クチュグル(モンゴル語: Küčügür)とは、13世紀初頭にチンギス・カンに仕えたベスト(ベスート)氏出身の千人隊長。兄に同じく千人隊長となったデゲイがいる。『モンゴル秘史』では窟出古児/古出古児、『集史』などのペルシア語史料ではKūchūkūr(کوچوکور)と記される。また、クチュクルグチュグルとも。

概要編集

デゲイの属するベスト氏はモンゴル部の中でも弱小な氏族であり、12世紀末にはモンゴル部の有力氏族のボルジギン氏の支族のタイチウト氏に隷属民として従属していた。クチュグルの一族もまたテムジン(後のチンギス・カン)の登場まではタイチウト氏に仕える家系であったという。

『集史』によると、ある時クチュグルの父がタイチウト氏の者に殺されてしまったため、クチュグルの母バイダル・ハトゥン(Bāīdar khātūn,بایدر خاتون)は息子たちの行く末を案じるようになった。そこでバイダル・ハトゥンは「寡婦や孤児の面倒をよくみる」と噂される、タイチウトと対立するキヤト・ボルジギン氏の長チンギス・カンを頼らんと決意した[1]

バイダル・ハトゥンが二人の息子、デゲイとクチュグルを連れてチンギス・カンの下を訪れると、チンギス・カンは彼女たちを手厚く迎えた。そしてバイダル・ハトゥンをダルハンとした上で「孤児たちの[将来の]道はダルハンとなるべきものなのだ」と述べたという[2]。なお、この頃クチュグルに与えられた職務について、『集史』は雌馬飼いであるとするが[3]、『モンゴル秘史』はモドチ(車大工)を任せられていたとする[4]

1206年モンゴル高原統一を果たしたチンギス・カンは千人隊制度を創設し、デゲイとクチュグル兄弟はそれぞれ千人隊長に任ぜられた。この時、デゲイが分散したベスト氏を集めて千人隊を創設するようチンギス・カンから命じられたの対し、クチュグルは「[分かち与えたる]民の足らざるが故に、あちこちから[少しずつ民を]駆り立て…中略…クチュグルとムルカルクゥとの二人が一緒になって、千人隊作りをして相談してやっていけはしまいか」と命じられ、ムルカルクゥとともに雑多な民を集めて千人隊を組織したという[5]

その後、デゲイ率いるベスト氏千人隊がチンギス・カンの第三子オゴデイに与えられのに対し、クチュグルの家系は代々トゥルイ家に仕えていくこととなる。

ベスト氏バイダル・ハトゥン家編集

  • バイダル・ハトゥン(Baydar Qatun,Bāīdar khātūn,بایدر خاتون)…デゲイ、クチュクルの母
    • デゲイ・ノヤン(Degei Noyan,迭哥官人/Dūkāدوکا)…バイダル・ハトゥンの息子で、オゴデイ・ウルス王傅の一人。
    • クチュグル(Küčügür,Kūchūkūrکوچوکور)…デゲイ・ノヤンの弟で、チンギス・カンの千人隊長の一人。
      • ブルトジン・コルチ(Burtǰin Qorči,بورتجین قورچی)…クチュグルの息子で、チンギス・カンの末子トゥルイに仕えた。
      • クビライ・コルチ(Qubilai Qorči,قوبلای قورچی)…クチュグルの息子で、千人隊長となった。

[6]

脚注編集

  1. ^ 志茂2013,894頁
  2. ^ 志茂2013,894頁/村上1970,230頁
  3. ^ 志茂2013,894-895頁
  4. ^ 村上1970,231/257頁
  5. ^ 村上1976,38頁
  6. ^ 志茂2013,895/898頁

参考文献編集

  • 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 1巻』平凡社、1970年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 3巻』平凡社、1976年
  • 新元史』巻128列伝25