クハラ カズユキ1969年4月3日 - )は、日本ドラマー1991年から2003年まで、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのメンバーとして活動していたことで知られる。現在はThe Birthdayのメンバーとして活動している。

クハラ カズユキ
別名 キュウ
生誕 (1969-04-03) 1969年4月3日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道北見市
学歴 明治学院大学経済学部卒業
ジャンル ロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラム
活動期間 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
1991年 - 2003年
The Birthday
2006年 - )
事務所 base inc.
TRIPPIN' ELEPHANT RECORDS
共同作業者
公式サイト クハラカズユキ rockin'blues

愛称は「キュウ」。thee michelle gun elephant時代は身長165cmと公表していたが実際は161cm。血液型はO型。既婚。

来歴編集

北海道北見市出身。小学生の頃に、RCサクセションなどに影響を受けドラムを始める。中学時代はザ・スターリンTHE STREET SLIDERSに夢中になる。北海道北見北斗高等学校時代はラグビー部に所属。試合前に自分を鼓舞するためにFLATBACKERを聴いたりしていたという[1]1987年度の第67回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場したが、大阪府立北野高等学校に23対7で敗れた[2]。ちなみに北野高校は橋下徹が出場しており、この試合で橋下にトライを決められている。

進学校に通っていたものの大学受験に失敗し(本人曰く「総すべり」)、卒業後単身で上京し浪人生活を送る。本人によると「いまでも夢に出てうなされるぐらいの暗黒っぷりだった」といい[1]、自身のブログでも「浪人時代は生き地獄の代名詞」と語っている[3]

このような時期を経て1989年明治学院大学経済学部商学科に進学。学内のバンドサークル「世界民族音楽研究会」でウエノコウジと出会い、1990年11月、大学2年時の学園祭のライブを機にチバユウスケがボーカルを務めていたthee michelle gun elephantに参加。後に同バンドのリーダーとなる。1991年、thee michelle gun elephantは本格的に活動を開始。当時はプロ志向こそなかったものの、次第に就職よりもバンドの方に気持ちが傾くようになったため、「もう1年時間くんねえか、それで何も無かったら家に帰る」と親に約束し、就活せず1993年3月に明治学院大学を卒業。

その後しばらくはフリーターをしながらバンド活動を続けた。しかし一向に芽が出なかったため、親との約束通り1年で実家に帰り1994年に地元の北見市役所へ就職。公務員としての勤務の傍ら週末に東京に行ってライヴをするという生活をしばらく続けていたが、程なくバンドに専念したいという気持ちを抑えきれなくなり、デビューの当てさえなかったにもかかわらず翌1995年に北見市役所を10ヶ月で退職し東京に戻ってくる。その際親から勘当同然で実家を追い出されており、デビューが決まる頃にようやく和解できたという。

1996年2月1日、シングル世界の終わり」でメジャーデビュー。

アルバム『カサノバ・スネイク』発売頃(2000年)からモヒカンヘアーとなる。アルバム『ロデオ・タンデム・ビート・スペクター』発売時(2001年)に一度金髪にしたが、翌2002年から再びモヒカンに戻した。 2003年、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT解散。その後、うつみようこ&YOKOLOCO BAND、M.J.Q、qyb、jam students等に参加。また、サポートドラマーとしても活動。2006年には、チバユウスケらとThe Birthdayを新たに結成。

エピソード編集

敬愛するミュージシャンは、モトリー・クルードクターフィールグッドザ・フーテレビジョンRCサクセションダムドザ・スターリン。また、ヘヴィメタル好きでもある。使用しているドラムのメーカーはCANOPUS。スネアは同メーカーのハンマード・ブロンズ。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT関連編集

デビュー当時は普通の髪型で黒縁メガネを着用しており、おぎやはぎ矢作兼のような素朴な風貌をしていた。そのためクハラが加入した際『ミッシェルってルックス重視じゃなかったの?』と、チバがサークル仲間にツッコまれたこともあったという。ツアーで北海道に行く時は、メンバーが見るのも嫌になるほどクハラの父がをふるまう。

洗濯したてのバリバリのシーツが好きである。thee michelle gun elephant時代に出演したミュージックステーションや、2003年頃にMTVで放映された番組では「毎日バリバリのシーツを用意してくれる」という理由で、ツアー中のホテル暮らしが大好きだと発言していた。ドラム以外にもギターやトランペットの演奏ができる。アルバム『SABRINA HEAVEN』ではトランペットを録音。また、その後のツアーでもトランペットを吹く事があった。

交友関係編集

漫画家和田ラヂヲと親交がある。

参加バンド編集

※太字は現在活動中のバンド。かつて所属していたバンド等も含む。

サポート編集

※特筆のない限りドラム参加。ゲスト参加等も含む。

出演編集

ショートドラマ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 「不滅の名盤 」×「MUSIC SOUP -45r.p.m.-」 - TSUTAYA/ツタヤ
  2. ^ 経済の伝書鳩』 2010年8月7日付
  3. ^ 日々もろきゅう 夢吹き荒れる
  4. ^ ヤマジカズヒデと元筋肉少女帯の石塚伯広とのバンド
  5. ^ 鈴木淳奥野真哉とのバンド
  6. ^ 第1期、フェスティバルでのセッション

外部リンク編集