メインメニューを開く

クイズ!家族ドレミファ大賞

日本のテレビクイズ番組

クイズ!家族ドレミファ大賞』(クイズかぞくドレミファたいしょう)は、1976年4月4日から同年9月26日までフジテレビで放送された、音楽番組の要素を持ったクイズ番組である。放送時間は毎週日曜 12時00分 - 13時00分 (JST) 。

クイズ!家族ドレミファ大賞
ジャンル クイズ番組/音楽番組
出演者 柏村武昭
水沢アキ
オープニング 「クイズ!家族ドレミファ大賞のテーマ」(キャンディーズ
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年4月4日 - 1976年9月26日
放送時間 日曜 12:00 - 13:00
放送分 60分

特記事項:
クイズ・ドレミファドン!』の前身。
テンプレートを表示

目次

概要編集

親子3名・5組の出場者たちが音楽に関する珍妙なクイズに挑戦する番組で、この他に毎回2 - 3組のゲスト歌手が出演して歌を披露していた。

司会編集

進行編集

  • 出場者は、10歳以下の子供を含む親子3名のチームが計5チーム。
  • コーナーとクイズは以下のようになっていた。
    • 第1コーナー…「5曲連続クイズ」「パクパククイズ」
    • 第2コーナー…「ゲストクイズ」「逆さ歌クイズ」
    • 第3コーナー…「ミュージックパネルクイズ」
    • 第4コーナー…「イントロクイズ」
  • 第1コーナーから第3コーナーまでは、終了時点で最高得点チームは「コーナーチャンピオン」となり、チームの代表がサイコロを振って賞品を決められた。
  • そして、第4コーナーの「イントロクイズ」が時間一杯になって終了し、最終的に得点を多く獲得したチームが「家族ドレミファ大賞」となり、豪華賞品を獲得。また、全チームに参加賞が贈られた。さらに、優勝チームを応援した(つまりチームナンバーと同じゾーンの席に居た)観客には応援賞品が与えられた。
  • 「ドレミファ大賞」チームが5組になったら、通常と同じルールで「グランドチャンピオン大会」を開催。優勝チームには乗用車が贈られた。

なお、各クイズの内容については

『ドレミファドン!』へ変更編集

番組最終回翌週の10月3日に後継番組の『クイズ・ドレミファドン!』へとリニューアルし、司会者が柏村と水沢から高島忠夫明石直子に変更された。そして、出場チームもペアに変更された。

なお、『ドレミファドン!』最終回の「総集編特集」には柏村と水沢は出席せず、『家族ドレミファ大賞』時代の映像は1シーンも映らなかった。

主題歌編集

「クイズ!家族ドレミファ大賞のテーマ」

  • 作詞:福地美穂子/作曲:すぎやまこういち/歌:キャンディーズ
  • この歌は『ドレミファドン!』の主題歌として知られているが、この番組が先に使用していた。渡辺音楽出版「ゴールデンタイム!〜TVバラエティ・ヒットパレード〜」(CD)には、「クイズ・ドレミファドン!のテーマ」として収録されている。なお、収録されたのはキャンディーズバージョンと、高島のパートナーが石川ひとみになって以降の石川ひとみバージョンの2曲がある。

参考資料編集

  • 読売新聞 1976年4月4日 東京本社20面(テレビ・ラジオ面)など
フジテレビ 日曜12時台
前番組 番組名 次番組
日曜ドキドキパンチ
(12:00 - 12:54)
KTV製作
スターの素顔
(12:54 - 13:00)

プロ野球オープン戦中継
(12:00 - 13:55)
つなぎ番組
クイズ!家族ドレミファ大賞
(1976年4月 - 1976年9月)