クマナCumaná (スペイン語発音: [kumaˈna]))は、ベネズエラスクレ州の都市で同州の州都。首都カラカスの東402kmに位置している。クマナはヨーロッパ人がアメリカ大陸に最初に居住した都市の一つであったが、原住民による襲撃を度々受け、その都度、再建されてきた。街はカリブ海に注ぐマンサナーレス川の河口に位置する。

クマナ
Cumana Festung anagoria.JPG
Iglesia Catedral de Cumaná, Venezuela (2).jpg
Parque Ayacucho. Cumaná, Edo. Sucre.jpg
Cumaná-0.JPG
クマナの旗
クマナの公式印章
印章
標語: 
La tierra donde nace el sol, Primogénita del continente americano
(英語):"The land where the sun rises, Firstborn of the American Continent")
クマナの位置(ベネズエラ内)
クマナ
クマナ
座標:北緯10度27分23秒 西経64度10分3秒 / 北緯10.45639度 西経64.16750度 / 10.45639; -64.16750座標: 北緯10度27分23秒 西経64度10分3秒 / 北緯10.45639度 西経64.16750度 / 10.45639; -64.16750
ベネズエラの旗 ベネズエラ
スクレ州
スクレ
建設 1510年
政府
 • 市長 ルイス・シフォンテス (PSUV)
面積
 • 合計 598 km2
標高
43 m
人口
(2016年)
 • 合計 423,546人
族称 cumanés (m), cumanesa (f)
等時帯 UTC−4 (VET)
郵便番号
6101
市外局番 0293
気候 BSh
ウェブサイト www.alcaldiabolivarianadesucre.com (スペイン語)

歴史編集

クマナはヨーロッパ人がアメリカ大陸に最初に居住した都市の一つで、1501年のフランシスコ会修道士であったが、原住民の襲撃に遭い、1569年にディエゴ・エルナンデス・デ・セルパが再建するまで、その後何度も破壊と再建が繰り返された。バルトロメ・デ・ラス・カサスは、平和的な植民計画を実行しようとしたが、1521年ゴンサーロ・デ・オカンポスペイン語版が、チリビチ (Chiribichi) にあったドミニコ会修道院の破壊の報復として、原住民に報復攻撃を行い、計画を阻まれた。1537年、ヌエバ・アンダルシーア州スペイン語版が創設され、クマナが州都となった。 先住民の襲撃が脅威で無くなった後も、街は何度も地震によって壊滅した。そのため、街で最古の一画でも、17後半から18世紀に建てられたものであり、16世紀に建てられたものは何も残っていない。

出身者編集

脚注編集

外部リンク編集