クウェートのイスラム教

本項目ではクウェートイスラム教について記述する。

ハワリのアルオトマンモスクの丸屋根

概要編集

国教であり、総人口の大部分がムスリムである。公的な調査に基づく具体的な信者数は不明なものの、70%がスンナ派で30% - 40%がシーア派と推計[1]2001年には52万5千人がスンナ派、30万人がシーア派を奉じており、ムスリムの総人口82万人に占めるそれぞれの割合は64%、36.5%となっている[2]

アメリカ合衆国国務省2002年、総人口の30% - 40%がシーア派と報告し[3]、スンナ派が52万5千人おり総計85万5千人がムスリム(スンナ派61%、シーア派39%)としている[3]

2004年にはスンナ派が60万人、30万人 - 35万人がシーア派とされ、全体としてはムスリムが91万3千人いたという[4]戦略研究所2008年、総人口の40%がシーア派と報告[1]

移民や数多くの国外追放者がいるため、民族は多様性に富む。国籍保有者は45%に過ぎない[5]。国内には複数の母国から成る集団があるが、最大の規模を誇るのはアラブ人やペルシア人である[6][7]

国外追放者の共同体は総人口の半分から3分の2に上るものの、クウェート政府はこれ以上の比率を公表[5][8]イランパキスタンインド出身のアラブ人から成る[5]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b The New Middle East, Turkey, and the Search for Regional Stability”. Strategic Studies Institute. p. 93 (2008年4月). 2014年5月26日閲覧。
  2. ^ International Religious Freedom Report”. US State Department (2001年). 2014年5月26日閲覧。
  3. ^ a b International Religious Freedom Report”. US State Department (2002年). 2014年5月26日閲覧。
  4. ^ International Religious Freedom Report”. US State Department (2004年). 2014年5月26日閲覧。
  5. ^ a b c Kuwait”. CIA Factbook. 2014年5月26日閲覧。
  6. ^ Two ethnicities, three generations: Phonological variation and change in Kuwait”. Newcastle University (2010年). 2014年5月26日閲覧。
  7. ^ Kuwait and Iran”. Immigration and Refugee Board of Canada (1989年8月28日). 2014年5月26日閲覧。
  8. ^ Population of Kuwait”. Government of Kuwait (2008年6月30日). 2014年5月26日閲覧。