メインメニューを開く

クリスタルカップ(Crystal Cup)は、日本日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場1200mで施行していた中央競馬重賞 (GIII) 競走である。正賞は夕刊フジ賞クリスタルカップ。1997年から最後の開催となった2005年まで夕刊フジを発行する産業経済新聞社が優勝杯を提供していた。競走名はイギリス4月誕生石の1つクリスタル水晶)および中山競馬場の第2スタンド「クリスタルコーナー」から。

概要編集

1987年に短距離路線の充実化を図るために、春の3歳(旧4歳)馬限定の短距離競走として創設された。この時期にクラシック競走である桜花賞(GI・芝1600m)・皐月賞(GI・芝2000m)の距離に適性がない短距離馬の活躍できる舞台として19年間施行された。

また3歳(旧4歳)の最初の短距離重賞競走と言う事もあり、過去の優勝馬にダイタクヘリオスサクラバクシンオーヒシアマゾン、出走馬にはヤマニンゼファーダイタクヤマトインテリパワーゴールドティアラサウスヴィグラスアグネスデジタルと言った錚々たるメンバーがおり、中央だけに限らず、地方や海外のGI優勝馬を輩出した。

しかし2005年11月17日に行われたJRA運営審議会での短距離路線の再整備に伴い、第19回競走を最後に廃止が決まり、3月に開催変更されたファルコンステークス(GIII・当時芝1200m[1])にその役目は引き継がれた。またこれまで同競走のレーススポンサー冠名だった「夕刊フジ賞」は、本競走と同時期に施行する重賞に昇格した「オーシャンステークス」で懸けられることになった。

出走条件はサラ系3歳(旧4歳)限定のJRA所属の競走馬外国産馬含む)。また1996年からは特別指定競走となりJRAが認定した地方所属の競走馬も出走可能となった。

負担重量は、別定で56キロ、牝馬は2キロ減を基本とし、収得賞金額1,600万円毎に1キロの負担が課せられる様決まっていた。

総額賞金は7,600万円で、1着賞金4,000万円、2着賞金1,600万円、3着賞金1000万円、4着賞金600万円、5着賞金400万円と定められていた。

優勝レイの配色は赤色地に金色文字で、文字周りに若葉模様が散りばめられ、またレイ上部には協賛のフジサンケイグループのシンボル・目玉マークがあしらわれていた。これは、同じくフジサンケイグループ協賛競走であるオールカマーフローラステークスの現在の優勝レイと同意匠のものである。

歴史編集

  • 1987年 - 中山競馬場の4歳(現3歳)の混合の別定の芝1200mの重賞(GIII)競走、クリスタルカップとして創設。
  • 1988年 - 中山競馬場の改修工事により東京競馬場の芝1400mで施行。
  • 1996年 - 特別指定競走に指定。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳」から「3歳」に変更。
  • 2006年 - 廃止。夕刊フジ賞はオーシャンSに引き継がれた。

歴代優勝馬編集

回数 施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1987年4月18日 キリノトウコウ 牡3 1:09.7 嶋田功 稲葉幸夫
第2回 1988年4月16日 ツジノショウグン 牡3 1:22.7 岡部幸雄 清水利章
第3回 1989年4月15日 リンカーンシチー 牡3 1:09.4 田村正光 見上恒芳
第4回 1990年4月14日 ダイタクヘリオス 牡3 1:09.0 岸滋彦 梅田康雄
第5回 1991年4月13日 カリスタグローリ 牡3 1:08.6 柴田政人 高松邦男
第6回 1992年4月18日 サクラバクシンオー 牡3 1:08.6 小島太 境勝太郎
第7回 1993年4月17日 セントミサイル 牡3 1:08.3 田面木博公 吉永猛
第8回 1994年4月16日 ヒシアマゾン 牝3 1:08.5 中舘英二 中野隆良
第9回 1995年4月15日 コクトジュリアン 牡3 1:10.0 柴田善臣 高橋祥泰
第10回 1996年3月31日 キングオブケン 牡3 1:09.7 的場均 高橋隆
第11回 1997年3月30日 ワシントンカラー 牡3 1:10.1 柴田善臣 松山康久
第12回 1998年4月5日 トキオパーフェクト 牡3 1:08.5 蛯名正義 古賀史生
第13回 1999年4月4日 タイキダイヤ 牝3 1:09.2 小野次郎 田中清隆
第14回 2000年3月12日 スイートオーキッド 牝3 1:09.8 横山典弘 藤沢和雄
第15回 2001年3月11日 カチドキリュウ 牡3 1:10.3 後藤浩輝 柴田光陽
第16回 2002年3月10日 サーガノヴェル 牝3 1:07.6 横山典弘 古賀史生
第17回 2003年3月16日 ワンダフルデイズ 牡3 1:08.2 武豊 武田博
第18回 2004年3月14日 タイキバカラ 牡3 1:08.6 蛯名正義 土田稔
第19回 2005年3月13日 ディープサマー 牡3 1:08.6 小野次郎 山内研二

脚注編集

  1. ^ 2012年からは芝1400mで施行されている

関連項目編集