クラリオン (競走馬)

クラリオン(Clarion) はフランス生まれの競走馬及び種牡馬である。

クラリオン
欧字表記 Clarion
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1944年
Djebel
Columba
生国 フランスの旗 フランス
馬主 Ralph B. Strassburger
競走成績
生涯成績 26戦10勝
テンプレートを表示

2歳時にグランクリテリウムなどに勝ち、1946年のフランス2歳チャンピオンに輝いた。

父は名馬産家マルセル・ブサックの代表的な生産馬で1940年の2000ギニー、1942年の凱旋門賞などを制したジェベル(Djebel)である。 ジェベル産駒の活躍馬にはブサックによる生産馬が多かったなかで、クラリオンはブサックによる生産馬ではないが直系子孫にリュティエ(Luthier)アホヌーラ(Ahonoora)などがおり、ブサック没落後も彼の生んだ名馬トウルビヨン(Tourbillon)の血を父系として後世に伝えている。

経歴編集

2歳時の1946年には、スカラムーシュ賞、ヴァルドール賞、 マロ賞、ブラントーム賞及びグランクリテリウムに優勝し、フランス2歳チャンピオンに輝いた。 この年は一度だけ競走中止で敗れているが、それは体調不良の影響で十分に調教ができなかったことが原因だと考えられている。

3歳時には、カルヴァドス賞、クインシー賞及びコンテッシーナ賞に優勝、リュパン賞3着の成績を残した。また、イギリス遠征も行っており、ライムキルンステークス2着、ディデムステークス3着の成績を残した。なお、イギリスにおいてはそれ以前に同名の競走馬がいたことから、"Clarion III"と表記された。

4歳時にもコンテッシーナ賞連覇、ロンポワン賞優勝、リンカシャーハンデキャップ 、ジュライカップ、カヴァリエーレステークス、フォレ賞及びセーネワーズ賞で2着、ウォーキンガムステークスで3着して、通算成績26戦10勝で引退した。

主な産駒編集

母の父として編集

血統表編集

クラリオン血統トウルビヨン系Gay Crusader S3×M3、St. SimonM5×M5) (血統表の出典)

Djebel
1937 鹿毛
父の父
Tourbillon
1928 鹿毛
Ksar Bruleur
Kizil Kourgan
Durban Durbar
Banshee
父の母
Loika
1926
Gay Crusader Bayardo
Gay Laura
Coeur a Coeur Teddy
Ballantrae

Columba
1930 黒鹿毛
Colorado
1923 黒鹿毛
Phalaris Polymelus
Bromus
Canyon Chaucer
Glasalt
母の母
Gay Bird
1923 黒鹿毛
Gay Crusader Bayardo
Gay Laura
Popinjay St. Frusquin
Chelandry F-No.1-n


外部リンク編集