クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ネポス (紀元前98年の執政官)

クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ネポスラテン語: Quintus Caecilius Metellus Nepos、生没年不詳)は紀元前2世紀後期・紀元前1世紀初期の共和政ローマの政治家。紀元前98年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ネポス
Q. Caecilius Q. f. Q. n. Metellus Nepos
出生 紀元前130年代
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 カエキリウス氏族
官職 法務官(紀元前101年以前)
執政官(紀元前98年)
テンプレートを表示

出自編集

 
カエキリウス・メテッルス家系図

メテッルスはプレブス(平民)であるカエキリウス氏族の出身である。後に作られた伝説では、火の神ウゥルカーヌスの息子でプラエネステ(現在のパレストリーナ)の建設者であるカエクルス(en)の子孫とする[1]。またアイネイアースと共にイタリアに来たカエクスの子孫とする別説もある[2]カエキリウス・メテッルス家は氏族の中でも特に栄えた。父はクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・バリアリクス、祖父はクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクスで、それぞれ紀元前123年紀元前143年執政官を務めている[3]。ネポスというアグノーメン(愛称、添名)は孫という意味であるが、歴史学者F. ミュンツァーはマケドニクスの年長の孫であるため、このアグノーメンがつけられたと考えている[4]

経歴編集

ネポスの初期の経歴は不明である。しかし、ウィッリウス法の規定から逆算して、遅くとも紀元前101年以前にはプラエトル(法務官)を務めたはずである[5]紀元前99年ポプラレス(民衆派)によってローマから追放されていたクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ヌミディクスの帰還を求める声が元老院議員から上がったが、ネポスもその一人であった。この提案は護民官プブリウス・フリウスが拒否権を発動して成立しなかった。ネポスはカエキリウス・メテッルス家の他の人物とともに、この決定を再考するように求めたが、フリウスは譲らなかった[4][6][7]

紀元前98年、ネポスは執政官に就任する。同僚はプレブス(平民)でノウス・ホモ(新人)のティトゥス・ディディウスであった[8]。その頃までに、両者は「国家の現状を揺るぎない形で擁護し、扇動者に対抗する戦士としての評判を得ていた」という。両執政官はヌミディクスのローマ帰還を実現させた[9]。加えて、両者は異なる内容の法案を一つにまとめて提出することを禁止し、また法案提出から投票まで27日間は開けることを求めるカエキリウス・ディディウス法を、民会で成立させた。これは扇動的政治家の活動を制限しようとするものであった[10]

後に(おそらく執政官任期完了後の紀元前97年[11])ネポスは、若いノビレス(新貴族)であるガイウス・スクリボニウス・クリオに告訴された。罪状が何であったのか,また裁判がどのように終わったのかは知られていない。1世紀の歴史家アスコニウス・ペディアヌスによれば、死の床にあったネポスは、自らの仇を討つよう息子に遺言したという[4][12]

子孫編集

ネポスはリキニアという女性と結婚していた。紀元前60年の執政官クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ケレルと紀元前57年の執政官クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ネポスは、ネポスとリキニアの間の子供であると、長い間考えられてきた。しかし1971年に歴史学者T.ワイズマンは、ネポスには自分の息子がいなかったことを証明した。紀元前57年の執政官ネポスは養子であり、紀元前90年の護民官クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ケレルの息子である[13]。リキニアはネポスの死後、クィントゥス・ムキウス・スカエウォラと結婚し、ムキア・テルティアを生んだ。このムキア・テルティアはグナエウス・ポンペイウスと結婚し、グナエウス・ポンペイウス・ミノルセクストゥス・ポンペイウスを生んだ。

脚注編集

  1. ^ Wiseman T., 1974 , p. 155.
  2. ^ Münzer F. "Caecilius", 1897, s. 1174.
  3. ^ V. Druman. Cecilia
  4. ^ a b c Caecilius 95, 1897.
  5. ^ Broughton, 1951 , p. 571.
  6. ^ Bedian, 2010, p. 181.
  7. ^ Korolenkov, 2013, p. 114-115.
  8. ^ Broughton, 1952, p. 4.
  9. ^ Korolenkov, Smykov, 2007, p. 121.
  10. ^ Ryazanov, Coins of Titus Didius.
  11. ^ Scribonius 10, 1921 , s. 862.
  12. ^ アスコニウス・ペディアヌス『キケロ演説に対する注釈書』、コルネリウス弁護, 63C.
  13. ^ Wiseman 1971, p. 180-182.

参考資料編集

古代の資料編集

  • アスコニウス・ペディアヌス『キケロ演説に対する注釈書』
  • カピトリヌスのファスティ

研究書編集

  • Bedian E. Zepion and Norban (Notes on the Decade of 100-90 BC) // Studia Historica. - 2010. - number the X . - S. 162-207 .
  • Korolenkov A. Mari, Tsinna and Metella // Bulletin of ancient history. - 2013. - No. 4 . - S. 113-122 .
  • Korolenkov A., Smykov E. Sulla. - M .: Molodaya gvardiya, 2007 .-- 430 p. - ISBN 978-5-235-02967-5 .
  • Ryazanov V. Coins and Monetaries of the Roman Republic . Date of treatment June 26, 2018.
  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - N. Y. , 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - N. Y. , 1952. - Vol. II. - P. 558.
  • Münzer F. Caecilius 95 // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - Stuttg.  : JB Metzler, 1897. - Bd. III, 1. - Kol. 1216.
  • Münzer F. Scribonius 10 // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - Stuttg.  : JB Metzler, 1921. - Bd. IIA, 1. - Kol. 862-867.
  • Wiseman T. Celer and Nepos // Classical Quarterly. - 1971. - S. 180-182 .
  • Wiseman T. Legendary Genealogies in Late-Republican Rome // G&R. - 1974. - No. 2 . - S. 153-164 .
  • Drumann W. Geschichte Roms in seinem Übergange von der republikanischen zur monarchischen Verfassung oder Pompeius, Caesar, Cicero und ihre Zeitgenossen. Hildesheim, 1964. Bd. 2, p. 14.

関連項目編集

公職
先代:
アウルス・ポストゥミウス・アルビヌス
マルクス・アントニウス・オラトル
執政官
同僚:ティトゥス・ディディウス
紀元前98年
次代:
グナエウス・コルネリウス・レントゥルス
プブリウス・リキニウス・クラッスス