クモマグサ

クモマグサ(雲間草、学名: Saxifraga merkii var. idsuroei)は、ユキノシタ科ユキノシタ属の耐寒性多年草である。

クモマグサ
御嶽山の高山帯に自生するクモマグサ
御嶽山の高山帯に自生するクモマグサ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ユキノシタ科 Saxifragaceae
: ユキノシタ属 Saxifraga
: チシマクモマグサ S. merkii
変種 : クモマグサ S. m. var. idsuroei
学名
Saxifraga merkii Fisch. var. idsuroei (Franch. et Sav.) Engl. ex Matsum. [1]
和名
クモマグサ(雲間草)

目次

分布編集

日本本州中部の北アルプス白馬岳御嶽山のみに分布する[2]。高山地帯の岩礫地や圏谷の底に自生する珍しい高山植物である。基準標本は御嶽山のもの[2]。園芸店などで扱われているものは、セイヨウクモマグサで本種とは別種である。

特徴編集

草丈は2-10 cm程度で花は直径1.3 cmほど。花弁の基部が急に細くなるところが特徴と言える。開花時期は7-8月。葉の先が浅く3列する[2]

チシマクモマグサ編集

 
チシマクモマグサ、北海道大雪山にて

チシマクモマグサ(千島雲間草、学名:Saxifraga merkii)は、クモマグサの母種。北東アジア、日本の北海道の高山帯に分布する[2]。花期は7-8月。本州のクモマグサとの違いは、葉の先が浅く3裂しないこと。

種の保全状況評価編集

長野県レッドリストの絶滅危惧IB類(EN)の指定を受けている[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “クモマグサ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 高山植物 (1989)、398頁
  3. ^ 日本のレッドデータ検索システム「クモマグサ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2013年2月2日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集