メインメニューを開く

クラーケン海

土星の衛星タイタンの湖

クラーケン海(クラーケンかい、Kraken Mare)は、土星衛星タイタン北極に存在する液体。タイタンで2016年現在発見されている最大の湖である。

クラーケン海
Kraken Mare
クラーケン海
クラーケン海の合成開口レーダー画像。
海の中央上方に位置するメイダ島、左上はチンポー湖、右上はリゲイア海の一部
種類
天体 タイタン タイタン
場所 北極付近
座標 北緯68度 西経310度 / 北緯68度 西経310度 / 68; -310座標: 北緯68度 西経310度 / 北緯68度 西経310度 / 68; -310
全長 約 1,170 km
深度 約 160 m
表面積 約 400,000 km²
発見者 カッシーニ
名の由来 北欧の怪物クラーケン

発見編集

2007年に土星探査機カッシーニによって発見され[1]2008年にクラーケン海と名づけられた。名前は北欧伝承に登場する海の怪物クラーケンに由来する。

地形編集

 
クラーケン海の北部とメイダ島

クラーケン海は全長約1,170km、面積約400,000km²の広大な液体の湖で[2]、タイタンの北極地域では最大の湖だと考えられている[1]。湖の最大深さは160mほどであり、1.5cmと浅い表面張力波英語版 が秒速0.7mで動くのが観測されている[3]。レーダー観測から、湖の主成分は炭化水素(主に液体メタン)であることが判明している。地球カスピ海よりも大きいと見積もられている。

クラーケン海の北端には、湖で最大の島であるメイダ島が位置する。クラーケン海は、タイタン北極地域第2の湖リゲイア海水文学的に繋がっている可能性がある。[4] 北部中央にはベイタ海峡を挟んでビミニ島ポンライ島がある。

クラーケン海の北緯67度西経317度の地点には、幅約17kmと地球のジブラルタル海峡に近いサイズの細い海峡がある。通称「クラーケンの喉」正式にはセルダン海峡と命名されたこの海峡は[5]、クラーケン海の海流にとって重要な場所だと考えられている[6]。タイタンの軌道離心率はクラーケン海に1mほどの潮汐を引き起こしている可能性があり、生み出された流れはこの水域で秒速0.5mに達し、渦を巻いているかもしれない[4]

探査編集

2016年現在提案されているタイタン・サターン・システム・ミッションでは、探査機をクラーケン海に着水させ、その組成に水深、その他多くの情報を観測する計画もある。

画像編集

脚注編集

  1. ^ a b Titan: Kraken Mare
  2. ^ Titan's Northern Polar Clouds”. NASA JPL (2011年3月17日). 2016年1月23日閲覧。
  3. ^ Hand, Eric (2014年12月16日). “Spacecraft spots probable waves on Titan’s seas”. Science. http://news.sciencemag.org/space/2014/12/spacecraft-spots-probable-waves-titan-s-seas 2015年1月14日閲覧。 
  4. ^ a b Lorenz, R. D. (2014). “The Throat of Kraken : Tidal Dissipation and Mixing Timescales in Titan’s Largest Sea”. 45th Lunar and Planetary Science Conference (2014). The Woodlands, Texas. pp. 1476. http://www.hou.usra.edu/meetings/lpsc2014/pdf/1476.pdf 2014年6月9日閲覧。 
  5. ^ Seldon Fretum”. USGS planetary nomenclature page. USGS. 2015年5月23日閲覧。
  6. ^ Rincon, P. (2014年3月18日). “'Waves' detected on Titan moon’s lakes”. BBC web site. BBC. 2014年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集