メインメニューを開く

クウェート航空(クウェートこうくう、アラビア語: الخطوط الجوية الكويتية‎; al-khuṭūṭ al-jawwīya al-kuwaytīya, 英語: Kuwait Airways)は、クウェート航空会社である。アラブ航空会社機構(Arab Air Carriers Organization)の一員で主に中東、南アジア、東南アジア、ヨーロッパ、北アメリカを結んでいる。

クウェート航空
الخطوط الجوية الكويتية
IATA
KU
ICAO
KAC
コールサイン
KUWAITI
設立 1954年3月16日
ハブ空港 クウェート国際空港
マイレージサービス Oasis Club
会員ラウンジ Dasman Lounge
航空連合 未加盟
保有機材数 26機(発注中28機)
就航地 34都市
スローガン Earning Your Trust
親会社 クウェート政府
本拠地 クウェート国クウェートファルワーニーヤ県
代表者 Yousef A M J Alsaqer (Chairperson)
外部リンク http://www.kuwait-airways.com/
テンプレートを表示
クウェート航空 エアバスA340型機(現在は全機退役済)
同 ボーイング777-200ER(現在はすべて退役)

目次

概要編集

1953年クウェート・ナショナル・エアウェイズとして設立された。1954年ダグラス・ダコタで運航を開始し、翌年の1955年に現在の社名になった。当初はクウェート政府が50%を出資していたが、1962年にクウェート政府が全額出資することになり国有化された。

1963年に初のジェット機であるデ・ハビランド コメットを受領。その後、ボーイング707ボーイング747エアバスA310等を導入し更に規模を広げていった。

しかし、1990年イラクによるクウェート侵攻で保有機はイラク軍に奪われ、イラク航空に編入された。翌1991年湾岸戦争でそのうちの4機(ボーイング767が9K-AIB/AICの2機、エアバスA300が9K-AHF/AHGの2機)が破壊され大きな打撃を被った。

湾岸戦争終結後は破壊された施設・機材の復旧を行い、現在に至っている。 2016年12月のB777-300ERを導入を機にブランドイメージを一新した。(現行機の塗装変更は未実施) 2017年7月にB777-300ERの導入が完了し、A340、B777-200の運航を終了した。そして、2019年1月31日に自社の唯一の商業的使用が可能なボーイング747(-400の9K-ADE)が定期便の役目を終えた。ラストフライトの区間はドーハ・クウェート線であった。その後、同年5月24日にオランダエンスヘーデへのフェリーフライトを行ったが、恐らくそこでスクラップにされると思われる。

機内サービス編集

ファーストクラスエアバスA320を除く)、ビジネスクラスエコノミークラスの3クラス制で有り、アルコール飲料は提供されない。

就航路線編集

2015年7月現在[1]

クウェート航空 就航都市
都市 空港 備考
西アジア中東
  アラブ首長国連邦 アブダビ アブダビ国際空港
ドバイ ドバイ国際空港
  イラン マシュハド マシュハド国際空港
テヘラン エマーム・ホメイニー国際空港
  カタール ドーハ ハマド国際空港
  クウェート クウェート クウェート国際空港 ハブ空港
  レバノン ベイルート ベイルート国際空港
  オマーン マスカット マスカット国際空港
  サウジアラビア ダンマーム キング・ファハド国際空港
ジッダ キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
マディーナ プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港
リヤド キング・ハーリド国際空港
ターイフ ターイフ地域空港
  バーレーン マナーマ バーレーン国際空港
  ヨルダン アンマン クィーンアリア国際空港
東南アジア
  バングラデシュ ダッカ シャージャラル国際空港
  フィリピン マニラ ニノイ・アキノ国際空港
  タイ バンコク スワンナプーム国際空港
南アジア
  インド アフマダーバード アフマダーバード空港
バンガロール ケンペゴウダ国際空港
チェンナイ チェンナイ国際空港
デリー インディラ・ガンディー国際空港
コーチ コーチン国際空港
ムンバイ チャットラパティー・シヴァージー国際空港
ティルヴァナンタプラム トリヴァンドラム国際空港
  スリランカ コロンボ バンダラナイケ国際空港
  パキスタン イスラマバード イスラマバード国際空港
ラホール アッラーマ・イクバール国際空港
アフリカ
  エジプト アレクサンドリア アレクサンドリア国際空港
カイロ カイロ国際空港
ソハーグ ソハーグ国際空港
シャルム・エル・シェイク シャルム・エル・シェイク国際空港 季節運航
ヨーロッパ
  オーストリア ウィーン ウィーン国際空港 季節運航
  イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港
  イタリア ミラノ ミラノ・マルペンサ国際空港
ローマ レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港
  ジョージア トビリシ トビリシ国際空港 季節運航
  スイス ジュネーブ ジュネーブ空港
  スペイン マラガ マラガ=コスタ・デル・ソル空港 季節運航
  ドイツ フランクフルト フランクフルト空港
ミュンヘン ミュンヘン国際空港
  ブルガリア ヴァルナ ヴァルナ空港
  キプロス ラルナカ ラルナカ国際空港 2019年6月3日より再開
  フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
ニース コート・ダジュール空港 2019年6月3日より再開
  トルコ イスタンブール イスタンブール新空港
トラブゾン トラブゾン空港 季節運航
北アメリカ
  アメリカ合衆国 ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港
休・廃止路線
  アラブ首長国連邦 ラアス・アル=ハイマ ラアス・アル=ハイマ国際空港
シャールジャ市 シャールジャ国際空港
  バングラデシュ チッタゴン シャーアマーナト国際空港
  イエメン アデン アデン・アッデ国際空港
サナア サヌア国際空港
  イラン アーバーダーン アーバーダーン空港
エスファハーン エスファハーン・シャヒード・ベヘシュティー国際空港
シーラーズ シーラーズ国際空港
  イラク バグダード バグダード国際空港
ナジャフ アル・ナジャフ空港
  エジプト ルクソール ルクソール国際空港
  シリア ダマスカス ダマスカス国際空港
 パレスチナ 東エルサレム アタロット空港
  インド ハイデラバード ラジーヴ・ガンディー国際空港
コルカタ ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港
  パキスタン カラチ ジンナー国際空港
イスラマバード ベナジル・ブット国際空港 新空港への移転の為
  インドネシア ジャカルタ スカルノ・ハッタ国際空港
  モロッコ カサブランカ ムハンマド5世国際空港
  オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港
  ギリシャ アテネ アテネ国際空港
  スイス チューリッヒ チューリッヒ空港
  スペイン マドリード アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
  トルコ イスタンブール アタテュルク国際空港
  ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエヴォ サラエヴォ国際空港
  アメリカ合衆国 シカゴ シカゴ・オヘア国際空港
  韓国 仁川 仁川国際空港
  シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港
  マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港

保有機材編集

ボーイング製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は69である。

 
引退済みのボーイング747-400M アッパーデッキへは、収納式の階段があった。これは要人専用のフロアで有り、主に要人などを載せていたが、稀にミドルデッキに有る客室が商業的に使われる時もあった(主に中長距離国際線であった)。なお、ミドルデッキの真ん中に手術台になる場所もあった。
クウェート航空 保有機材
機材 保有 発注 乗客 備考
F C Y
エアバスA320-200 11 20 110 130
エアバスA320neo 15[2] 未定 2019年に受領予定。
エアバスA330-200 5 17 30 165 212
エアバスA330-800neo 8 未定 2019年に受領予定。
エアバスA350-900 5 未定 2019年に受領予定。
ボーイング777-300ER 10 8 26 290 324
総計 29 29

この他にも、1機のエアバスA300-600、1機のエアバスA310-300、1機のエアバスA319、1機のエアバスA320、2機のエアバス340-500、1機のボーイング747-8BBJが似た塗装を施しているが、これらは政府専用機としてクウェート政府が所有する。

共同運航編集

事件・事故編集

  • 1966年6月30日、32便ベイルート発クウェート行きが大破。死者なし、負傷者多数。
  • 1984年12月3日、221便クウェート発カラチ行きが4人のレバノン人によってハイジャックされた。
  • 1988年4月5日、422便バンコク発クウェート行きのボーイング747-269B(9K-ADB)が16日に渡ってハイジャックされた。乗員乗客112人の内、2人の人質が死亡。犯人は複数のレバノン人であった。
  • 1990年8月、イラク軍による航空機(前述)の略奪。

脚注編集

外部リンク編集