クラウディオ・ビジオ

クラウディオ・ビジオ(Claudio Bisio イタリア語発音: [ˈklaudjo ˈbiːzjo]1957年3月19日 - )は、イタリア俳優声優司会者脚本家歌手クラウディオ・ビシオとも表記される。

クラウディオ・ビジオ
Claudio Bisio
Claudio Bisio
2019年撮影
生年月日 (1957-03-19) 1957年3月19日(64歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア ノーヴィ・リーグレ
出身地 イタリアの旗 イタリア ミラノ
身長 177 cm[1]
職業 俳優、声優、司会者、脚本家、歌手
ジャンル 映画、テレビ、舞台
活動期間 1983年 -
配偶者 サンドラ・ボンツィ(2003年 - )
テンプレートを表示

略歴 編集

イタリア北西部ノーヴィ・リーグレで生まれ、ミラノで育ち、ピッコロ・シアターイタリア語版で演技を学んだのち、1983年に『Sogno di una notte d'estate』で映画デビューする[1]

舞台を中心にコメディアンとして活動した後、TVにも徐々に活動の幅を広げ、人気を高める。

1991年にはアカデミー外国語映画賞受賞作『エーゲ海の天使』に出演し、その後も数々の映画に出演する傍ら、脚本家や歌手など多くの才能を発揮している。

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1985 戦争の狂人
Scemo de guerra
ピンタス 
1991 エーゲ海の天使
Mediterraneo
コッラード・ノヴェンタ 1991年アカデミー外国語映画賞受賞作
1997 ニルヴァーナ
Nirvana
コルヴォ・ロッソ(赤いカラス)
遙かなる帰郷
La tregua
フェラーリ
2002 アイス・エイジ
Ice Age
シド  イタリア語版吹替
2006 アイス・エイジ2
Ice Age: The Meltdown
シド  イタリア語版吹替
2007 モニカ・ベルッチの 恋愛マニュアル
Manuale d'amore 2 (Capitoli successivi)
DJフルヴィオ
2008 人生、ここにあり!
Si può fare
ネッロ
2009 恋するローマ、元カレ・元カノ
Ex
セルジオ  イタリア映画祭2010での上映タイトルは『元カノ/カレ
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ助演男優賞ノミネート
ナストロ・ダルジェント助演男優賞イタリア語版ノミネート
2013 ようこそ、大統領!
Benvenuto Presidente!
ペッピーノ・ガリバルディ イタリア映画祭2014にて上映

出典編集

  1. ^ a b Claudio Bisio biografia” (イタリア語). Comingsoon.it. 2019年5月31日閲覧。

外部リンク編集