クリスタプス・ポルジンギス

ラトビアのバスケットボール選手 (1995 - )

クリスタプス・ポルジンギス (Kristaps Porzingis ラトビア語Kristaps PorziņģisIPA: ['kris.taps 'pʊ͡ɔr.ziɲ.ɟis]; 1995年8月2日 - )は、ラトビアリエパーヤ出身のプロバスケットボール選手。身長221cm 体重109kg。ポジションはフォワードセンターNBAダラス・マーベリックスに所属している。愛称はユニコーン

クリスタプス・ポルジンギス
Kristaps Porzingis
Kristaps Porzingis floater (cropped).jpg
ダラス・マーベリックスでのポルジンギス
(2020年)
ダラス・マーベリックス  No.6
ポジション PF/C
シュート
基本情報
愛称 KP6
The Unicorn
ラトビア語 Kristaps Porziņģis
国籍  ラトビア
出身地 Flag of Liepāja.svg リエパーヤ
生年月日 (1995-08-02) 1995年8月2日(26歳)
身長 221cm (7 ft 3 in)
体重 109kg (240 lb)
ウィングスパン 230cm  (7 ft 7 in)
シューズ アディダス [1]
キャリア情報
出身 レアル・ベティス・バロンセスト
NBAドラフト 2015年 / 1巡目 / 全体4位
NBADraft.net  /  DraftExpress
プロ選手期間 2011–現在
所属経歴
2011-2015レアル・ベティス・バロンセスト
2015-2019ニューヨーク・ニックス
2019-ダラス・マーベリックス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ ラトビアの旗 ラトビア U-18 2013
ラトビアの旗 ラトビア 2015-

来歴編集

CBセビリア編集

6歳の時に地元リエパーヤのクラブチームのユースチームに入団したポルジンギスは、2011年にスペインに渡り、リーガACBCBセビリアと契約[2]。2011-12シーズンはBチームで過ごした後、2012-13シーズンよりトップチームに所属。レベルの高いリーガACBの中でも有望株として注目されたポルジンギスは、2014年のNBAドラフトにエントリーする予定だったが回避[3]。2014-15シーズンはユーロカップでも活躍し、ライジングスター賞を受賞するなどした。

ニューヨーク・ニックス編集

 
2015年のポルジンギス

自信を付けて改めて2015年のNBAドラフトにエントリーを表明[4]。全体4位という高い評価を得てニューヨーク・ニックスから指名された[5][6]。なおドラフト会場に居たニックスファンからは昨シーズンの低迷もあり即戦力となる選手を期待していただけに全米では無名に近かったポルジンギスの指名が決まった直後ファンからブーイングが巻き起こった[7]。更に同チームのエースであるカーメロ・アンソニーもポルジンギスの指名を疑問視する発言をした[8]。1年目の2015-16シーズン開幕戦のミルウォーキー・バックス戦で16得点5リバウンドでNBAデビュー[9]。11月17日のシャーロット・ホーネッツ戦では、自己最高の29得点を記録した[10]。その後もドラフト時の評価を覆す活躍で、このシーズンは72試合に平均28.4分の出場で、14.3得点・7.3リバウンド・1.3アシスト・0.7スティール・1.9ブロックなどを記録し、NBAオールルーキーチームの1stチームに選出された(新人王カール=アンソニー・タウンズ[11]

2016-17シーズンの2016年11月16日に行われたデトロイト・ピストンズ戦で35得点を記録、試合はニックスが105-102で勝利した[12]。12月11日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦で26得点、12リバウンド、キャリア・ハイタイの7ブロックを記録、試合はニックスが118-112で勝利した[13]。2017年1月19日に行われたワシントン・ウィザーズ戦で左アキレス腱痛から4試合ぶりに復帰、NBAキャリア初のベンチからの出場となった。ポルジンギスは15得点を記録したが、試合はウィザーズに113-110で敗れた[14]2017年のオールスターウィークエンドではチーム・ワールドの一員としてライジング・スターズ・チャレンジに出場、更にNBAスキルチャレンジでは優勝を飾った[15]。このシーズンは66試合に平均32.8分の出場で、18.1得点・7.2リバウンド・1.5アシスト・0.7スティール・2.0ブロックなどを記録した。

2017-18シーズンの2017年10月30日のデンバー・ナゲッツ戦では38得点を記録[16][17]。11月5日のインディアナ・ペイサーズ戦では、自己最多を更に更新する40得点に加え、6ブロックショットを決めた[18][19]。12月12日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦で37得点、11リバウンドを記録、試合はニックスがオーバータイムの末、113-109で勝利した[20]。2018年1月23日、2月18日に行われるNBAオールスターゲームに出場することが発表されたが[21]、2018年2月6日に行われたミルウォーキー・バックス戦で左膝前十字靭帯断裂の重傷を負った[22]2018年のNBAオールスターゲームに初選出されていたが、この負傷により欠場となった。

ダラス・マーベリックス編集

2018-19シーズンは前年の前十字靱帯の負傷の影響により全く試合に出場できなかった中、2019年1月31日、ティム・ハーダウェイ・ジュニアコートニー・リートレイ・バークと共にデアンドレ・ジョーダンウェズリー・マシューズデニス・スミス・ジュニア、複数のドラフト1巡目指名権とのトレードでダラス・マーベリックスに移籍した[23]。オフにマーベリックスと5年1億5800万ドルで契約延長した[24]

2019-20シーズンは57試合に平均31.8分の出場で、20.4得点・9.5リバウンド・1.8アシスト・0.7スティール・2.0ブロックなどを記録した。初出場となったプレーオフではロサンゼルス・クリッパーズと対戦し、ルカ・ドンチッチと共にチームを牽引していたが、第3戦で右膝半月板損傷により負傷退場した。オフの10月に半月板の手術を受けた[25]

2020-21シーズンは12月に開幕したが、手術の影響で復帰が遅れ、2021年1月13日のシャーロット・ホーネッツ戦で初出場し、約21分間で16得点を記録した[26]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2015-16 NYK 72 72 28.4 .421 .333 .838 7.3 1.3 .7 1.9 14.3
2016-17 66 65 32.8 .450 .357 .786 7.2 1.5 .7 2.0 18.1
2017-18 48 48 32.4 .439 .393 .793 6.6 1.2 .8 2.4 22.7
2019-20 DAL 57 57 31.8 .427 .352 .799 9.5 1.8 .7 2.0 20.4
2020-21 43 43 30.9 .476 .376 .855 8.9 1.6 .5 1.3 20.1
通算:5年 286 285 31.1 .441 .361 .809 7.8 1.5 .7 1.9 18.7

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2020 DAL 3 3 31.3 .525 .529 .870 8.7 .7 .0 1.0 23.7
2021 7 7 33.3 .472 .296 .842 5.4 1.3 1.3 .7 13.1
出場:2回 10 10 32.7 .491 .386 .857 6.4 1.1 .9 .8 16.3

プレースタイル・評価編集

  • 7フッターでありながらミドルシュート3ポイントシュートの成功率が高い。通算で3ポイントは約35%、フリースローは約80%の成功率である。
  • リバウンドでも強くプットバックダンクを決める力強さも兼ね備えている。
  • さらに、7フッターというサイズを活かしたブロックなど長い手足を使ったプレーも得意としている。

タイトル・表彰・記録編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Kristaps Porzingis’ deal with Adidas is for seven years
  2. ^ Kristaps Porzingis, Baloncesto Seville
  3. ^ Porziņģis tomēr pieteicies NBA draftam
  4. ^ Latvian power forward Kristaps Porzingis to enter draft
  5. ^ With The No. 4 Pick, The Knicks Select Kristaps Porzingis
  6. ^ Knicks Sign Kristaps Porzingis and Jerian Grant
  7. ^ [杉浦大介コラム第44回]エース放出案も浮上!? 新人ポルジンギスはニックスの救世主になり得るか
  8. ^ 【NBA】ドラフトの当たり年。「3人の超人ルーキー」に注目!
  9. ^ Williams scores 24, Knicks beat Bucks 122-97 in opener
  10. ^ Kristaps Porzingis Posts Career-High 29 Points
  11. ^ Wolves' Towns, Knicks' Porzingis lead 2015-16 NBA All-Rookie teams
  12. ^ Porzingis scores career-high 35, Knicks top Pistons 105-102”. ESPN.com (2016年11月16日). 2016年11月16日閲覧。
  13. ^ Porzingis, Rose lead Knicks past slumping Lakers, 118-112”. ESPN.com (2016年12月11日). 2016年12月12日閲覧。
  14. ^ Wall has 29 points, 13 assists as Wizards top Knicks 113-110”. ESPN.com (2017年1月19日). 2017年1月20日閲覧。
  15. ^ Dwyer, Kelly (2017年2月18日). “Kristaps Porzingis takes the NBA's Skills Challenge, as the 'Bigs' rule again”. Yahoo.com. 2017年2月18日閲覧。
  16. ^ Knicks' Kristaps Porzingis scores career high with 38 points
  17. ^ ニックスがナゲッツ下して3連勝、38得点のクリスタプス・ポルジンギスは第3Qの不調を教訓に NBA.com JAPAN
  18. ^ Knicks' Kristaps Porzingis set new career high with 40 points, adding 8 rebounds and 6 blocks
  19. ^ クリスタプス・ポルジンギスが40得点で、ニックスが19点差をひっくり返す逆転勝利 NBA.com JAPAN
  20. ^ Porzingis, Beasley help Knicks edge Lakers 113-109 in OT” (英語). ESPN.com. ESPN (2017年12月12日). 2018年4月10日閲覧。
  21. ^ ブラッドリー・ビール、ビクター・オラディポ、クリスタプス・ポルジンギス、カール・アンソニー・タウンズが初選出”. NBA.com (2018年1月24日). 2018年1月25日閲覧。
  22. ^ Giannis dunks over Knicks, who lose Porzingis to knee injury” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月6日). 2018年2月7日閲覧。
  23. ^ Knicks trade Kristaps Porzingis to Mavericks as part of 7-player swap” (英語). ESPN.com (2019年2月2日). 2019年2月7日閲覧。
  24. ^ クリスタプス・ポルジンギス マブスと5年契約合意 | NBA SWEETDAYS -最新ニュースやハイライト動画ブログ”. nba-sweetdays.com. 2020年5月4日閲覧。
  25. ^ マブスのクリスタプス・ポルジンギスがプレーオフで負傷した右膝の手術を断行”. バスケットボールキング (2020年10月12日). 2021年1月16日閲覧。
  26. ^ 今季初出場の試合で16得点を残したポルジンギス「アグレッシブにプレーしたかった」”. バスケットボールキング (2021年1月14日). 2021年1月16日閲覧。

外部リンク編集