クラウンガスライター

株式会社クラウンガスライターCrown Gas Lighter)は、かつて日本に実在したライター製造会社である。法人としては、後の廣済堂の前身にあたる。

歴史・概要編集

戦後初期の頃、市川産業株式会社(いちかわさんぎょう)として東京都で発足し、後に社名を株式会社クラウンガスライターに変更。電子ライターや100円ライターで大きなシェアを誇った。

1976年10月、太平洋クラブに代わって福岡野球が運営するプロ野球チームの命名権を買収。冠スポンサーとなり、クラウンライター・ライオンズ(略称:クラウン)を名乗っていた。

1978年6月に同社を存続会社とする形で関連会社の関東クラウン工業株式会社と廣済堂印刷株式会社を合併し、廣済堂クラウン株式会社へ社名変更[1]1981年4月に株式会社廣済堂へ社名変更[1]、「クラウン」の名は消滅した。

備考編集

スポンサーを務めた福岡野球は、廣済堂クラウンとなって約4ヶ月後の1978年10月に西武グループ西武鉄道グループ国土計画へ買収され、西武ライオンズとなっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 株式会社廣済堂の有価証券報告書有報リーダーより(2009年4月1日 - 2010年3月31日期)。