メインメニューを開く

クラウス・フォン・アムスベルク

クラウス・フォン・アムスベルクドイツ語: Claus von Amsberg, 1926年9月6日 - 2002年10月6日)は、オランダ女王ベアトリクス王配

クラウス・ファン・アムスベルフ
Claus van Amsberg
オランダ王配
Prince Claus of the Netherlands 1986.jpg
オランダ王配クラウス(1986年)
在位 1980年4月30日 - 2002年10月6日

全名
出生 (1926-09-06) 1926年9月6日
ドイツの旗 ドイツ国ハノーファー州(現ニーダーザクセン州ヒッツァッカー英語版
死去 (2002-10-06) 2002年10月6日(76歳没)
オランダの旗 オランダアムステルダム
埋葬 2002年10月15日
オランダの旗 オランダデルフト新教会英語版
配偶者 ベアトリクス
子女
家名 アムスベルク家
父親 クラウス・フェリックス・フォン・アムスベルク
母親 ゴスタ・フォン・デム・ブッシェ=ハッデンハウゼン
テンプレートを表示

人物・来歴編集

ドイツヒッツァッカー英語版に生まれる。第二次世界大戦前まで父親がタンガニーカに広大な農場を所有していたため、初等教育を当地で受けた。少年時代はヒトラーユーゲントに所属、戦時中は労働奉仕を行った。1944年には徴兵され、第90装甲擲弾兵師団に所属して、1945年3月イタリアのメラーノアメリカ軍の捕虜となった。戦後、リューネブルクハンブルクで法律を学び、外交官となる。サントドミンゴコートジボワールに赴任した。

1965年、雑誌掲載をきっかけに、オランダ王女ベアトリクスとの交際が明らかになる。戦時中ドイツ占領下にあったオランダ国民にとって、次期王位継承者と旧敵国の人間との結婚は受け入れ難いとの意見も多く、2人の結婚には多難な前途が予想された。

1966年に成婚する。式典会場となった教会周辺には反対派のデモ隊が押し寄せ、爆弾が投げ込まれる騒ぎになった。オランダ軍が警備に8,000人の兵を出動させ、ようやく式を挙行した。翌1967年に長男ウィレム=アレクサンダー(現国王)が誕生した。オランダ王室に100年ぶりに生まれた男子であった。その後、更にベアトリクスは2人の王子を出産、1969年までに夫妻は3男に恵まれた。

1980年、妻のベアトリクスは母・ユリアナ女王の譲位を受けて女王に即位した。それにともない、クラウスは「王配」と称せられる。

一時、クラウスは鬱病を発病した。ドイツ人のプリンスということで、オランダ国内に反独感情の高かった時代に、周囲から強いストレスを受けたことが一因と考えられる。しかし、病状を国民に定期的に公表し、家族への愛を率直に語り、ユーモアも心得たクラウスの言動・人柄はやがて国民に深く愛されるようになり、「女王よりも人気者」とさえ言われるほどになった。クラウスのユーモアの一例として「私の重要な仕事は、開会式のテープカットをすることです」と発言し、観衆とマスコミに大受けしたことがある。

晩年はパーキンソン病を患い、2002年に薨去した。76歳没。

子女編集

ベアトリクスとの間に3男を儲けた。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

外部リンク編集