メインメニューを開く

クノールブレムゼドイツ語: Knorr-Bremse AG)は、ドイツミュンヘンに本社を置く輸送用機器製造業鉄道車両および商用車向けに、ブレーキをはじめとする各種制御システムの製造・販売を行っている。フランクフルト証券取引所上場企業(FWBKBX)。

クノールブレムゼ
Knorr-Bremse AG
Knorr-Bremse logo.png
KB Hauptverwaltung.jpg
ミュンヘンの本社
種類 株式会社
市場情報 FWBKBX
略称 KNORR
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
Moosacher Strase 80, ミュンヘン
設立 1905年
事業内容 輸送用機械器具製造販売
売上高 62億4,000万ユーロ(2017年)
従業員数 27,700人(2017年)
外部リンク www.knorr-bremse.co.jp
テンプレートを表示

事業概要編集

KNORR」(クノール)ブランドで、各種鉄道車両およびトラックバスなどの商用車向けの以下の製品を製造・販売している。世界30カ国以上に現地法人を持っているが、特にヨーロッパにおける鉄道車両向けのシェアは非常に大きく、システムサプライヤーとしての強みを持つ。売上構成は、鉄道車両部門が52%、商用車部門が48%となっている[1]。なおブレムゼ(Bremse)は、ドイツ語で「ブレーキ」を意味する。

鉄道車両用
  • ブレーキシステム
  • ドアシステム(車両用およびホームドア
  • 暖房などの空調装置および付随する電子制御アプリケーション
  • 脱線検知装置
  • 抵抗器、開閉器、高圧測定装置などの制御コンポーネント
  • ワイパー・洗浄システム
  • 障害検知装置
商用車用
  • ブレーキシステム
  • ダンパー
  • コンプレッサ
  • エアドライヤー
  • トランスミッション制御装置
  • 電子制御システム
  • バルブ
  • アクチュエーター
  • 診断システム

沿革編集

1905年にゲオルク・クノール(Georg Knorr)によってベルリンで設立された[2]、それまでの貨物列車ブレーキでは、各貨車に配置された担当者が信号の合図に基づき一斉にブレーキをかける方式であったが、1918年プロイセン国鉄に供給開始した自動空気ブレーキクンツェ=クノールブレーキは、人手がかかり事故発生の多いこの方式を廃し、1920年代には、クノールのブレーキシステムが、ヨーロッパの貨物列車向けエアブレーキの技術標準となるに至った[2]。続いて1931年、新型のHildebrand-Knorr brakeと呼ばれるブレーキを投入、同ブレーキは旅客列車にも使用され、世界17カ国に普及した[2]。また1922年に、商用車向けのエアブレーキシステムの製造販売に参入、トラックと牽引車(トレーラー)すべての車軸に同時にブレーキをかけるシステムは、世界で最初となり、1930年代後半までにドイツの牽引車の約9割にクノールのブレーキシステムが装備された[2]

第二次世界大戦の終わりと共に従来の施設はソビエト連邦に接収されたが、翌1946年に会社を再建、マーシャル・プランの実施と共にドイツ連邦鉄道から18,000両の貨車の発注があり事業成長、1953年には大型化したトラック向けの自動負荷依存ブレーキシステムを開発、また同年ミュンヘンに本社を移した[2]1969年にトラック向けのディスクブレーキを開発、1973年にはアメリカ合衆国に子会社を設立、1980年代に貨物列車向けのDB60型ダイレクトリリースコントロールバルブを開発し、同製品は1985年以降、アメリカの長大編成貨物列車に使用開始された[2]。1985年、それまでのKnorr-Bremse GmbHSüddeutscheBremsen AGと合併し、Knorr-Bremse AGとなった[2]

1991年に運行開始された高速列車ICE 1にクノールの電空ブレーキが装備される一方、1993年から翌年にかけて会社の事業再編が行われ、鉄道車両部門と商用車部門に分割されることになった[2]2002年にアメリカのトラック向けブレーキメーカーのBendix Corporationハネウェルから買収[3]2007年にEP60型電子制御ブレーキシステムを開発し、アメリカおよび南アフリカ共和国の長大編成貨物列車に使用開始された[2]2016年スペインIcer Railを買収[4]2017年フォスロの電気システム事業を買収した[5]

採用例編集

日本以外編集

非常に多いため割愛する。

日本編集

 
JR東日本E231系に搭載されているスクリューコンプレッサ

ただし日本は時の鉄道省がウェスティングハウスエアブレーキ(WABCO、現在のWABCOビークル・コントロール・システムズおよびワブテック)のシステムを採用し、互換性の都合上により国内基準装備と化したことからシェアが少なく、ブレーキシステム全体ではさらに少ない。

ブレーキシステムにクノール製品を採用した例としては、1925年に製造された京都電燈デナ1形電車が知られる程度であったが、2011年東北新幹線E5系ディスクブレーキユニットとして導入された[6][7]

圧縮機本体・除湿器・オイルフィルターが一体型パッケージになったコンプレッサ単品の採用例が多い。

など。

日本法人編集

商用車部門と鉄道部門で別法人となっている。

  • クノールブレムゼ商用車システムジャパン株式会社(Knorr-Bremse Commercial Vehicle Systems Japan Ltd.
  • クノールブレムゼ鉄道システムジャパン株式会社(Knorr-Bremse Rail Systems Japan Ltd.
    • 本社所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-10-1 日土地西新宿ビル7階
    • 鉄道システムのサービスセンターを坂戸市に持つ。住所は商用車システムのオフィスと同じ。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Company Information” (英語). Knorr-Bremse AG. 2019年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Milestone (PDF)” (英語). Knorr-Bremse AG. 2019年8月14日閲覧。
  3. ^ Knorr-Bremse takes over Bendix” (英語). FleetOwner (2002年1月24日). 2019年8月14日閲覧。
  4. ^ Knorr-Bremse to take full ownership of ICER Rail” (英語). レールウェイ・ガゼット・インターナショナル (2016年9月29日). 2019年8月14日閲覧。
  5. ^ Knorr-Bremse completes purchase of Vossloh Electrical Systems” (英語). レールウェイ・ガゼット・インターナショナル (2017年1月31日). 2019年8月14日閲覧。
  6. ^ Knorr-Bremse accesses Japanese high-speed market
  7. ^ 東北新幹線「はやぶさ」、ブレーキはドイツ製に JR東 - 日本勢、時速320キロに対応できず

外部リンク編集