クウェートの国章

クウェート国章(クウェートのこくしょう)は、1962年にそれまでの「ハヤブサと、交差する二本の国旗」の国章に代えて採用された。この国章は、翼を広げた金色のハヤブサと、その胸にクウェート国旗の図柄の盾が描かれ、アラビア語の正式国名(شعار الكويت)が上にアラビア文字で書かれている。

クウェートの国章
Emblem of Kuwait.svg
詳細
使用者 クウェートの旗 クウェート
採用 1962年

翼の中にある海の上のダウ船は、同じペルシャ湾岸のカタールの国章アラブ首長国連邦の国章同様、海を通じた交易により栄えた海洋国家の伝統を表す。また金色のハヤブサは、預言者ムハンマドの出たクライシュ族のシンボルで、他のアラブ諸国の国章にも使われている。

関連項目編集