クトゥルフの呼び声 (小説)

クトゥルフの呼び声』(クトゥルフのよびごえ、: The Call of Cthulhu)とは、アメリカ合衆国のホラー小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフト1928年に発表した小説。

ウィアード・テイルズ1928年2月号、下に"H. P. Lovecraft"の名前が見える

概要編集

ラヴクラフト、およびクトゥルフ神話の代表作の一つとされる。ラヴクラフト自身、この作品によって、のちに「クトゥルフ神話」と呼ばれることになる彼独自の作品世界を大きく飛躍させた[1]オーガスト・ダーレスがラヴクラフトの作品世界を体系化したさい、それが「クトゥルフ神話」という名称になったのは、本作の影響力の大きさを示すものである。短い作品であり、描写は梗概的であるが、のちのラヴクラフトにおけるクトゥルフ神話系統作品のパターンである、謎の祭儀を行う教団、太古の人類外によって造られた古代都市遺跡の探検、そこでの怪物との遭遇、それら秘密を知ったゆえに命を狙われる展開などが、すでに示されている。

1926年夏頃に執筆され、パルプ雑誌ウィアード・テイルズ』1928年2月号で初めて発表されたが、一度不採用になった経緯がある。ラヴクラフト自身は、この作品を「そこそこの出来、自作のうち最上のものでも最低のものでもない」と評した[2]。同僚作家のロバート・E・ハワードは、「人類史上に残る文学の金字塔であり、ラヴクラフトの傑作」と激賞している[3]

あらすじ編集

物語の冒頭、アルジャーノン・ブラックウッドの一節が引用され、「太古から生き続ける偉大な存在」がほのめかされる。

本編は、死亡した人物サーストン[注 1]が物語の語り部を務め、発見された彼の手記の内容という形式で綴られている。手記中の「わたし(故サーストンのこと)」は、先に不審死をとげた大伯父エインジェル老教授が残した遺品の謎に魅入られ、手掛かりを求めて世界中を旅する。

この部分は、3章立てとなっている。まとめると以下となる。

  1. 彫刻家ウイルコックスの粘土板
  2. ルグラース警部の押収した石像
  3. ヴィジラント号の海難事故にまつわる新聞記事

「わたし」は、まず大伯父の遺品から、1925年2-3月にアーカムで錯乱した彫刻家ウイルコックスが彫り上げた粘土板と、同時期に世界中で荒れ狂った謎のカルト犯罪に関する手記を読んだ。次に1907年にニューオーリンズのルグラース警部が押収した小さな黒い石像に関する手記を読んでいく。3番目に1925年2-3月に太平洋で遭難した船の唯一の生き残りヨハンセンが遺した手記を読み、彼らを襲った運命とその異様で救いのない真実を見出す。遂に大伯父やヨハンセン同様、今や多くを知り過ぎた「わたし」も死期が近いことを悟り、この手記が読まれぬまま処分されることを願うと締めくくっている。

登場人物編集

  • フランシス・ウェイランド・サーストン(Francis Wayland Thurston)- 「わたし」。ボストン在住。
  • ジョージ・ギャマル・エインジェル教授(George Gammell Angell) - 1926年に92歳で死去。ブラウン大学考古学教授でクトゥルフ教団について調べていた。
  • ヘンリー・アンソニー・ウィルコックス(Henry Anthony Wilcox) - プロヴィデンス在住の青年彫刻家。古代都市の夢を見て、夢に現れた古代文字を粘土板に再現し、エインジェル教授に解読を依頼する。悪夢を見なくなると、悪夢を見ていた期間の出来事や教授に依頼したという記憶を失う。
  • ジョン・レイモンド・ルグラース警視正(John Raymond Legrasse) - ニューオーリンズの警官。1907年のある事件で、小さな石像を入手する。
  • ウィリアム・チャニング・ウェブ教授(William Channing Webb) - プリンストン大学の教授。1860年にグリーンランドで奇怪な儀式と接触し、1908年の学会でルグラース警部の持ち込んだ石像を見て解説する。
  • グスタフ・ヨハンセン(Gustaf Johansen) - ノルウェー人の船乗り。エンマ号の生存者。生還するも衰弱し、後にオスロで謎の死を遂げる。
  • アンゲコク(Angakoq) - グリーンランドイヌイットの呪術祭司。悪魔トルナスク[注 2]に生贄を捧げる。
  • カストロ(Castro) - 1907年の事件の逮捕者。メスチソの老人。クトルゥフ教団の不死の指導者と会ったと自称する。1926年時点ではすでに死去している。
  • クトゥルフ(Cthulhu) - エインジェル教授の論文に現れる邪神。

時系列編集

  • 1860年 - ウェブ教授がグリーンランドでアンゲコクと接触する。
  • 1907年11月1日 - ルグラース警官がヴードゥーの集会を検挙し、邪神像を押収する。
  • 1908年 - エインジェル教授とウェブ教授が参加していた考古学学会に、ルグラースが邪神像を持ち込む。
  • 1925年2月20日 - ニュージーランドからエンマ号(Emma)がペルーに向け出港する。
  • 1925年2月28日 - ニューイングランドに地震が起きた夜にウィルコックスが悪夢を見る。
  • 1925年3月1日 - エンマ号が嵐に遭遇する。
  • 1925年3月22日 - エンマ号が別の船から襲撃を受け、沈没する。ヨハンセンらは、相手の船を奪取する。
  • 1925年3月23日 - ヨハンセンら、47°9′S 126°43′Wに未確認の島を発見し、上陸する。ウィルコックスが錯乱する。
  • 1925年4月1日 - ウィルコックスが悪夢を見なくなる。
  • 1925年4月12日 - 遭難中のヨハンセン1人を乗せた船をヴィジラント号(Vigilant)が発見し、保護する。
  • 1925年4月18日 - ヴィジラント号がダーリング港に帰港した。
  • 1926年11月23日 - エインジェルが92歳で死去する。
  • 不明 - サーストンが全ての手がかりをもとに手記を書き終える。

解説編集

エインジェルの残した遺品、全てに共通するのが「Cthulhu (クトゥルフ/クトゥルー/クルウルウ/クスルー)」という発音すら定かでない固有名詞がほのめかされる点である。物語の全貌は、読者が推理し、つなげていくことを求められるような文体になっている。実在する大学名や地名、ジェームズ・フレイザーの「金枝篇」などが登場するが解説がなく読者自身の知識・教養を前提とする点も特色となっている。

物語の場面は、サーストンが大伯父の遺品を受け取った現在、1925年前後、1907-1908年、再び1925年、そして再び現在に戻る。海底のルルイエに封印されたクトゥルフは、夢を使ったテレパシーを送る力があり、これが普段、海水で封じ込められている。しかし星辰、星の位置の変化によりルルイエは、海底から浮上し、悪夢のテレパシーが世界中に事件を起こすというのが一連のあらましである。

その他編集

サーストンの名前は、本編に登場せず、ウィアードテイルズ掲載時に副題として添えられていたものの、それ以降の発行物からは欠落していた期間がある。後にアーカムハウスの再出版になると再び加えられるようになった。日本語翻訳でも、当事情を見逃された『ラヴクラフト全集2巻』などの初期の翻訳では、この小説そのものが故人の手記である点が抜け落ちている[4]

ブラウン大学はプロヴィデンスに実在する大学である。青年期のラヴクラフトが入学を憧れていたが、健康面で叶わなかった。ラヴクラフトはブラウン大学をモデルに、オリジナルの「ミスカトニック大学」を創造しており、本作発表よりも前から自作内で用いていた。

前任者が売り上げ減で解任されたこともありパルプ雑誌『ウィアード・テイルズ』の編集長がファーンズワース・ライトに代わってからラヴクラフトの作品は、しばしば掲載を拒否されるようになったという。今回、友人の一人ドナルド・ウォンドレイ英語版は、別の出版社に送ることを薦めた。しかしラヴクラフトは、一度断られた原稿を他の雑誌に送ることを嫌っていたとされている。今回は、発表されたが他にも多くの作品が未発表のままストックされた。後にウォンドレイは、ダーレスと共にラヴクラフトが生前に未発表のままストックした作品を「アーカムハウス」から出版している。

ラヴクラフトと交流のあった作家クラーク・アシュトン・スミスは、本作に登場したクトゥルフを使用して「クトゥルフ神話」という語をダーレスに宛てた手紙に書いている。この語を思い付いたのが誰なのか不明だが、この語が現在、ラヴクラフトの作品の代名詞として使用されるようになっている。

先行作品として指摘されるもの編集

収録編集

  • 矢野浩三郎訳「クスルウーの喚び声」『定本ラヴクラフト全集3』、国書刊行会(1984年)
  • 宇野利泰訳「クトゥルフの呼び声」『ラヴクラフト全集2』、創元推理文庫(1984年)
  • 大瀧啓裕訳「クトゥルーの呼び声」『暗黒神話体系シリーズ クトゥルー1』、青心社(1988年12月)
  • 尾之上浩司訳「クトゥルフの呼び声」『クトゥルフ神話への招待〜遊星からの物体X〜』、扶桑社ミステリー(2012年8月)
  • 森瀬繚訳「クトゥルーの呼び声」『クトゥルーの呼び声』、星海社FICTIONS(2017年11月)
  • 南條竹則訳「クトゥルーの呼び声」『インスマスの影―クトゥルー神話傑作選―』、新潮文庫(2019年8月)
  • 手仮りりこ訳「邪神の存在なんて信じていなかった僕らが大伯父の遺した粘土板を調べたら……」『超訳ラヴクラフトライト1 クトゥルーの呼び声他』、創土社(2016年)

漫画編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 初期の翻訳では、この小説そのものが故人の手記(書き終えた後に、クトゥルフ教団に暗殺された可能性が高い)である点が抜け落ちている。詳細は後述。
  2. ^ この悪魔はコラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』にも掲載されている。トルナスクの原型はクトゥルフであるというのがプロットである。

出典編集

  1. ^ リン・カーター『クトゥルー神話全書』朝松健(監訳)、竹岡啓(訳)、東京創元社〈Key library〉、2011年、[要ページ番号]ISBN 978-4-488-01529-9
  2. ^ S.T. Joshi, More Annotated Lovecraft, p. 173.
  3. ^ Quoted in Peter Cannon, "Introduction", More Annotated Lovecraft, p. 7.
  4. ^ H.P.ラヴクラフト 他「「クトゥルー画廊」解説文」『クトゥルー』7、青心社〈暗黒神話大系シリーズ〉、1989年、[要ページ番号]ISBN 4-915333-64-7
  5. ^ "The Kraken" (1830) Alfred Lord Tennyson
  6. ^ S. T. Joshi and David E. Schultz, "Call of Cthulhu, The", An H. P. Lovecraft Encyclopedia, pp. 28-29.
  7. ^ Lord Dunsany (1878-1957)”. Works; Short bibliography. Dunsany (2003年12月). 2012年1月26日閲覧。
  8. ^ Price, "The Other Name of Azathoth". これはまたラヴクラフトの創造によるアザトースのネタ元でもあるとされている。