メインメニューを開く
横浜みなとみらい21 > クイーンズスクエア横浜

クイーンズスクエア横浜(クイーンズスクエアよこはま、英語: Queen's Square YOKOHAMA)は、神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目に所在するオフィスホテル等を含む複合商業施設

東急スクエア
Queens Square Yokohama 2012.JPG
クイーンズスクエア横浜 クイーンズタワー(左からA、B、C)
情報
旧名称 クイーンズスクエア横浜
用途 店舗事務所ホテルホール駐車場
設計者 三菱地所設計日建設計
施工 大成建設鹿島建設東急建設
建築主 T・R・Y90事業者組合
東京急行電鉄住友商事他6社)
三菱地所都市再生機構日揮
管理運営 東急コミュニティー
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 44,406.48 m²
建築面積 34,490.05 m² (建蔽率78%)
延床面積 496,385.70 m2
* クイーンズタワーA:91,400 m2
* クイーンズタワーB:65,000 m2
* クイーンズタワーC:54,300 m2
* 商業棟:54,400 m2
* 横浜ベイホテル東急:62,800 m2
* 横浜みなとみらいホール:18,500 m2
* 駐車場:99,300 m2
* DHCスペース:10,000 m²
階数 地上36階地下5階 塔屋2階
高さ 171.80 m
駐車台数 1,700台 (7:00〜24:00)[1]
着工 1994年2月
竣工 1997年6月
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目3番
座標 北緯35度27分23.2秒 東経139度38分1.1秒 / 北緯35.456444度 東経139.633639度 / 35.456444; 139.633639座標: 北緯35度27分23.2秒 東経139度38分1.1秒 / 北緯35.456444度 東経139.633639度 / 35.456444; 139.633639
テンプレートを表示
クイーンズスクエア横浜(ランドマークタワー側入口)
スクエア内2階

目次

概要編集

3棟の超高層オフィスビルが連なる「クイーンズタワー」やショッピングモール、シティホテルで構成される複合商業施設である。東京急行電鉄が事業主体であり、実運営は東京急行子会社の横浜シティ・マネジメントおよび孫会社の横浜ベイホテル東急が担っている。1997年7月18日開業。

当施設内をメインストリートの「クイーンモール」(全長約300m)が貫いている。またみなとみらい地区の24街区に当たり、隣接する横浜ランドマークタワー(25街区)併設のショッピングモール「ランドマークプラザ」とは歩行者動線クイーン軸(※前述のクイーンモールもこの軸の一部)を介して接続している。さらに、建物全体を遠くから見た景観上はランドマークタワーを頂点として段々と低くなるスカイラインを形成している。

複数案の中からTRYグループ(住友商事住友銀行、東急など)の案が選ばれた。建物のデザインは、工業デザイナー水戸岡鋭治が担当[要出典]。なお、当初の計画では「パン パシフィック」のホテル棟はミラー張りで、クイーンズタワーは各階とも今より5階ずつ高く、高層部には39街区の「M.M.TOWERS」に先立ちみなとみらい地区初の都心型住居も入る予定であったが、計画段階時に日本の経済状況等が大きく変化したため、現在の計画へ変更となった経緯がある[2]

2004年に開通した横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅とは地下3階で直結。また、敷地内にはショッピングモールのみなとみらい東急スクエアがある。この他、クイーンズタワーAの地下4〜5階にはみなとみらい21熱供給MM21 DHC, 地域熱供給)の第2プラントがある[3]

クイーンズタワー編集

クイーンズタワーは、クイーンズタワーA・B・Cと3つのビルに分かれている。クイーンズタワーの中で、クイーンズタワーAが一番高く、クイーンズタワーCが一番低い。各タワーへの連絡通路が17階にある。

クイーンズタワーAは日揮の本社になっており、ほとんどの階を使用している。クイーンズタワーB・Cには、様々なテナントが入居している。

  • クイーンズタワーA:高さ約172m・地上36階・地下5階、郵便番号220-60**
  • クイーンズタワーB:高さ約138m・地上28階・地下5階、郵便番号220-61**
  • クイーンズタワーC:高さ約109m・地上21階・地下5階、郵便番号220-62**

郵便番号の下2桁は階層で、地下・階層不明の場合は90が入る。

クイーンモール編集

当施設内メインストリートのクイーンモール (1-2F) は、みなとみらい地区の歩行者動線「クイーン軸」の一部に当たる。このクイーンモール沿いや地下はファッションスポーツキャラクター関連の店舗やレストラン・飲食店などを配置したショッピングモールとなっており、かつては「クイーンズイースト (QUEEN'S EAST)」(旧:よこはま東急百貨店)と「[アット!] (at!)」の2つの施設に分かれていたが、2017年10月に統合され「みなとみらい東急スクエア」としてリニューアルオープンしている[4][5]

クイーンモールのほぼ中央にあるクイーンズサークルでは、週末などに様々なイベントが行われている。また、クイーンモールを東側に進むと「横浜みなとみらいホール」、展示会など幅広い目的で使用されている「みなとみらいギャラリー」、「横浜ベイホテル東急」があり、さらに東端まで進むとパシフィコ横浜方面への連絡橋に接続(2Fレベル)している。一方、西端側はヨーヨー広場に面しており(同レベル)、同広場を挟んでショッピングモールのランドマークプラザと対面している。

ホテル編集

クイーンズスクエア開業と同時期に国内初の『パン パシフィックホテルズ』(シンガポールに本社を置く東京急行傘下の海外ホテル部門)として「パン パシフィックホテル横浜」が開業(みなとみらい地区の超高層ホテルとしては最後発)。

2007年東急電鉄は統括会社のパン パシフィック ホテルズ アンド リゾーツの株式持分全てをシンガポールの不動産会社へ売却することとなり、当施設は東急ホテルズへ経営移管されて東急ホテルの一員となったため、名称も「パン パシフィック 横浜ベイホテル東急」に変更された。2010年7月31日まではJALホテルズのメンバーシップ提携契約があり、JALホテルズとしての会員サービスも受けられた。

さらに2013年4月には、パン パシフィック ホテルズ アンド リゾーツとの契約が満了となり、「横浜ベイホテル東急」への名称変更が行われた[6]

横浜ベイホテル東急
  • 所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目3-7
  • 運営:株式会社横浜ベイホテル東急
  • Check-in-out 14:00/12:00
    • 規模:地上25階 地下4階
    • 部屋数・収容人員:480室・974名
    • 施設:料飲施設 6店舗、宴会場、結婚式場、会議室、美容室、衣裳室、写真室、エステティック&スパ、フラワーショップ、ホテルショップ、託児室
    • 駐車場:1,700台 (7:00〜24:00) ※クイーンズパーキング(クイーンズスクエア横浜地下駐車場)[1]

沿革編集

 
コスースによる巨大モニュメント"The Boundaries of the Limitless"

ステーションコア編集

地下5階のみなとみらい駅に続く大アトリウムで、2004年の駅開業時に整備された。壁面にはジョセフ・コスースにより、22×14mの黒御影石に白色ネオン管で[7]フリードリヒ・フォン・シラー「デンマーク王子アウグステンブルク公にあてた美学的なことに関する書簡27号」の一部の引用が刻まれている。

樹木は成育することのない無数の芽を生み、根をはり、枝や葉を拡げて個体と種の保存にはありあまるほどの養分を吸収する。樹木は、この溢れんばかりの過剰を使うことも、享受することもなく自然に還すが、動物はこの溢れる養分を、自由で嬉々とした自らの運動に使用する。このように自然は、その初源から生命の無限の展開にむけての序曲を奏でている。物質としての束縛を少しずつ断ちきりやがて自らの姿を自由に変えていくのである。

— フリードリッヒ・フォン・シラー

横浜みなとみらいホール編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集