クラレンドン伯爵

クラレンドン伯爵Earl of Clarendon)は、イギリス伯爵位。

クラレンドン伯爵(第2期)
Coronet of a British Earl.svg
Clarendon escutcheon.png

紋章記述

Arms:Argent on a Cross Gules five Escallop Shells Or Crest:A Lion rampant Argent ducally crowned Or Supporters:On either side an Eagle wings endorsed Sable ducally crowned Or charged on the breast with a Plain Cross Argent
創設時期 1776年6月14日
創設者 ジョージ3世
貴族 グレートブリテン貴族
初代 初代伯トマス・ヴィリアーズ
現所有者 8代伯ジョージ・ヴィリアーズ
相続人 エドワード・ヴィリアーズ
付随称号 ハイド男爵
現況 存続
邸宅 ホリウェル・ハウス
紋章標語 Fidei Coticula Crux
(The cross, the test of faith)

過去に2回創設されており、第1期はエドワード・ハイドが1661年にイングランド貴族爵位として叙されたのに始まるが、4代で絶家した。現存する2期目はトマス・ヴィリアーズ1776年グレートブリテン貴族として叙されたのに始まる。

歴史編集

ハイド家編集

 
初代クラレンドン伯(第1期)エドワード・ハイド

エドワード・ハイド(1609-1674)ピューリタン革命の際に立憲王党派として行動して共和政期にはチャールズ2世の亡命宮廷に仕え、1660年王政復古後にチャールズ2世の宰相となり、1667年の失脚まで国政を主導した[1]。彼の娘アン・ハイドジェームズ2世の最初の妻であり、後の女王メアリー2世アンの母である[2]

エドワード・ハイドは王政復古まもない1660年11月3日イングランド貴族爵位「ウィルトシャー州におけるヒンドンの初代ハイド男爵(Baron Hyde, of Hindon in the County of Wiltshire)」に叙され、ついで1661年4月20日にイングランド貴族爵位クラレンドン伯爵と「オックスフォード州におけるコーンベリー子爵(Viscount Cornbury in the County of Oxford)」に叙せられた[2][3]

初代伯の長男第2代クラレンドン伯ヘンリー・ハイド英語版(1638-1709)とその一人息子の3代クラレンドン伯エドワード・ハイド英語版(1661-1723)は、ともに襲爵前にトーリー党庶民院議員を務めた[2][4][5]

3代伯が死去した際、生存している男子がなかったため、クラレンドン伯爵位は初代伯にさかのぼっての分流である第2代ロチェスター伯爵ヘンリー・ハイド(1672-1753)(初代伯の次男ロチェスター伯爵英語版ローレンス・ハイド(1642-1711)の子)に継承された。しかし彼が死去した際にも生存している男子はなく、彼の死去をもって継承者は絶え、爵位は廃絶した[2][6]

ヴィリアーズ家編集

第2代ジャージー伯爵ウィリアム・ヴィリアーズ(1682-1721)の次男であり、第4代クラレンドン伯(第1期)ヘンリー・ハイドの孫娘の夫にあたるトマス・ヴィリアーズ(1709-1786)は、外交官としてザクセン公使(在職1740-1747)、ウィーン公使(在職1742-1743)、ベルリン公使(在職1746-1748)などを歴任した後、ホイッグ党の政治家として政界で活躍し、郵政長官英語版(在職1763-1765、1786)やランカスター公領大臣(在職1771-1782、1783-1786)などの閣僚職を務めた。1756年6月3日グレートブリテン貴族爵位「ウィルトシャー州におけるヒンドンのハイド男爵(Baron Hyde, of Hindon in the County of Wiltshire)」、1776年6月14日にグレートブリテン貴族爵位クラレンドン伯爵に叙せられた。これが二期目のクラレンドン伯爵位の創設である[7][8]

その孫である4代クラレンドン伯ジョージ・ヴィリアーズ(1800-1870)もホイッグ党・自由党の政治家として政界で活躍し、外務大臣(在職1853-1858、1865-1866、1868-1870)などの閣僚職を歴任した[7][9]

2016年現在の当主は8代クラレンドン伯ジョージ・ヴィリアーズ(1976-)である[7]

一家の屋敷はハンプシャースワンモア英語版のホリウェル・ハウス(Holywell House)である[7]

現当主の保有爵位編集

現当主8代クラレンドン伯ジョージ・ヴィリアーズは以下の爵位を保持している[7]

  • 第8代クラレンドン伯爵 (8th Earl of Clarendon)
(1776年6月14日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ウィルトシャー州におけるヒンドンの第8代ハイド男爵 (8th Baron Hyde, of Hindon in the County of Wiltshire)
(1756年6月3日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位) ※法定推定相続人儀礼称号

一覧編集

クラレンドン伯爵 第1期(1661年創設)編集

クラレンドン伯爵 第2期(1776年創設)編集

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
初代クラレンドン伯
エドワード・ハイド

(1609-1674)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド国王
ジェイムズ2世

(1633-1701)
 
アン・ハイド
(1637-1671)
 
2代クラレンドン伯
ヘンリー・ハイド
英語版

(1638-1709)
 
初代ロチェスター伯
ローレンス・ハイド

(1642-1711)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イングランド女王
メアリー2世

(1662-1694)
 
イギリス女王
アン

(1665-1714)
 
3代クラレンドン伯
エドワード・ハイド
英語版

(1661-1723)
 
2代ロチェスター伯
4代クラレンドン伯
ヘンリー・ハイド

(1672-1753)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代ジャージー伯
ウィリアム・ヴィリアーズ

(-1721)
 
3代エセックス伯
ウィリアム・カペル

(1697-1743)
 
ジェーン
(-1724)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代ジャージー伯
ウィリアム・ヴィリアーズ

(-1769)
 
初代クラレンドン伯爵
トマス・ヴィリアーズ

(1709-1786)
 
 
 
シャーロット
(-1790)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャージー伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代クラレンドン伯
トマス・ヴィリアーズ
英語版

(1753–1824)
 
3代クラレンドン伯
ジョン・ヴィリアーズ
英語版

(1757–1838)
 
ジョージ・ヴィリアーズ英語版
(1759–1827)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代クラレンドン伯
ジョージ・ヴィリアーズ

(1800–1870)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代クラレンドン伯
エドワード・ヴィリアーズ
英語版

(1846–1914)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代クラレンドン伯
ジョージ・ヴィリアーズ
英語版

(1877–1955)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代クラレンドン伯
ローレンス・ヴィリアーズ
英語版

(1933–2009)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代クラレンドン伯
ジョージ・ヴィリアーズ

(1976-)
 

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 148.
  2. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Clarendon, Earl of (E, 1661 - 1753)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Edward Hyde, 1st Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Henry Hyde, 2nd Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Edward Hyde, 3rd Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Henry Hyde, 4th Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  7. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Clarendon, Earl of (GB, 1776)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月11日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Villiers, 1st Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “George William Villiers, 4th Earl of Clarendon” (英語). thepeerage.com. 2016年1月11日閲覧。

参考文献編集

  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478

関連項目編集