クラッグ・ヨルゲンセン・ライフル

クラッグ・ヨルゲンセン・ライフルKrag–Jørgensen)は、19世紀後期にノルウェーオーレ・ハルマン・クラッグノルウェー語版エリック・ヨルゲンセンノルウェー語版によって開発されたボルトアクションライフルである。アメリカ軍ノルウェー軍デンマーク軍で制式採用された。

クラッグ・ヨルゲンセン・ライフル
Gevär försöksmodell 1892 Krag-Jörgensen Norge - Armémuseum.jpg
M1892クラッグ・ヨルゲンセン小銃試作型
クラッグ・ヨルゲンセン・ライフル
種類 軍用小銃
製造国 スウェーデン=ノルウェー
年代 19世紀終わり
仕様
種別 ボルトアクションライフ
口径 .30
銃身長 520mm/20.5インチ
832mm/32.78インチ
使用弾薬 8x58mmR デニッシュ・クラグ弾英語版
.30-40クラグ弾
6.5x55mm スウェディッシュ弾英語版
装弾数 5発
作動方式 ボルトアクション方式
全長 986mm / 38.8インチ
1328 mm / 52.28インチ
重量 3375g / 7.5 lb
5157g / 11.46 lb
銃口初速 580m/秒 (1900 ft/s)
有効射程 900m (3,000 ft)
歴史 
設計年 1886年
配備期間 1886年~1945年
配備先 ノルウェー軍
デンマーク軍
アメリカ軍
関連戦争・紛争 米西戦争
米比戦争
バリエーション Danish Krags:
Rifle 1889
Carbine 1889
Sniper Rifle 1928
US Krags:
M1892 Rifle
M1892 Carbine
M1896 Rifle
M1896 Cadet Rifle
M1896 Carbine
M1898 Rifle
M1898 Carbine
M1899 Carbine
M1899 Constable Carbine
Norwegian Krags:
M1894 Rifle
M1895 Carbine
M1897 Carbine
M1904 Carbine
M1907 Carbine
M1906 Boy's Carbine
M1912 Short Rifle
M1923 Sniper Rifle
M1925 Sniper Rifle
M1930 Sniper Rifle
製造数 700,000挺以上
テンプレートを表示

概要編集

 
図の様に銃の右側面から弾を込める構造をしていた。

ノルウェー軍ではM1894小銃として制式採用され、デンマーク軍ではM1889小銃デンマーク語版として制式採用された。

アメリカ編集

アメリカではスプリングフィールドM1892として国産化された。アメリカ軍で初めて無煙火薬の使用を前提としたライフルであり、弾薬には.30-40クラグ弾が使用された。弾薬は銃の右側面にある大型ハッチを開け、装弾クリップを使わずに一発ずつ装填される。ボルトを閉鎖した状態でも容易に弾薬を装填あるいは除去できる反面、一発ずつの装填には手間がかかった。またボルトのリコイルラグが1個だけだったため、強装弾の使用には制約があった。米西戦争でスペイン軍が装備したマウザーM1893小銃(スパニッシュ・マウザー)に比べて上記の問題点が浮かび上がり、10年余りで再度、制式採用ライフルを選定することになりスプリングフィールドM1903小銃へ更新されて行った。

登場作品編集

ゲーム編集

バトルフィールドV
「Krag-Jørgensen」の名称で登場。

外部リンク編集

関連項目編集