クヌート1世 (スウェーデン王)

クヌート1世 (スワヒリ語: Knut Eriksson1150年 - 1196年、在位:1167年 - 1196年)はエリク家の2代スウェーデン王

クヌート1世
クヌート・エリクソン
スウェーデン王
Canute I of Sweden c 1290.jpg
在位 1167年 - 1196年

出生 1150年
ヴェステルイェートランド
死去 1196年4月8日
ヴェステルイェートランド
配偶者 セシリー・ヨハンスドッター
子女 エリク10世
家名 エリク家
父親 エリク9世
母親 クリスティーナ
宗教 キリスト教ローマ・カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

生い立ち編集

1150年にエリク9世長男として生まれた。母親クリスティーナはインゲ1世の孫娘であるためクヌートはステンキル家の血を引いている。

即位とその治世編集

10歳ごろに父によって使節としてローマに派遣され、ローマ教皇にあった。父エリク9世がマグヌス2世に暗殺された際もクヌートはローマにいたため助かった。マグヌス2世が死ぬとスウェーデンに戻りマグヌス2世を殺して王位を奪ったカール7世英語版を殺して王位に就いた。即位したクヌートはローマに似せた教会を建て、異教徒を弾圧した。さらに戴冠式を行おうとしたが、その前に死んだ。この時代の王としては長く在位し、死因は暗殺ではなく自然死だった。さらに、王権の文書化も始まった。息子のエリクは戴冠をなしとげた。

子女編集

クヌート1世はセシリー・ヨハンスドッターとの間に以下の子をもうけた。

・息子3人(名前不明) ‐3人ともアルガロスの戦いで戦死。

・シグリッド

・エリク・クヌートソン ‐後のスウェーデン王エリク10世(在位:1208年1216年)。

先代:
カール7世
スウェーデン王
(1167年1196年)
次代:
スヴェルケル2世