メインメニューを開く

クラウン製菓(クラウンせいか)は、大韓民国菓子メーカー。

株式会社 クラウン製菓
Crown Confectionery Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 KSE 264900
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
ソウル特別市龍山区漢江大路72キル3(南営洞)
設立 1968年 9月18日(最初の設立)
2017年 3月2日(新クラウン製菓創立)
業種 飲食料業
事業内容 ココア製品と菓子類の製造
代表者 尹泳達(会長)
資本金 529億ウォン
売上高 3,442億9,278万ウォン
主要株主 尹泳達と特殊関係人:49.13%
国民年金公団:7.38%
ピングレ:5.12%
外部リンク クラウン製菓 ホームページ
テンプレートを表示

概要編集

韓国内屈指の菓子メーカーで、ロッテに次ぐ第二グループを形成する企業の一つ。2005年に業績が悪化していたヘテ製菓を買収、支配下に納めつつ競争力を維持するために別ブランドで商品展開を行ってきた。

製品の特徴編集

多様な製品群が存在するが、中には日本で既に商品化されているものに似た商品が存在することも特徴。また、チューイングソフトキャンディ、ハイチュウをベンチマークにしたマイチュウは裁判沙汰にもなった。なお、傘下に収めたヘテ製菓も大塚製薬カロリーメイトに類似した「カロリーバランス」「カロリープラス」「カロリーエイド」を発売していることで知られる。

ロッテとの確執編集

2001年、日本のクレヨンしんちゃんキャラクターを使用したスナック菓子「モンマリヌン・しんちゃん(和訳:やんちゃなしんちゃん)」を発売。以降7年間、広告代理店を介してキャラクターの使用料を支払いつつ製造が続けられてきたが、2007年2月に使用料の契約交渉が決裂、より高額な使用料を提示したロッテにキャラクターの使用権利が移動した。ところが権利を得たロッテは、クラウン製菓時代の名称、パッケージとよく似た商品を発売したためクラウン製菓側が反発、2008年6月に、登録商標をロッテが無断で盗用したとして、商標使用禁止の仮処分を求める訴訟をソウル中央地方法院に提起した[1]

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集