メインメニューを開く

クイックモーションとは、投手が投球動作を小さく素早くすることで盗塁を防ぐ投法のこと[1]クイック投法、略してクイックとも呼ばれる。反則投球のクイックピッチ[2]とは異なる。なお、クイックモーションという呼称は和製英語であり、メジャーリーグベースボールにおいてはスライドステップ(slide step[3]en:Pitch (baseball)#Pitching positionsも参照)と呼ばれる。

概要編集

足をマウンドからスライドさせるように投げたり、あらかじめ膝を曲げて重心を低くしたりするなど、何らかの投球動作を簡略化して投げる。一般に投球開始から捕手にボールが到達するまでの時間が1.2秒台で及第点とされる[4]

走者の盗塁を防ぐ効果が期待できる一方で、通常の投球と異なるメカニズムで投げるため、球速や制球が劣化する傾向がある。また、無理なフォームから投じることで故障につながる場合もある。このため、クイックモーションを用いずにセットポジションから牽制球を多投することで走者の動きを封じようとする投手もいる。なお、左投げ投手は右足をまっすぐに上げた状態から一塁牽制も投球もできるため、クイックモーションは使用しない場合が多い。

変則的な使用方法として、走者がいない場面において打者のタイミングを外す目的でクイックモーションが用いられることもある[5]

日本球界においては盗塁阻止は投手と捕手の共同作業と考えられており、鈴木孝政は牽制とクイックモーションができない投手はプロ野球では通用しないと述べている[6]。一方、メジャーリーグでは牽制やクイックは日本ほど重視されず、より打者を打ち取ることに意識が向けられる傾向にある[7]

歴史編集

日本球界において、クイックモーションをチーム戦術として最初に導入したのはパ・リーグの西鉄ライオンズであった。

1951年に西鉄の監督に就任した三原脩は、同年に春日原球場で行われた全体練習の場で、盗塁の際に走者が一塁から二塁へ進塁するにはリードからスタートを切って4秒かかるのに対し、投手がモーションを起こしてから捕手が二塁に送球するための所要時間は4秒から4.1秒なので、普通に送球してはセーフになってしまう。そこで投手は走者が塁に出たらクイックモーションで投球し、捕手は素早く二塁に正確な送球をすることが肝要であると説き、投手陣にクイックモーションを実践させた。盗塁阻止は捕手だけの責任ではなく投手と捕手の共同作業であるという三原の理論を聴かされた当時の西鉄の主力投手・野口正明は「驚きました。目から鱗が落ちる気持ちがしたものです。その当時、ランナーのファーストからセカンドまでの走塁にかかる時間と、ピッチャーからキャッチャーへ投球し、それがセカンドに送球されるまでの時間の差、両者の時間差で盗塁阻止を、そういう風に説明された監督さんはいませんもの」と述懐している[8]

三原は西鉄退団後の1960年にセ・リーグの大洋ホエールズの監督に就任する。三原が1960年代後半に読売ジャイアンツ(巨人)の盗塁王柴田勲対策のために大洋投手陣にクイックモーションを徹底させたことがきっかけとなって、セ・リーグでもチーム戦術としてのクイックモーションが一般化した。柴田は「今ではほとんどの投手がやっているクイックモーションは、僕が70盗塁してから増えたんだ。今の時代に40盗塁できる選手は、当時なら60はできたんじゃないかな」と述べている[9]

一方、巨人も日本シリーズでパ・リーグの盗塁王である阪急ブレーブス福本豊を封じるためクイックモーションを大いに活用した。1971年の日本シリーズ第1戦の9回裏、1点ビハインドの状況で盗塁を試みた福本は堀内恒夫投手・森昌彦捕手のバッテリーに刺され、チームもそのまま敗れた。福本はこれ以降自分の思うように走れなくなってしまったと語っており、結局このシリーズで福本はわずか1盗塁に押さえ込まれ、同じ顔合わせとなった翌1972年の日本シリーズでも同様に巨人バッテリーから1盗塁しかできなかった。

1970年代に入ると、走塁技術の進歩にともない、さらなるクイックモーションの改良が求められるようになっていた。南海ホークス選手兼任監督である野村克也捕手は投手がモーションに入ってから捕手のミットに届くまでに約1.1秒、二塁に送球して走者にタッチするまでの時間を約1.8秒とし、合計約3秒で送球すれば盗塁した走者を刺せると考えていた。野村はヘッドコーチのドン・ブレイザーと相談して福本対策のために足をほとんど上げずに投げる「すり足クイック」を考案した。福本はこの南海式のクイック投法について「モーション自体が小さくて早いのはノムさんの時の南海が最初です。足を上げて投げてくれるとタイミングをつかむのがラクなのに、ほとんどスリ足の状態で放ってくる。思い切ってスタートを切っても殺されるケースが増えました」と述べている [10]

メジャーリーグベースボールではディック・ボスマン英語版がスライドステップの創始者とされ[3]、1980年代後半にはメジャーリーグの他の投手もスライドステップを使うようになったとされる[3]

脚注編集

  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、98頁。
  2. ^ クイックピッチは打者が構え終わる前に投球動作に入ることを指し、ボークとなる。
  3. ^ a b c Ted Leavengood; Dick Bosman (2018-03-08). “Chapter 8: Slide Step”. Dick Bosman on Pitching: Lessons from the Life of a Major League Ballplayer and Pitching Coach. Rowman & Littlefield. p. 112. https://books.google.co.jp/books?id=KyE-DwAAQBAJ&pg=PA112&dq=%22slide+step+as+an+innovation%22+1980s#v=onepage 2018年11月21日閲覧。. 
  4. ^ 阪神久保セ界の韋駄天へ「走ってこいや!」 nikkansports.com 2010年12月21日
  5. ^ 牧田 中日・山崎“怒らせた”必殺技をWBC解禁へ Sponichi Annex 2012年11月26日
  6. ^ 鈴木孝政の快速球野球教室~ピッチャー編~ 第6回-WEB野球教室
  7. ^ 第21回:捕手編 城島捕手の課題と、日本、メジャーのリード、配球の違いは? その2 SportsClick:ベースボール・ゼミナール
  8. ^ 『魔術師 決定版』321-322頁
  9. ^ 【私の失敗(3)】柴田勲、一度もなかった打率3割のシーズン SANSPO.COM 2015年8月6日
  10. ^ 野球 : 福本豊「1065盗塁はノムさんのおかげ」”. スポーツコミュニケーションズ (2011年11月30日). 2016年11月28日閲覧。

参考文献編集

  • 立石泰則『魔術師 決定版』(小学館、2002年)

関連項目編集