クマン人(Cumans、現地名:PolovtsiansまたはPolovtsy)[1]は、クマン・キプチャク連合の西部支部を構成したチュルク系民族である[2][3][4][5]

クマン人
Polovtsi/Polovtsy
Cumania (1200) eng.png
クマン・キプチャク連合の領域(1200年頃)
居住地域
クマニア
言語
クマン語
宗教
シャーマニズム天上神など
関連する民族
キプチャク人, ペチェネグ人, タタール人, ノガイ人, カザフ人

ペチェネグ人に近縁で[6]黒海の北、クマニアとして知られるヴォルガ川沿いの変化する地域に住み、そこからクマン・キプチャク連合がコーカサスホラズム帝国の政治に干渉した[7]。クマン人は、中世のバルカン半島に永続的な影響を及ぼしたユーラシアステップの猛烈で手ごわい遊牧民戦士であった[8][9]。多人数の集団で、文化的に洗練されており、軍事的に強力であった[10]

多くのクマン人が最終的に黒海の西に定住し、キエフ大公国ガリシア・ヴォルヒニア公国黄金の大群カナーテ、第二次ブルガリア帝国、セルビア王国、ハンガリー王国、モルダビア、グルジアビザンチン帝国ニカエア帝国ラテン帝国ワラキア等の政治に、クマン人が影響を与えた[11]。クマン人はまた、第4回十字軍と、第二次ブルガリア帝国の創設において重要な役割を果たした[7][12]。クマン族とキプチャク族が政治的に参加し、クマンとキプチャクの連合を結成した[10]

クマン語はいくつかの中世の文書で証明されており、初期のチュルク語の中で最もよく知られている[5]Codex Cumanicusは、カトリックの宣教師がクマンの人々とコミュニケーションをとるのを助けるために書かれた言語マニュアルである。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Polovtsy | Meaning of Polovtsy by Lexico”. 2020年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月25日閲覧。
  2. ^ Encyclopædia Britannica Online Cuman Archived 2015-06-14 at the Wayback Machine.
  3. ^ Robert Lee Wolff: "The 'Second Bulgarian Empire'. Its Origin and History to 1204". Speculum, Volume 24, Issue 2 (April 1949), 179. "Thereafter, the influx of Pechenegs and Cumans turned Bulgaria into a battleground between Byzantium and these Turkish tribes ..."
  4. ^ Bartusis, Mark C. (1997). The Late Byzantine Army: Arms and Society, 1204–1453. University of Pennsylvania Press. pp. 26–27. ISBN 978-0-8122-1620-2 
  5. ^ a b Spinei, Victor (2009). The Romanians and the Turkic Nomads North of the Danube Delta from the Tenth to the Mid-Thirteenth Century. Leiden: Brill. ISBN 978-9004175365. オリジナルの2016-12-07時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161207092327/https://books.google.com/books?id=2vl538CMBsAC 2015年10月19日閲覧。 
  6. ^ Cumans”. Encyclopediaofukraine.com. 2011年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月13日閲覧。
  7. ^ a b Vásáry, István (2005). Cumans and Tatars Oriental Military in the Pre-Ottoman Balkans 1185–1365. Cambridge University Press. ISBN 978-0-5218-3756-9 
  8. ^ Bartlett, W. B. (2012). The Mongols: From Genghis Khan to Tamerlane. Amberley Publishing Limited. ISBN 978-1-4456-0791-7 
  9. ^ Prawdin, Michael (1940). The Mongol Empire: Its Rise and Legacy. Transaction Publishers. pp. 212–15. ISBN 978-1-4128-2897-0. オリジナルの8 January 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160108160027/https://books.google.com/books?id=1xOTdQWlpGYC&pg=PA212 2015年6月14日閲覧。 
  10. ^ a b Nicolle, David; Shpakovsky, Victor (2001). Kalka River 1223: Genghiz Khan's Mongols Invade Russia. Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-233-3. https://books.google.com/books?id=S7TA029vF5oC 
  11. ^ Sinor, Sinor, ed (1990). The Cambridge History of Early Inner Asia, Volume 1. Cambridge University Press. ISBN 978-0-5212-4304-9 
  12. ^ Grumeza, Ion (4 August 2010). The Roots of Balkanization: Eastern Europe C.E. 500–1500. University Press of America. ISBN 978-0-7618-5135-6. オリジナルの8 January 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160108160027/https://books.google.com/books?id=DTxu6RxdecUC&pg=PA51 2015年10月19日閲覧。