クラウディアヌス

クラウディアヌス(Claudianus 370年頃 - 404年頃)は、メディオラヌム(ミラノ)に置かれていたローマ皇帝ホノリウスの宮廷に属し、特に将軍スティリコと関わりを持ったラテン語詩人である。作品はほとんどヘクサメトロスあるいはエレギアックカプレット詩形 (Elegiac couplet)で書かれており、ホノリウス帝への詩や、スティリコへの詩、神話叙事詩といった3つに大別される[1]

クラウディアヌス
生誕370年
アレクサンドリア
死没404年
職業詩人、著作家
代表作De raptu Proserpinae

生涯編集

クラウディアヌスはアレクサンドリアにて誕生した。クラウディアヌスは394年にローマを訪れ、二人の若いパトロンであるプロビヌスや、395年に執政官に就任したオリブリウスを讃える詩で宮廷詩人としての地位を確立した[2]。クラウディアヌス自身のパトロンだった執政官のために、多くの称賛された演説文や、スティリコの功績を称える詩、さらに東方正帝アルカディウスの宮廷にいたスティリコのライバルに向けた悪口などを書いた。

クラウディアヌスの個人的な私生活についてはほとんど知られていないが、確信的な異教徒であったと思われる。アウグスティヌスは彼を「キリストの名における敵対者」と呼び(Civitas Dei, V, 26)、パウル・オロシウスは『歴史上の異教徒への反証』(VII, 55)の中でクラウディアヌスを「頑迷な異教徒」(paganus pervicassimus)と表現している。

クラウディアヌスは政治的立場もあって十分すぎるほどの恩賞を獲得している。実際にクラウディアヌスは称号「vir illustris」の地位を授与されている。400年にローマ元老院はフォロ・ロマーノにクラウディアヌスの銅像を建立した[3]。スティリコの妻セレーナはクラウディアヌスのために金持ちの夫人を用意した[4]

クラウディアヌスの詩には404年以降のスティリコの功績を記したものがないため、学者たちはクラウディアヌスが404年に亡くなったと推測している。

詩人編集

クラウディアヌスはギリシア語を母語とするが、古代末期における最高のラテン語詩人の一人である。ラテン語詩人としてトップクラスに位置づけられることはないが、彼の文章は優雅で良質な物語を著しており、そしてまた彼のポレミックには時として比類がないほどの面白い辛辣な皮肉を展開させていくのである。この時代の文学は一般に現代の批評家たちからすれば、見かけが良く感じるような性質を持っているが、クラウディアヌスの作品にはそれがなく、彼を冷たく無感情だと感じる人もいる。

クラウディアヌスの詩は、大いに称賛する傾向がある演説によって歪曲されてはいるが、貴重な歴史的資料である。スティリコに関連する歴史詩や政治詩は、クラウディアヌスの他の作品とは別系統の写本が伝わっており、おそらくクラウディアヌスの死後、スティリコ自身によって独自の詩集として刊行された可能性がある。

彼の最も重要な非政治的作品は未完の叙事詩『De raptu Proserpinae』(プロセルピナの誘拐)である。現存する3冊の著作は、395年と397年に執筆されたと考えられている。20世紀から21世紀初頭にかけてクラウディアヌスは古代の最も人気のあるラテン語詩人の一人ではなかったが、叙事詩『De raptu』は何世紀にもわたって絵画や詩に影響を与えたという[5]

作品編集

  • Panegyricus dictus Probino et Olybrio consulibus
  • De raptu Proserpinae (未完の叙事詩、3冊のみ完成)
  • In Rufinum ("ルフィヌスに抗して")
  • De Bello Gildonico ("ギルドの反乱について")
  • In Eutropium ("エウトロピウスへの反駁")
  • Fescennina / Epithalamium de Nuptiis Honorii Augusti
  • Panegyricus de Tertio Consulatu Honorii Augusti
  • Panegyricus de Quarto Consulatu Honorii Augusti
  • Panegyricus de Consulatu Flavii Manlii Theodori
  • De Consulatu Stilichonis
  • Panegyricus de Sexto Consulatu Honorii Augusti
  • De Bello Gothico (402年-403年の"ゴート族の戦争について")
  • Gigantomachy
  • Epigrams
  • 小詩集: Phoenix, Epithalamium Palladio et Celerinae; de Magnete; de Crystallo cui aqua inerat

編集版と翻訳版編集

  • Hall, J.B.. Claudian, De raptu Proserpinae (Cambridge University Press, 1969).
  • Dewar, Michael, editor and translator. Claudian Panegyricus de Sexto Consulatu Honorii Augusti (Oxford Clarendon Press, 1996).
  • Slavitt, David R., translator. Broken Columns: Two Roman Epic Fragments: The Achilleid of Publius Papinius Statius and The Rape of Proserpine of Claudius Claudianus, with an Afterword by David Konstan (Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 1997).
  • Gruzelier, Claire, editor (translation, introduction, commentary). Claudian, De raptu Proserpinae (Oxford Clarendon Press, 1997).
  • Baier, Thomas and Anne Friedrich, Claudianus. Der Raub der Proserpina, edition, translation and commentary (Darmstadt: WBG (Wissenschaftliche Buchgesellschaft), 2009), Edition Antike.
  • English verse translations of Claudian online:

脚注編集

  1. ^ Gian Biagio Conte, Latin Literature: A History (Johns Hopkins University Press, 1994, originally published 1987 in Italian), p. 658.
  2. ^ Roberts, Michael. “Rome Personified, Rome Epitomized: Representations of Rome in the Poetry of the Early Fifth Century.” The American Journal of Philology, vol. 122, no. 4, 2001, p. 533.
  3. ^ Conte, Latin Literature, p. 658.
  4. ^ Barnes, Michael H. (2009). “Claudian”. In Foley, John Miles. A Companion to Ancient Epic. Wiley-Blackwell. pp. 541. ISBN 978-1405188388 
  5. ^ Andrew D. Radford, The Lost Girls: Demeter-Persephone and the Literary Imagination, 1850–1930 (Editions Rodopi, 2007), p. 22 et passim.

関連文献編集

  • Barnes, Michael H. 2005. "Claudian." In A Companion to Ancient Epic. Edited by John Miles Foley, 539–549. Oxford: Blackwell.
  • Cameron, A. 1970. Claudian. Poetry and Propaganda at the Court of Honorius. Oxford: Oxford University Press.
  • Cameron, A. 2015. Wandering Poets and Other Essays on Late Greek Literature and Philosophy. New York: Oxford Univ. Press.
  • Christiansen, P. G. 1997. "Claudian: A Greek or a Latin?" Scholia 6:79–95.
  • Ehlers, Widu-Wolfgang, editor. 2004. Aetas Claudianea. Eine Tagung an der Freien Universität Berlin vom 28. bis 30. Juni 2002 München/Leipzig: K.G. Saur.
  • Fletcher, David T. “Whatever Happened to Claudius Claudianus? A Pedagogical Proposition.” The Classical Journal, vol. 104, no. 3, 2009, pp. 259–273.
  • Gruzelier, C. E. “Temporal and Timeless in Claudian's 'De Raptu Proserpinae'.” Greece & Rome, vol. 35, no. 1, 1988, pp. 56–72.
  • Guipponi-Gineste, Marie-France. 2010. Claudien: poète du monde à la cour d'Occident. Collections de l'Université de Strasbourg. Études d'archéologie et d'histoire ancienne. Paris: De Boccard.
  • Long, J. 1996. "Juvenal Renewed in Claudian's "In Eutropium"." International Journal of the Classical Tradition 2.3: 321-335.
  • Luck, Georg. 1979. "Disiecta Membra: On the Arrangement of Claudian’s Carmina Minora." Illinois Classical Studies 4: 200–213.
  • Martiz, J.A. 2000. "The Classical Image of Africa: The Evidence from Claudian." Acta Classica 43: 81-99.
  • Miller, P.A. 2004. Subjecting Verses: Latin Love Elegy and the Emergence of the Real. Princeton: Princeton University Press.
  • Mulligan, B. 2007. "The Poet from Egypt? Reconsidering Claudian's Eastern Origin." Philologus 151.2: 285–310.
  • Parkes, Ruth. 2015. "Love or War? Erotic and Martial Poetics in Claudian's De Raptu Proserpinae." The Classical Journal 110.4: 471-492.
  • Ratti, S. 2008. "Une lecture religieuse des invectives de Claudien est-elle possible?" AnTard 16: 177–86.
  • Roberts, Michael. “Rome Personified, Rome Epitomized: Representations of Rome in the Poetry of the Early Fifth Century.” The American Journal of Philology, vol. 122, no. 4, 2001, pp. 533–565.
  • Wasdin, Katherine. 2014. "Honorius Triumphant: Poetry and Politics in Claudian's Wedding Poems." Classical Philology 109.1: 48-65.
  • Ware, Catherine. 2012. Claudian and the Roman Epic Tradition. Cambridge, UK: Cambridge Univ. Press.
  • Wheeler, Stephen M. 1995. "The Underworld Opening of Claudian’s De Raptu Proserpinae." Transactions of the American Philological Association 125:113–134.

外部リンク編集