クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー

クラッシュ・バンディクーシリーズ > クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー

クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー』(クラッシュバンディクーフォー さくれつ!まじんパワー、Crash Bandicoot: The Wrath of Cortex)は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が発売したプレイステーション2Xboxニンテンドーゲームキューブ用のアクションゲームクラッシュ・バンディクーシリーズの第4作。

クラッシュ・バンディクー4
さくれつ!魔神パワー
Crash Bandicoot: The Wrath of Cortex
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation 2[PS2]
Xbox
ニンテンドーゲームキューブ[GC]
開発元 トラベラーズテイルズ
発売元 コナミ
人数 1人
メディア [PS2]CD-ROM
[Xbox]DVD-ROM
[GC]8cm光ディスク
発売日 [PS2] 2001年12月20日
[PS2(Best)] 2002年10月17日
[Xbox] 2002年10月24日
[GC] 2003年12月4日
[Xbox 360] 2006年7月30日
[PS4] 2016年8月29日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
テンプレートを表示

2020年10月2日発売予定の『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』と区別するため、本作を『旧4』、『とんでもマルチバース』を『新4』と便宜上区別する。

概要編集

クラッシュ・バンディクーシリーズのメインタイトルの4作目。ユニバーサル インタラクティブ スタジオ制作、コナミ発売、ゲーム開発はトラベラーズテイルズが行った。なおクラッシュ・バンディクーシリーズはもともとソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント)から発売されていたが、本作から発売の版権がコナミに移っている。

始めは2001年12月20日PlayStation 2用として発売されたが、翌2002年10月24日Xbox版が、さらに翌年の2003年12月4日にはニンテンドーゲームキューブ版も発売され、結果として3種類の機種での発売となった。

本作からハードウェアがPlayStation 2を始めとした、いわゆる第6世代に移ったことから、グラフィックが格段に向上した。一方で、以前の作品に比べロード時間が長いことがしばしば批判の対象となっている。

ストーリー編集

悪の科学者ネオ・コルテックスは、これまで幾度世界征服を企んでは、そのたびにクラッシュに阻止され続けてきた。失敗を重ねてきたコルテックスは、世界征服の前にまずクラッシュを葬ることを計画する。その為の会議の最中にエヌ・トロピーが、ネオ・コルテックスが最近研究室に籠っている理由を問いただす。それによるとコルテックスは研究の末、クラッシュを倒すための秘密兵器として、スーパーバンディクーであるクランチを作ったが、まだ未完成の状態であり、完成にはエネルギーが足りないという。それを聞いたウカウカは、4人の魔神を復活させ、エネルギー不足を補う作戦を実行。魔神復活により天変地異が起こり、魔神復活を知ったクラッシュは魔神達を倒すべく、新たな冒険へ旅立った。

ゲームシステム編集

  • システム部分は前作『クラッシュ・バンディクー3』を完全に引き継いでいる。ワープルームと呼ばれる部屋からステージを選択する形式である。ワープルームは5つの部屋に分かれており、1つの部屋につき5つのステージへ行けるようになっている。5ステージ全てをクリアするとその部屋のボスステージに挑戦できるようになり、ボスを倒せば次の部屋へ行けるようになる。
  • 各ステージのゴールにたどり着けば「パワーストーン」を入手できる。これを集めていくのが醍醐味である。またステージ内に置かれている全ての箱を壊しゴールすればダイヤが手に入るシステムも従来同様。
  • ステージは、クラッシュを進ませる従来の奥スクロール型のものから、CRカプセルやCRサブマリンなどの乗り物専用のものなど、多くの種類がある。
  • 新アクションとして「ソロソロあるき」を追加。前作で習得した新アクションは最初は使用できず、ボス戦をクリアしなければならない。なお、スーパーボディプレスはある条件を満たさないと使用できない。
  • 前作では乗り物ステージでしか使用できなかったココはアクションステージでもプレイヤーキャラとして使用できるようになった。ただし、前作と同様に特定のステージでしか使用できない。
  • 前作まで、カラーダイヤの入手方法は多様であったが本作では全てドクロの足場に乗ってドクロコースをクリアすると入手できる方式となった。前作までと違い、ドクロコースやカラーダイヤコース専用のBGMはない。
  • 本作ではアイテムが入った箱は全て自動習得である。また、アクアク箱はニトロ箱のように跳ねるようになっている。本作での?箱は基本的に中身は全てリンゴのみである(一部1UPあり)。

登場キャラクター編集

  • クラッシュ・バンディクー(声:山口勝平
  • ココ・バンディクー(声:小暮英麻
  • アクアク(声:緒方賢一
  • ネオ・コルテックス(声:飯塚昭三
  • クランチ・バンディクー(声:岸祐二
  • ウカウカ(声:大友龍三郎
  • エヌ・ジン(声:中多和宏
  • エヌ・トロピー(声:池田勝
  • タイニータイガー(声:台詞無し)
  • ディンゴダイル(声:台詞無し)
  • 地の魔神 ロッコ(声:くわはら利晃
  • 水の魔神 ワーワ(声:山口勝平)
  • 炎の魔神 パイロ(声:清水敏孝
  • 風の魔神 ローロ(声:池田勝)

乗り物編集

クラッシュ専用
  • CR(クラッシュ)パタフライ
奥スクロールの空中ステージで登場。ミサイルを発射できる。
  • CRジャイロ
プロペラが付いている浮遊機械で、装備すると空中移動ができるようになる。『クラッシュ・バンディクー2』で登場した「ジェットパック」に近いものと言える。
  • CRサブマリン
小型の潜水艦。水中ステージでのみ登場。魚雷発射機能などを備える。
  • CRバギー
1人乗り用のバギー。左右操作とスピードアップのみコントロールできる。
  • CRローダー
クラッシュが乗り込める操縦型の小型ロボット。ジャンプなどの基本アクションが繰り出せるほか、右腕にリンゴバズーカが搭載されている
  • CRカプセル
クラッシュが中に入れるほどの大きさのカプセル。専用のステージでのみ登場し、クラッシュが中に入った状態でゴロゴロ転がりながら進んでいく。基本的に攻撃を受けてもはじかれるだけでダメージは受けないが、足場から転落するとミス。
ココ専用
  • CC(ココ)ローラー
ピンク色を基調としたキックスクーター。津波から逃げるイベントで使用する。
  • CCボード
ココ愛用のスノーボード。こちらは雪崩から逃げるイベントで使用。
クラッシュ/ココ共用
  • CRグライダー/CCファイター
長い翼をもったグライダー。上昇、下降、旋回など自由自在に動かせることが特徴。

ステージ編集

関連項目編集

外部リンク編集

その他公式サイト