゥス、祖父はプブリウスで、紀元前238年の執政官であるプブリウス・ウァレリウス・ファルトとは兄弟である。

経歴編集

紀元前242年プラエトル・ウルバヌス(首都法務官)に任命されたが、彼はプラエトルとして軍事指揮権であるインペリウムを与えられた最初の例となった。これはその年の執政官の一人であったアウルス・ポストゥミウス・アルビヌスが宗教的な理由でローマを離れることができなかったための処置であったが、カルタゴとの戦争のためにプラエトルが2人に増員されていたために可能な手段であった。

翌紀元前241年にもプロプラエトルとして軍の指揮を続けた。総司令官であるガイウス・ルタティウス・カトゥルスドレパナの戦いで負傷したため、ファルトがローマ軍の司令官となって、アエガテス諸島沖の海戦に勝利した。このため、ローマに帰還してからは、カトゥルス同様に凱旋式を実施する権利を求めたが、執政官でなかったこともあって、一旦は拒否された。ケンソルアウルス・アティリウス・カラティヌス(通常ケンソルは執政官を経験した「長老」が就任する)の調停もファルトに不利なものであったが、ローマ市民はファルトの栄誉を讃える事を望んだため、結局紀元前241年10月6日にファルトの凱旋式が挙行された.[2]

紀元前239年にはガイウス・マミリウス・トゥッリヌスとともに執政官に選出されたが、詳しい業績は不明である。

参考資料編集

  1. ^   Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Catulus" . Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.
  2. ^ Smith, William (1870). Dictionary of Greek and Roman biography and mythology. 2. Boston, Little. p. 135. https://archive.org/details/dictionaryofgree02smituoft 

関連項目編集

公職
先代:
ガイウス・クラウディウス・ケント
マルクス・センプロニウス・トゥディタヌス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前239年
同僚
ガイウス・マミリウス・トゥッリヌス
次代:
ティベリウス・センプロニウス・グラックス
プブリウス・ウァレリウス・ファルト