メインメニューを開く

クイズ・アクション』は、1969年10月10日から1970年9月25日までNET系列局で放送されていたNETテレビ(現・テレビ朝日)製作のクイズ番組である。放送時間は毎週金曜 20:00 - 20:56 (日本標準時)。

概要編集

大野しげひさ山東昭子が司会を務めていた視聴者参加型のクイズ番組。視聴者が解答する一般的なクイズと、芸能人ゲストが参加するゲームの勝ち負けを予想するコーナーを組み合わせた内容。

6人の一般解答者が、まずは5問(ルール変更後は3問)のクイズに答え、1問につき1,000円(ルール変更後は2,000円)の得点を獲得。そして芸能人が行うゲーム(アクション)に賭け、芸能人がゲームに成功すると、獲得した得点(それまでの得点+クイズの得点)が倍になる。芸能人がゲームに失敗すると、クイズで獲得した得点は没収される。芸能人が参加するアクションは『底ぬけ脱線ゲーム』(日本テレビ)のようなプレイゲームで、クイズとアクションのセットを6回戦行い、最高得点者が優勝となる。なお、最後のアクションのみ3倍となるため、すべてのクイズに正解し、すべてのアクションの賭けに成功すればパーフェクトの最終得点が1,134,000円になる[要出典]

放送局編集

NET系列 金曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
ゴールデンクイズにっぽん
(1969年4月4日 - 1969年10月3日)
クイズ・アクション
(1969年10月10日 - 1970年9月25日)
紅つばめお雪
(1970年10月2日 - 1970年12月25日)