クリスチャントゥデイ

クリスチャントゥデイ(英語:Christian Today、略称:CT)[3]は、2002年創業のキリスト教メディアで、世界的ネットワークを有するオンライン新聞。同社が東京地裁で山谷真に対して起こした名誉毀損訴訟において、山谷が主張していた「原告会社においては再臨主教義が信奉されている」が認められず概ね勝訴した[4][5][6][7]。しかしクリスチャン新聞の根田祥一は「引分け」とする見方を取っている[4]。またキリスト新聞、クリスチャン新聞両紙が2020年7月にクリスチャントゥデイに対する注意喚起報道を行なった[8][9]。これらについてクリスチャントゥデイ社は自社メディアで反論している[10][11][12]

株式会社 クリスチャントゥデイ[1]
Christian Today Co., Ltd.[1]
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
101-0032
東京都千代田区岩本町2-13-6
ミツボシ第3ビル4階[1]
設立 2003年5月15日[2]
業種 情報・通信業
法人番号 2010001107254 ウィキデータを編集
事業内容 オンライン新聞の発行・出版・その他[1]
代表者 代表取締役社長 矢田喬大[1]
テンプレートを表示
東京都千代田区岩本町2-13-6ミツボシ第3ビル4階にある株式会社クリスチャントゥデイ本社事務所

沿革・組織編集

沿革編集

  • 2002年5月20日 アメリカ留学中の高柳泉[13]が創業[14]
  • 2003年5月15日 高柳泉が東京都新宿区において設立[2]
  • 2004年4月11日 印刷媒体「クリスチャントゥデイ」創刊[15]、その後休刊。
  • 2008年4月 クリスチャントゥデイに対してブログ上でカルトと主張していた救世軍の少佐(牧師)山谷真に対して、名誉毀損などを理由に東京地裁で民事訴訟を起こした[16]
  • 2009年7月26日 日本プロテスタント宣教150周年を記念して、印刷媒体「クリスチャントゥデイ」を月2回発行において復刊。2011年2月27日、週間化[17][18](現在、休刊中)。
  • 2011年、社長が高柳泉から矢田喬大に交替[14]。7月29日 ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会主管牧師の峯野龍弘を会長とする新体制発足[19][20]
  • 2013年11月13日 山谷裁判の判決公判において山谷の敗訴が言い渡され確定した[6][7][21][5]
  • 2018年1月27日 日本基督教団が総会議長の石橋秀雄氏名義で「クリスチャントゥデイなど張在亨(ジャン・ジェヒョン)牧師グループに関する声明」を発表。「メンバーが消費者金融から借り入れをするように仕向けられたり、人事指示を受けて過酷な集団生活や無償労働をさせられていた事実などについて、複数の脱会者から証言を得た」として、改めて警鐘を鳴らした。[22][23]
  • 2018年2月8日 編集長の雜賀信行氏以下スタッフ7人が連名で「クリスチャントゥデイ異端疑惑をめぐる弊社従業員声明」を発表。[24]
  • 2018年2月23日 日本基督教団統一原理問題連絡会(米倉美佐男代表世話人)が「『クリスチャントゥデイなど張在亨牧師グループ』に関する説明会」を開催。[25]
  • 2018年12月18日 日本福音同盟(JEA)が加盟団体に向けて「『クリスチャントゥデイ』に関する報告」を発表。「クリスチャントゥデイ」の取材を「一切受けないこと」を再確認した。[26]
  • 2019年11月30日 峯野龍弘が会長を退任[27]、12月1日 井手北斗が編集長に就任[27][28]
  • 2020年7月3日 ウェスレアン・ホーリネス教団(川崎豊委員長)が第22回臨時総会で「クリスチャントゥデイ社及び張在亨(ダビデ張、ジャン・ジェヒョン)氏関連団体とは距離を置き、今後もその動向を注視していく」との見解を承認した。[29]

組織編集

  • 代表取締役社長:矢田喬大[30]
  • 論説委員[31]
    • 折田政博(顧問、沖縄天久神の教会牧師)
    • 藤崎秀雄(グレース宣教会代表牧師)
  • 編集部
    • 井手北斗(編集長)
    • 内田周作(副編集長)

紙面・論調編集

基本信条・報道理念編集

基本信条では、「キリスト教報道機関として、一般クリスチャン大衆に向けての公正かつ迅速な情報提供を信条とします」「新約聖書マタイによる福音書5章37節「あなたがたは、『はい』は『はい』、『いいえ』は『いいえ』とだけ言いなさい」という声明に基づき、イエス・キリストの御言葉こそ真実であると宣べ伝えることを全業務の本拠とします」などとしている[32][33]

報道理念では「福音による個人変革と社会変革を標榜」「オンライン報道の使命」を掲げており、実践的四大方針として、

  1. 福音主義の堅持
  2. 宣教第一主義
  3. 教会一致とグローバルな視点の提示
  4. 福音文化の普及と社会貢献

の4つを掲げている[34]

報道内容・論調編集

国際ニュースが多く、エキュメニカル派リベラル派)、聖公会[35]、ローマ教皇庁(バチカンカトリック[36][37]正教会コプト正教会[38]のニュースも扱う。中国や朝鮮半島に関した報道もする[39][40][41][42]。提携関係にある米国クリスチャンポスト[43]及び韓国クリスチャントゥデイ[44]、英国クリスチャントゥデイ[45]が配信するニュースの翻訳記事もある[46][47][48]

国内ニュースは、プロテスタント福音派に関係のあるニュースが主要な位置を占め[40]エキュメニカル派リベラル派)、聖公会[49]カトリック[37]、日本正教会(日本ハリストス正教会[50]コプト正教会[38]のニュースも扱う。

論争編集

2004年、クリスチャン新聞根田祥一福音派の教団連合である日本福音連盟(JEA)に、「韓国のニュースアンドジョイ[51]が情報元である」として元記事の確認はせずに[52]、「『クリスチャントゥデイ』に関して、韓国クリスチャントゥデイの常任理事張在亨牧師は統一協会の核心メンバーであることが判明」と伝え[53]、JEAはそれを加盟教団に通知した[54]。この通知を見た救世軍の牧師山谷真がその2年後から自身のブログなどで「張在亨の共同体がクリスチャントゥデイを運営しこれは異端カルトである」と主張したことに対し、クリスチャントゥデイ社などは名誉棄損を主張し民事訴訟を提起した。

2013年の裁判判決では同社が異端カルトであることの真実性は認められず、提訴されたブログでの表現の半数以上[5]名誉毀損が認められ95万円の損害賠償金の支払いが命じられて山谷の敗訴となった[7]。この間2011年に、韓国基督教総連合会(CCK)は張在亨の統一教会疑惑及び再臨主疑惑について無嫌疑であり問題は終結したことを公表し[55]世界福音同盟(WEA)はその加盟団体である日本福音同盟(JEA)に対して張在亨の疑惑は解消された旨を通知した[56]。しかし国内のキリスト教団体にはその後も疑惑を表明しているものもある[57]

論争に登場する主な人物

  • A 張 在亨(チャン・ジェヒョン、英名David Jang、韓国クリスチャントゥデイ創設者、世界福音同盟元北米理事、牧師)
  • B 峯野龍弘(クリスチャントゥデイ元会長、淀橋教会主管牧師、日本福音同盟元理事長)[58]
  • C 高柳 泉(クリスチャントゥデイ創業および会社設立者、同社元社長、牧師)
  • A'崔 三卿(チェ・サムギョン、韓国異端鑑別師、教会と信仰[59]編集人、牧師)
  • B'根田祥一(クリスチャン新聞元編集長、異端・カルト110番編集顧問)
  • C'山谷 真(救世軍、牧師)

主な団体とメディア

  • あいのひかり教団(異端カルト疑惑を受ける)
  • クリスチャントゥデイ(メディア、異端カルト疑惑を受ける)
  • 大韓イエス教長老会合同福音教団(韓国、異端カルト疑惑を受ける)
  • 韓国クリスチャントゥデイ(韓国、メディア、異端カルト疑惑を受ける)
  • 淀橋教会(クリスチャントゥデイスタッフが所属、主管牧師・峯野龍弘、ニュートラル)[60]
  • キリスト新聞(メディア、異端カルト疑惑を追及)
  • クリスチャン新聞(メディア、異端カルト疑惑を追及)
  • ニュースアンドジョイ(韓国、メディア、異端カルト疑惑を追及)[61]

東京ソフィア教会とクリスチャントゥデイ設立編集

東京ソフィア教会は、1907年に平壌において創設された[62][63]韓国の大韓イエス教長老会合同福音教団[64]から遣わされた宣教師が、1998年頃に東京で設立した。賃貸方式をとっていたので本郷、早稲田などと移転した[65]

クリスチャントゥデイは、2002年5月にアメリカ留学中の高柳泉[13]がインターネット上で創業を始めたキリスト教メディア新規参入社である。高柳はアメリカで、大韓イエス教長老会合同福音教団[64]の宣教師が伝道する教会に通っていて、同教団に所属する張在亨によって設立された韓国クリスチャントゥデイ[44]や、同紙に影響されてアメリカで独自に設立されたクリスチャンポスト[43]に刺激を受けていた[14]

2003年4月、アメリカから帰国した高柳がそれまで文京区本郷にあった東京ソフィア教会移転と共に新宿区山吹町の同じビルにクリスチャントゥデイ店舗を賃貸契約し、3階が東京ソフィア教会、4階がクリスチャントゥデイであった[2]。高柳は4月に東京ソフィア教会伝道師となり、5月17日に張在亨より按手を受け同年秋頃まで同教会牧師として活動していた[66][14]

クリスチャントゥデイは5月15日に高柳が会社を設立して代表取締役に就任し[2]、東京ソフィア教会のメンバーらと共にインターネットメディアを運営していた[67][14]。当時のキリスト教メディアに、インターネット上で報道を行っているものはなかった。

同年12月にクリスチャントゥデイが渋谷区神泉町に移転すると3・4階共に東京ソフィア教会となった[2]。東京ソフィア教会には訪日した張在亨が協力した(山谷裁判乙47~49号証)。

2004年4月、印刷媒体クリスチャントゥデイが創刊された[15]。同月23日、2ちゃんねるに「『クリスチャントゥデイ』Christiantodayってなに?」というスレッドが立ち、5月8日に「情報元はあかせませんがどうも統一教会の影響がある可能性があるそうです」という投稿がなされた[68]

同教会は2005年初頭に一旦解散したが[65]、その後大韓イエス教長老会合同福音教団[64]の日本における宣教団体であった「日本長老教会」の教会として活動をした[69]

韓国における動向・2006年まで編集

2000年7月7日、韓国クリスチャントィデイ[44]張在亨によって設立された[70][12]

2003年末に張在亨が、1907年に平壌において設立された[62][63]大韓イエス教長老会合同福音教団[64]の第88代総会長となった[71][72]

2004年6月15日、オンラインニュースサイトであるニュースアンドジョイが「合同福音教団総会長の張在亨牧師の統一協会経歴論難①」と題し、張在亨が過去に統一協会と関係していたとする記事を掲載した[71]。ニュースアンドジョイは6~7月、3回に渡ってこれを報じた[73]

同月28日、張在亨は韓国基督教総連合会(CCK)に「私は若い時代に統一協会関連団体で働いたことがある。これを深く悔い改めて懺悔する。万一今も統一協会と関連があるという一抹の事実でも発見された時は、責任を負って韓国教会から下されるどんな措置も受ける。過去の経験を土台に統一協会対策のために全力を傾ける」とする悔い改めの自筆覚書を提出した[74][75]

2005年9月6日、韓国基督教総連合会(CCK)は異端対策委員会の再度の調査を元に「張在亨が1997年以降統一教会と関係を持った形跡はない」旨の報告を行なった(山谷裁判判決文p8[65])。

日本福音同盟の通知(2004年)編集

2004年、クリスチャン新聞編集長(当時)の根田祥一が韓国のニュースアンドジョイの「合同福音教団総会長の張在亨牧師の統一協会経歴」記事[71]による情報を主な元とするとして、プロテスタントの教団連合組織である日本福音同盟(JEA)に「クリスチャントゥデイは統一協会と関係がある」との提供をした[53][76]。JEAは6月17日、加盟教団に「最近いち報道機関として活動を始めた『クリスチャントゥデイ』に関すること」として、「韓国クリスチャントゥデイの常任理事張在亨牧師は統一協会の核心メンバーであることが判明。このことについての記事が韓国のオンライン新聞であるNewsNJoy(https://www.newsnjoy.or.kr/ )に出ている。張在亨牧師は韓国基督教総連合会(CCK)が現在異端として調査中である(クリスチャン新聞提供)」と、張在亨が過去に統一協会関連団体に関係していたとする記事に基づく情勢を(#韓国における動向・2006年までを参照)、同氏が2004年当時統一協会核心メンバーである旨の通知をし、(連合機関としてのJEAは)「『クリスチャントゥデイ』の取材を受けない」と伝えた[54]

後年2020年1月に、根田祥一は自身のフェイスブックで「中橋さんがニュースN(アンド)ジョイの過去記事の中から2004年に報道された張在亨氏統一協会前歴のスクープを探し出してくれました」[52]と述べており、根田はJEAが通知した情報の元としているニュースアンドジョイのオリジナル記事の確認はしていない。またこのオリジナル記事には、「張在亨が統一協会核心メンバーである」旨は記載されていない[71]

上記の通知を受けたJEAに加盟する教団救世軍は翌18日、同教団の山谷真を含めた関係者に対して「『クリスチャントゥデイ』新聞の件」とのファックス[77]を送信した(山谷裁判判決文p.7~8[78][65])。

日本福音同盟は2005年11月、ホームページに「韓国基督教総連合会(CCK)の異端対策委員会が2年間かけて調査した結果、韓国クリスチャントゥデイの張在亨牧師は1997年以降統一協会と関係を持った形跡を見つけることができなかったということであった」との掲載を行なった[65][79]

山谷真の主張と提訴まで編集

2004年にJEAの通知を受け救世軍が送信したFAXを見た同教団の牧師山谷真が、2年を経て2006年2月頃からクリスチャントゥデイが統一教会と関係するという主張を自身が運営するブログ上で行った。山谷はクリスチャントゥデイの事務所があった渋谷区神泉町18-8の「松涛ビル」を、統一協会本部がある渋谷区松涛と同一視してブログに掲載した(山谷裁判乙84号p4)。

2007年1月25日、救世軍本営においてクリスチャントゥデイの高柳、矢田、井手と山谷真らが救世軍太田晴久を仲介に会談を行い、高柳は山谷にブログ上でのクリスチャントゥデイに対する書き込みの削除を要求した。その席上高柳は「本人に聞いたところ張在亨は統一協会の信仰を持ったことは一度もない」(山谷裁判乙10,p.4)と、矢田は「私たちは張牧師をメシアと信じるような信仰は持っていません」(乙10,p.33)と、張在亨との関係を認めた上で張の統一協会信仰や張への再臨主信仰を否定した[75]

同2007年4月、クリスチャントゥデイは東京簡易裁判所において、山谷真に対して1000万円の損害賠償請求、調停申立を行った。山谷は申立書をブログに公開しつつも調停期日である5月16日および6月20日に出廷せず、調停は不調に終わった[6]。山谷は、ブログ記事は公益性の観点に照らして名誉毀損にあたらないと主張して誹謗発言を続けた。クリスチャン新聞の根田祥一は「創設者は来臨のキリスト?『クリスチャントゥデイ』カルト疑惑追及の救世軍少佐に損害賠償請求」とする見出しで、名誉毀損にあたらないするとする山谷の主張を後押しする形で調停申立を報じた[80][81]

同年6月27日、クリスチャントゥデイと山谷真との会談の仲介を行なった救世軍の太田晴久は、クリスチャントゥデイが「張ダビデ牧師を再臨キリストとして信じる信仰がないこと」を同社の信仰告白[82]によって確認し、クリスチャントゥデイの安原力(当時)と連名で、疑惑解消理解書面にサインをした[83]。同29日、太田は書面で「山谷氏の主張する疑惑が救世軍としてではなく、『山谷個人の疑惑であること』」を確認した。しかし山谷のインターネットでの誹謗活動は継続した[84]

2008年4月1日、クリスチャントゥデイなどは山谷のブログ記事について警視庁神田警察署に被害届を提出した[85]

同月21日、山谷を相手取り損害賠償とブログ記事の削除を求める#名誉毀損訴訟(山谷裁判)東京地方裁判所に起こした[80][86][6][87]

日本基督教団山北総会議長による声明編集

2008年6月、日本基督教団総会議長山北宣久聖ヶ丘教会牧師)は山谷真を相手に訴訟を起こしたクリスチャントゥデイについて、「救世軍山谷真少佐、クリスチャン新聞根田祥一(この内容の正誤については#名誉毀損訴訟(山谷裁判)を参照のこと)に対して法的抗争をはかるなどしている。日本基督教団としては、統一協会前歴、異端問題の疑惑が解決されない限りキリスト教として同一の線に立つことは出来ないと判断する。今後一切の関係を持たないと共にクリスチャントゥデイ紙創刊号に掲載した祝辞及びメッセージを取り消す」との日本基督教団総会議長声明を発表した[88][80]

世界福音同盟(WEA)とアメリカにおける動向・2012年まで編集

2000年、張在亨がオリヴェット神学校(OTCS)を韓国ソウルの韓国校と共にロサンゼルスに設立した[89]。2004年までに米国校は拡大し、オリベット神学大学と神学校、ジュビリー音楽大学、オリベットジャーナリズム大学、オリベット芸術大学、オリベット工科大学の5つの大学などとして構成される総合大学となった[90]。ラルフ・D・ウィンター[91][92]は、移転と拡張計画について張に助言し後にオリベット大学の名誉会長を務めた[93]

2007年、張在亨が中心になりワールドオリベットアッセンブリーが発足した[94]。同年4月、張在亨世界福音同盟(WEA)北米地域理事に選出された[95]

2011年12月、世界福音同盟(WEA)のタニクリフ総主事(当時)は「張在亨が統一協会と関係するという流言は事実ではない」とする書簡を日本福音同盟宛てに送った[56]

2012年8月16日、クリスチャニティトゥデイ[96]は「再臨主論争」と題して、「香港で張在亨を再臨主と信じた女性がいる」とする張在亨に関する疑惑を報じた[97]。同月19日、クリスチャニティトゥデイの報道に対してクリスチャンポスト[43]は、「女性の夫は証言は嘘だと言った」として「韓国の崔三卿(チェ・サムギョン)とニュースアンドジョイが女性の証言作成に関与した」とする反論記事を掲載した[98]

韓国における動向・2007年から2012年まで編集

〈韓国での再臨主疑惑の発生〉2008年9月11日、張在亨の関連するアンテオケ教会の元メンバーが「私は張氏を再臨のキリストと信じていた」と記者会見で表明した[99][80][100]

これに対しイエス青年会の金テギ総務は同日「崔三卿(チェ・サムギョン)[101]とその勢力が本会と張在亨牧師の健全な信仰告白と会全体の一貫した証言は全く無視して、証人への懐柔と洗脳、メディアによる扇動を行なっている」と非難した[99][102]

春川市ポムネ教会の金ヒェラン宣教師も同日、「かつて会見者と共に信仰生活をしていたが、私はそのようなことを教えてはいない。会見者を自身の牧師室に呼び入れて張在亨先生の非難をし、会見場でも終始会見者に添うなどして彼を操った崔三卿(チェ・サムギョン)牧師[101]を注視している」とする反論文を関連メディアに送った。その中で、会見者の話した「聖婚式」についても「統一協会の合同結婚式とは関係ない」とした[103][104]

同年、張在亨の「再臨主説」を報じたトゥルソリ(荒野の声)新聞は名誉毀損の嫌疑で告訴され、崔三卿(チェ・サムギョン)は捜査の段階で「トゥルソリ新聞は無罪」とする意見書を提出したが、同紙は略式起訴され300万ウォン(約30万円)の罰金刑処分となった[105][106]

2009年12月21日、韓国基督教総連合会(CCK)異端小委員会は再臨のキリスト会見を行った元アンテオケ教会員も証人として出席し[107]公聴会を行なった後会議を開いたが、張在亨の異端性について嫌疑無しの決定をした[108][109]

張在亨の再臨主疑惑等否定会見編集

2012年10月20日、アメリカに移住していた張在亨は韓国ソウルで自身への疑惑に対する記者会見を開き、父・子・聖霊の神への信仰告白を表明した上で、「(統一協会の)鮮文大学30年史に私の名前があるというが鮮文大学には30年の歴史はない。(張在亨が教えていた)1994年3月まではキリスト教の大学であった。1997年末から1998年3月まではキリスト教の学生がいたことに責任があると考え鮮文で働いた」とし、再臨主疑惑については、「私は再臨主では無い」と否定した[110]

名誉毀損訴訟(山谷裁判)編集

2008年4月21日、クリスチャントゥデイおよび高柳泉、矢田喬大は山谷真を相手取り名誉棄損であるとする民事訴訟東京地方裁判所に起こした。

2013年11月13日、東京地裁戸田久裁判長以下陪席裁判官2名は判決文主文において、「1 被告は,原告株式会社クリスチャントゥデイに対し,55万円及びこれに対する平成20年4月29日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。2 被告は,原告高柳に対し,25万円及びこれに対する同日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。3 被告は,原告矢田に対し,15万円及びこれに対する同日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。」などとした[6](判決文p1~2)。

クリスチャントゥデイが削除を要求した87箇所のうち46カ所を名誉棄損表現と認め(p.14~35)、「3 損害について(p.35~36)、4 削除請求について(p.36~37)」において、被告に対し95万円の損害賠償の支払い(p.35~36)と46箇所の名誉棄損表現[5]を削除(p.36~37)するよう命じた。焦点になっていた再臨主疑惑については、「原告会社及び高柳が『張在亨は来臨のキリストである』という異端的教義を信奉し原告会社で教え込まれていることの真実性は認められず」とされ認められなかった[6](p.20)。

山谷真が「もし控訴した場合脱会者に実名で法廷に出てもらわなければならなくなること、また裁判資金が逼迫しており気力体力に限界を感じてこれ以上の裁判の続行が困難であると感じ」たとして控訴を断念したため、判決が確定した[7][21]

判決後のクリスチャントゥデイ報道とクリスチャン新聞根田祥一の報道等編集

判決公判日の2013年11月13日、クリスチャントゥデイは裁判の結果について、「ブログ記事はクリスチャントゥデイが異端的教義を信奉しているなどと断定的な記述を掲載したが、判決は『客観的な資料に基づいて慎重な分析が行われたとはいい難く他に合理的な根拠といえる資料は認められない』とした」「キリスト教に関する情報提供を目的とする団体にとってカルト団体である旨の評価がされることはその活動の信憑性を著しく損なうおそれがあり『違法性が認められる』とした」と報じた[111]

12月2日、山谷は自身のブログに判決の報告を掲載し「判決が出ました裁判につきましては、これが敗訴でありましたため弁護士報酬は発生しません」として敗訴であることを認めた[7]

一方競合紙であるクリスチャン新聞編集長(当時)の根田祥一は12月2日付同紙で、「自称キリスト教メディア『クリスチャントゥデイ』」との書き出しで、クリスチャントゥデイ社などが訴訟で削除を要求した87箇所のうち阻却された41箇所[112][113]は「真実・相当性、公共性・公益性が認められ名誉毀損に当たらないとの判断を示した」として、「損害賠償は計200万円の請求に対し95万円が相当と認定、裁判費用も原告被告で2分するなどいわば『引き分け』」と報じた[4]

仮処分命令編集

2013年11月13日の上記判決後もブログを継続して、クリスチャン新聞根田祥一が「名誉毀損に当たらないとの判断を示した」と報じた41箇所を含む記事を掲載していた山谷に対し、クリスチャントゥデイはそのうちの26の表現について掲載禁止を求めて東京地方裁判所に仮処分命令申立を行ったが、東京地裁はクリスチャントゥデイの主張を認め、2014年2月に山谷に対してこれらの表現を掲載してはならないとの命令を下した[10][114]。山谷はブログからクリスチャントゥデイに関する記事のすべてを削除した[10][115]

あいのひかり教団(Olivet Assembly Japan)に関する動向編集

2012年、水口結貴[116]が広島県呉市にある田中種助(小説家田中小実昌の父)が開拓した宗教法人「アメン教団」[117]の代表役員となって「あいのひかり教団」と改名した[118]

日本長老教会(#東京ソフィア教会とクリスチャントゥデイ設立を参照)の後継団体であったオリベットアッセンブリー(法人格無所有)は2014年、上記の宗教法人「あいのひかり教団」[119]と合併しワールドオリベットアッセンブリー(WOA)[120]の日本支部教団(Olivet Assembly Japan)としてWOAに所属し、宗教法人「あいのひかり教団」を名乗った。そのため1929年3月18日を教団創立日としている[121][122]

あいのひかり教団はオリベットアッセンブリーと合併後、代表者を水口結貴から尾形大地[123]に変更した。また教団本部事務所を広島県呉市から東京都荒川区へ移転し[124]、2017年にはさらに静岡県駿東郡小山町へ移転した[122]

2017年9月、張在亨はあいのひかり教団の集会での礼拝で説教を行い、この礼拝にはクリスチャントゥデイスタッフも参加した[125]

同年11月、根田祥一はクリスチャン新聞の発行法人であるいのちのことば社の社内メールで、「あいのひかり教団はクリスチャントゥデイの創設者である張在亨の傘下にある異端の組織です」とする送信を行なった[126]

根田祥一の講演と日本基督教団石橋総会議長による声明編集

2016年9月に開催された統一原理問題全国連絡会において、根田祥一がクリスチャントゥデイについて「山谷裁判判決文でわかること」として、判決文で事実認定されていないにもかかわらず[6]正統的キリスト教とは異なる異端性や、自分たちが否定してきた関係諸団体が張在亨によって設立された国際的な連携をもつ組織であると事実認定されている」とする講演を行なった[127][128]

この講演を契機に、日本基督教団統一原理問題全国連絡会は日本基督教団総会議長名による「クリスチャントゥデイなど張在亨牧師グループに関する声明(公表時の名称)」[129]を作成することになった[130]

2018年1月27日に日本基督教団総会議長石橋秀雄は、2008年の声明を再確認する形で、山谷裁判判決文において疑惑を指摘したキリスト教教職者の表現の一部[5]に適切でない部分があったとされる一方クリスチャントゥデイを含む多数の関連団体・教会が張在亨牧師の影響下にある一体的なものであったことが明らかにされ、また疑惑について複数の脱会者の証言が確認されたとして、クリスチャントゥデイを含む張在亨関係団体とはキリスト教として同一の線に立つことができないとの声明を公表した[129][131]

有志教職者による抗議文編集

1月29日、日本基督教団総会議長声明に対して同教団の有志教職者6名が、議長声明に対するものとしては異例の抗議文を発表し「この声明が出されるまで『脱会者』と名乗る人の話だけを聞いてそれを当事者であるクリスチャントゥディ関係者に直接に確かめることを全くしていない」「私たちはこのような不正確な内容の声明を看過できない」として、内容の真偽を確かめるため議長声明の中で言及されている証言者の証言録画を公開するよう要請した。2月23日、有志教職たちは「『クリスチャントゥデイ』および『あいのひかり教団』等問題に関する公開質問状[132]」を提出した。なお6名のうち1名は後日疑義を撤回した[133][99][134]

11月7日にはこの質問状の回答を促す形で有志教職のうち3名の連名で「クリスチャントゥデイ問題に関する要望書および公開質問状」を提出した[132]

クリスチャントゥデイ現役従業員の声明編集

2018年2月8日、キリスト新聞社は公式サイトにおいて「『クリスチャントゥデイ』現役従業員が連名で声明、一翼担ってきたことをお詫び」とする記事を掲載した。同記事によると、クリスチャントゥデイの編集長を含む7人のスタッフ連名によって、「社長と編集補佐があいのひかり教団の集会にしばしば出席していることが明らかになった」「キリストの働きのため社長に辞任を求めたが社長と編集補佐以外全員を解雇する予定であると告げられた」[76]異端疑惑は誤解だと信じてその働きの一翼を担ってきたことをお詫び申し上げたい」とする声明が発表された[125][99]

両声明発表後のクリスチャントゥデイ側の反論編集

2018年2月15日クリスチャントゥデイは、張在亨牧師を「来臨のキリスト」とする異端疑惑を全面的に否認し、「パターン化している手法に見える」と主張した[135]

翌18日には、「クリスチャントゥデイ現役従業員の声明の背後にも根田の扇動があった疑いがある」と主張し[136]、また20日には「今回裁判の判決を否定し根田氏の主張のみ反映された議長声明まで出させた。」「情報によると根田氏自身も本紙従業員らに接触し社長放逐の画策を教唆したとされている」と自社による見方を発表した[76]

日本基督教団統一原理問題全国連絡会によるクリスチャントゥデイ問題声明説明会編集

2018年2月23日、日本基督教団統一原理問題全国連絡会は日本キリスト教会館において、「クリスチャントゥデイ問題声明説明会」を開催した[137]。席上、大韓イエス教長老会合同福音教団[64]が日本で設立した宣教団体の状況を証言する、元インターン牧師の証言のビデオ録画が上映された[138]

会場にはワールド・オリベット・アッセンブリー[120]の日本支部教団である「あいのひかり教団」[121]のメンバーが多数来場し[139]、そのうちの1人はビデオ録画の元インターン牧師の証言の内容を否定する発言を行なった[140]

またクリスチャントゥデイのスタッフも出席しており、「私は異端的な信仰を持ったことは一度もないし二重の信仰を持っているかのようなことは決してない」「淀橋教会での私の信仰生活も峯野牧師や信徒の方々の話も聞いてほしい」と発言があった[138]

クリスチャントゥデイによる反論編集

3月5日、クリスチャントゥデイは「日本基督教団の議長声明に関する説明会について」と題する見解を掲載し、声明などに対し「連絡会は議長声明が出された契機について、2016年9月の根田祥一氏による講演会[128]がきっかけだったと明らかにした」「連絡会は15年前に教会に通っていたというAさんを連れ出し、説明会ではAさんと連絡会に関係する牧師とみられる男性数人が登場するビデオが上映された。それは30分ほどに編集されたものだったがAさんが進んで証言したというよりは、インタビューを企画した人たちが意図を持って10数年前の信仰について話を聞く場面が展開した」「Aさんの夫はそのような信仰を持っていなかったとAさん自身が手記で明らかにしている」「張牧師グループなどというものは存在しない架空のものだ」などと反論した[130]

クリスチャントゥデイをめぐる動向(2018年)編集

韓国における動向編集

2018年2月6~9日に日本で開催された世界韓国人異端連盟[141]の総会に根田祥一が出席し、「1月27日に日本基督教団総会議長名の声明が発表され、日本基督教団は張在亨グループが過酷な集団生活や無賃労働をさせていたことを明らかにした」と発言し、これを伝えた韓国語媒体は「張在亨牧師論難が日本から再燃する兆しだ」と報じた[142]

同年9月、大韓イエス教長老会統合総会はクリスチャントゥデイを依然「異端擁護メディア規定」であると再確認した。

同年10月に日本から渡韓したホンダ氏がCBSニュースに出演してクリスチャントゥデイ関連について「宣教師が張在亨が再臨主であると誘導して教えます」などと発言した[143]。また11月、ニュースアンドジョイは日本にイ・ヨンピル記者を送り根田祥一らへの取材などを行い、12月にアメリカなどの報告も含んだ「張在亨と追従者たち」という連載を8回にわたって行なった。

日本福音同盟の報告とクリスチャントゥデイの反応編集

聖書信仰に立つ福音的諸教会の交流・協力機関である日本福音同盟(JEA)は2018年12月18日、JEA加盟団体に向けて「『クリスチャントゥデイ』に関する報告」を発表し、機関としては「『クリスチャントゥデイ』の取材を一切受けないこと」とした、#日本福音同盟の通知(2004年)を再確認すると共に最近の動き[144]について紹介した[145]

これに対してクリスチャントゥデイは翌19日、「2004年に根田祥一氏が本紙に関する虚偽の情報(『張在亨は統一協会の核心メンバーである』としたJEAの通知文のこと)を、ニュースアンドジョイを情報元として日本福音同盟(JEA)に提供し[146]、JEAはクリスチャントゥデイからの取材を受けない決議をしたが、18日その立場を再確認するとの報告書を加盟団体に向けて発表した。本紙への(このような)陰湿な妨害を主導するのは根田氏かニュースアンドジョイか」とする反論を展開した[53]

世界福音同盟(WEA)と張在亨編集

2007年から張在亨はWEA北米連盟(NAC)の韓国人理事として活動していたが、2018年に退任し[147]、WEAより感謝盾の贈呈がなされた[148][149]

クリスチャントゥデイをめぐる2019以後の動向編集

2019年9月、韓国クリスチャントゥデイは「本紙と本紙設立者張在亨牧師の疑惑がすべて解消されたことが主要教団と連合機関によって再確認された」としたが、前年に大韓イエス教長老会統合総会はクリスチャントゥデイを依然「異端擁護メディア規定」であると再確認し、それは撤回されていないので大韓イエス教長老会統合においては有効[150]

同月、韓国クリスチャントゥデイは「CCIKの崔グィス事務総長は韓国長老会総連合会のソン・テソプ代表と共に8月末に訪米した際には、合同福音教団[64]の張シファン総会長とソ・イルグォン事務総長の斡旋で張在亨牧師が奉職するワールドオリベットアッセンブリー(WOA)[120]本部も訪れ、張牧師と歓談する時を持った」と写真入[151][152]で報じた[70]。また同じサイトで、「(2012年に張在亨に関係禁止決議をした)高神教団は2015年9月の第65回定期総会で『張在亨牧師の所属の合同福音教団から送られた張在亨牧師に対する関係禁止事案取り下げの要請案件を受けることにした』とする擬似キリスト教研究委員会(当時朴スマン委員長)の報告をそのまま受け入れ事案を終結させた。高神教団にはこの事実を同委員会の議事録と総会資料集[153]をもって確認させていただいた」と報じた[70]

クリスチャントゥデイは2019年12月3日、「2018年12月に韓国のNews N Joy(ニュースアンドジョイ)が報じた[154][155]異端疑惑の証拠とされる聖書講義のノート[156]を、異端カルト110番編集長の中橋祐貴氏が自分で書いたと述べ事実上の捏造であったことを認め[157]、また中橋氏の『ノート捏造』を問題視する牧師のブログの記事にコメントする形[158][159]でNews N Joyの取材の席には根田祥一氏も同席していたことを認めている」と報じた。

2020年2月、張在亨関連団体である韓国オリベットアッセンブリーが韓国教会連合(CCIK)に加盟した[160]。CCIKの崔グィス事務総長はニュースアンドジョイのイ・ヨンピル記者[154][158][159]がこの件をインタビューしたのに対し、「問題になる要素がないと思う」「日本でも異端問題の暴露が出されたが、個人的には陰謀的に見える」と語った[161]

7月、韓国クリスチャントゥデイが創立20周年記念に作成した動画には、韓国教会連合(CCIK)会長、大韓イエス教長老会合同[162]総会長、大韓イエス教長老会高神総会長などが祝辞を寄せている[12]

ウェスレアン・ホーリネス教団は2020年7月3日に開催した臨時総会において、クリスチャントゥデイ特別調査委員会による調査の結果「クリスチャントゥデイに社に認められる一連の疑惑を払拭することが出来なかった」として、同委員会から同社との距離を置くとの見解が示され、包括団体である教団として同委員会の見解を承認した[163][164]。調査委員会の見解が淀橋教会などの賛成を得られない形で承認された[165]のに対しクリスチャントゥデイは同月23日、「最近の根田祥一氏の活動を見ていると(中略)本紙に対する魔女狩りに勤しむようになった」「最近も自身の意を汲む者を介して本紙元会長峯野龍弘の所属教団(ウェスレアン・ホーリネス教団[166])に分裂を引き起こした」と報じた[12]

2019年2月より、「ダビデ牧師と共同体を考える会」と題するブログ[167]において、匿名者により「脱会者による証言」として共同体の中での体験とする投稿がなされていた[168][169]。2020年1月頃、同ブログは削除された[170]。クリスチャントゥデイは2020年7月23日、「本紙は現在、異端からの脱会者を名乗る人物らの証言と称し事実無根の誹謗中傷を掲載した匿名ブログの運営会社に対して情報開示請求裁判を行っている」と報じ、クリスチャントゥデイ社が「ダビデ牧師と共同体を考える会」ブログの運営会社であるnifty[170]に対して、同ブログの情報開示請求裁判を行っていることを明らかにした[12]

2021年2月16日、韓国教会連合(CCIK)は揚州市エバーグリーン教会においてCCIK執行部や会員教団総務など60余名が参加して研修会を行なった。大韓イエス教長老会合同福音教団[64]のソ・イルグォン事務総長がCCIKのメディア出版委員長として広報の働きを担ったことがCCIKのサイトにおいて報告されている[171]

クリスチャントゥディ創立者の張在亨(ダビデ張)は2009年、「統合」により「張氏を再臨主として受けとめた証言が多く、彼の言葉を信頼することができない」として、「鋭意注視」、「警戒」の決議を受けている。2009年と2013年には、「合神」により「張在亨に真正性がない」として「参与及び交流禁止決議」、2012年には「高神」から「関係禁止」の異端規定を受けている[150]。なお、「統合」とは大韓イエス教長老会統合総会(教会数8,731)、「合神」とは大韓イエス教長老会合神総会(教会数896)、「高神」とは大韓イエス教長老会高神総会(教会数1,840)を指す[172]。高神は2015年の定期総会で異端規定を解除した[153][70]。統合・合神の異端規定は解除されておらず有効。

韓国クリスチャントゥデイは、異端規定を出している統合・合神も加盟する連合機関[173]UCCK(韓国教会総連合)[174]に対して2020年頃から積極的な取材を行うようになり、2021年もそれを継続している[175]

クリスチャントゥデイ関連報道編集

韓国メディア、ニュースアンドジョイは2020年10月13日付で、2018年12月に行った日本の"クリスチャントゥデイ"脱退者のインタビューを掲載し、内部では「張在亨の使役が始まった1992年から14年ずつ3段階を踏んで2035年に終末が来る」「新しいイスラエル」などの聖書解釈を教えてきた事実を報道したと伝えた[176]。同10月21日付では、同紙が張在亨の再臨主疑惑を取材するやいなや、クリスチャントゥデイは急いで同紙が主体思想派であると捏造したと報じた[177]

2020年7月8日、キリスト新聞は速報を出し、クリスチャントゥデイとダビデ張関連団体からウェスレアン・ホーリネス教団が「距離を置く」と表明したことを報じた[178]。同日、クリスチャン新聞もクリスチャントゥデイとダビデ張「再臨主」教義への疑念が払しょくできないとのウェスレアン・ホーリネス教団の声明を報じ、淀橋教会とCT社の代表取締役会長を務めた峯野(淀橋教会主管牧師・当時)の動静が注目されるとした[179]

韓国メディアのニュースアンドジョイは2021年2月27日、2018年に張在亨再臨主疑惑を取材したらクリスチャントゥデイが従北陰謀論を持ち出したとの記事を掲載した[180]

日本における異端・カルト疑惑の報道等編集

2021年2月9日、キリスト新聞ツイッターアカウント[181]が「いまだ教会関係者でクリスチャントゥデイの記事をシェアしている人がいます。『記事内容は異端的ではないから問題ない』と豪語する方がおられますが、アクセス数が伸び母体であるダビデ張グループの収入が増える可能性は十分あります」というツイートを行なった[182]

クリスチャン新聞キリスト新聞両紙とも、クリスチャントゥデイに対して注意喚起した記事を撤回、訂正、修正しておらず、誤った報道であったとの謝罪文も掲載していない。CTに対して注意する必要性があるとする記事は現在も閲覧に供されている[145][164][163][168]

疑惑の現状編集

2018年1月27日、日本基督教団総会議長は、クリスチャントゥデイと一切の関係を持たないことを宣言した2008年の議長声明を再確認し、「クリスチャントゥデイなど張在亨牧師関係グループに対して、キリスト教として同一の線に立つことは出来ないとの判断」を声明として発表した[129]#根田祥一の講演と日本基督教団石橋総会議長による声明を参照のこと)。2018年12月18日、日本福音同盟(JEA)は「クリスチャントゥデイ」の取材を「一切受けない」と再確認し、JEA加盟団体(会員・協力会員)各位に報告した(#日本福音同盟の報告とクリスチャントゥデイの反応を参照のこと)[145]

ウェスレアン・ホーリネス教団内に設けられた「クリスチャントゥデイ特別調査委員会」によって2019年から約一年にわたり調査が行われ、同委員会は「クリスチャントゥデイ社に認められる疑惑を払拭することができなかった。」と結論づけ、総会に報告した[163]。2020年7月3日ウェスレアン・ホーリネス教団第22回臨時総会において同委員会の報告は承認された(#ウェスレアン・ホーリネス教団の表明を参照のこと)[164]。この承認は撤回されていない。

また韓国では、クリスチャントゥディ創立者の張在亨はキリスト教主要教団「統合」「合神」「高神」より異端規定を受けている[150]。高神は2015年の定期総会で解除した[153][70]。統合・合神の異端規定は解除されておらず有効。

クリスチャントゥデイに対する疑惑は継続中である。キリスト新聞およびクリスチャン新聞は、これらの疑惑を追及し続けている。2020年8月以後は両紙共クリスチャントゥデイに関する記事を掲載していない[183][184]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 会社概要
  2. ^ a b c d e p11|山谷裁判判決文
  3. ^ クリスチャントゥデイ
  4. ^ a b c クリスチャントゥデイ対山谷裁判 東京地裁判決「来臨キリスト疑惑」事実認定|クリスチャン新聞
  5. ^ a b c d e 名誉毀損が認められ削除命令が出されたブログ記事。番号は判決文別紙主張整理表におけるもの。101417~1921のア23242526273132のウ3435373940434546495155565759606162666870717273~7578808182
  6. ^ a b c d e f g 20131113 クリスチャントゥデイ山谷少佐裁判東京地裁判決”. 2020年1月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e Major Mak's Diary(魚拓)「判決のご報告」「仮処分命令申立てに関して」
  8. ^ 【速報】 ウェスレアン・ホーリネス教団 クリスチャントゥデイ/ダビデ張関連団体から「距離を置く」と表明 2020年7月8日
  9. ^ CT疑惑払拭できない WH教団「教団委員会の見解」可決 調査委「再臨主」教義の疑念「払拭できない」
  10. ^ a b c 山谷氏に対する訴訟の判決等について|クリスチャントゥデイ社
  11. ^ クリスチャントゥデイ|日本基督教団の議長声明に関する説明会について|「被告側は控訴を断念し本紙の勝訴が確定したが、それを『引き分け』と解釈するのは無理がある。『引き分け』ならばなぜ賠償金の支払いが命じられたのか。自身の主張に有利なものだけを針小棒大に伝える根田氏の報道はキリスト教界を混乱させるもので、新しい疑惑をまた作り出そうとする意図しか感じられない。」
  12. ^ a b c d e クリスチャントゥデイ|根田祥一氏、本職の一線を退き韓国系異端捏造サイトの管理者に
  13. ^ a b 東京ソフィアキリスト教会HP
  14. ^ a b c d e クリスチャントゥデイ創業者が教会開拓 15年ぶりに「東京ソフィアキリスト教会」を再開
  15. ^ a b 《メディアリテラシー3》「迫害されている」と同情を買う|異端カルト110番 文中に「一般新聞の異教・異端報道による誤解や偏見によって」とあるのは読売新聞などの一般新聞の報道によってという意味
  16. ^ 【4875号】クリスチャントゥデイなど張在亨牧師グループに関する声明
  17. ^ プレスリリース
  18. ^ 2011年11月20日号
  19. ^ クリスチャントゥデイ新体制発足、会長に峯野龍弘氏|クリスチャントゥデイ
  20. ^ 峯野牧師、日クリスチャントゥデイ会長就任|韓国クリスチャントゥデイ(韓国語・一部日本語)
  21. ^ a b 名誉棄損で賠償命令の山谷真牧師、控訴断念し敗訴確定 賠償金など計121万円支払う|クリスチャントゥデイ
  22. ^ 「クリスチャントゥデイ」めぐり新局面 日本基督教団総会議長が改めて声明 2018年2月1日” (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2018年1月26日). 2021年5月15日閲覧。
  23. ^ 【4875号】クリスチャントゥデイなど張在亨牧師グループに関する声明 - 日本基督教団公式サイト” (日本語). 2021年5月15日閲覧。
  24. ^ 【速報】 「クリスチャントゥデイ」現役従業員が連名で声明 〝一翼担ってきたことをお詫び〟 2018年2月8日” (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2018年2月9日). 2021年5月15日閲覧。
  25. ^ 【速報】 日本基督教団統一原理問題連絡会 「クリスチャントゥデイ」問題で説明会 2018年3月1日” (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2018年2月23日). 2021年5月15日閲覧。
  26. ^ 【速報】 日本福音同盟「クリスチャントゥデイ」の取材「一切受けない」と再確認 2018年12月18日” (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2018年12月18日). 2021年5月15日閲覧。
  27. ^ a b 人事のお知らせ|クリスチャントゥデイ
  28. ^ クリスチャントゥデイ新人事 峯野氏が会長を退任|異端カルト110番
  29. ^ 【速報】 ウェスレアン・ホーリネス教団 クリスチャントゥデイ/ダビデ張関連団体から「距離を置く」と表明 2020年7月8日” (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2020年7月8日). 2021年5月15日閲覧。
  30. ^ 会社概要”. 2021年1月15日閲覧。
  31. ^ 論説委員”. 2021年1月15日閲覧。
  32. ^ 基本信条 | クリスチャントゥデイ
  33. ^ 信仰告白|クリスチャントゥデイ
  34. ^ 報道理念 | クリスチャントゥデイ
  35. ^ アングリカン・コミュニオン(全世界聖公会)タグ
  36. ^ 「バチカン」タグ|クリスチャントゥデイ
  37. ^ a b 「カトリック教会」タグ
  38. ^ a b 「コプト正教会」タグ
  39. ^ 「中国」タグ
  40. ^ a b 「福音派キリスト教オンライン新聞 “クリスチャン・トゥデイ” 等で、近年の中国キリスト教への断片的な情報は持っていました」中国キリスト教の躍進に学ぶ(1)亀井俊博|SALTY
  41. ^ 「韓国」タグ
  42. ^ 「北朝鮮」タグ
  43. ^ a b c The Christian Post
  44. ^ a b c 韓国クリスチャントゥデイ(韓国語)
  45. ^ Christiantoday
  46. ^ バイデン米大統領候補「私の政治を導いたのは、最も重要な掟」
  47. ^ 李姫鎬さん死去 金大中元大統領の妻、大韓YWCA連合会総務など歴任
  48. ^ WEA次期総主事トーマス・シルマッハー氏
  49. ^ 日本聖公会タグ
  50. ^ 「日本正教会(日本ハリストス正教会)」タグ
  51. ^ ニュースアンドジョイ
  52. ^ a b 中橋さんがニュースNジョイの過去記事の中から2004年に報道された張在亨氏統一協会前歴のスクープを探し出してくれました。張氏の名前、肩書き、顔写真付きで統一協会の会員向け雑誌の記事と思しき画像もあります。私は読めませんが|フェイスブック根田祥一|2020年1月2日
  53. ^ a b c 首謀者は根田氏か、ニュースNジョイか JEA報告書に見る本紙への陰湿な妨害|クリスチャントゥデイ
  54. ^ a b 日本福音同盟通知
  55. ^ 張在亨牧師調査会等結果|CCK
  56. ^ a b WEA通知書
  57. ^ 「クリスチャントゥデイ」に関する報告|日本福音同盟
  58. ^ 張在亨のサイトにある淀橋教会前での峯野龍弘との写真
  59. ^ 教会と信仰(韓国語)
  60. ^ 「クリスチャントゥデイ」峯野龍弘氏が会長を退任 2019年12月11日|キリスト新聞
  61. ^ 「論争」の構図。AーA'などは、一方通行であっても対立の顕著な部分
  62. ^ a b 合同福音教団総会長挨拶
  63. ^ a b 1907년 평양 장대현교회 독노회설립에 그 시작을 두고 있습니다.
  64. ^ a b c d e f g 大韓イエス教長老会合同福音
  65. ^ a b c d e p8.9|山谷裁判判決文
  66. ^ p12|山谷裁判判決文
  67. ^ 編集長就任あいさつ 井手北斗|クリスチャントゥデイ
  68. ^ 「クリスチャントゥデイ」Christiantodayってなに?
  69. ^ 山谷裁判乙91号証
  70. ^ a b c d e 教界、本紙と設立者に対する疑惑解消再確認|韓国クリスチャントゥデイ(韓国語)
  71. ^ a b c d 合同福音教団総会長の張在亨牧師の統一協会経歴論難①
  72. ^ Biography
  73. ^ 合同福音教団総会長の張在亨牧師の統一協会経歴論難①
  74. ^ 合同福音教団総会長の張在亨牧師との統一協会経歴論難③
  75. ^ a b 高柳山谷会談|録音
  76. ^ a b c 「情報によると根田氏自身も本紙従業員らに接触し社長放逐の画策を教唆したとされている」|根田祥一氏、言論破壊工作の「黒幕」であることが明らかに|クリスチャントゥデイ2018.2.20
  77. ^ 「『クリスチャントゥデイ』新聞の件」|山谷裁判乙1
  78. ^ p.6~7|山谷裁判判決文
  79. ^ 第9回日韓福音同盟定期協議会|「誹謗中傷の経緯」株式会社クリスチャントゥデイp
  80. ^ a b c d 2007年5月27日号~2013年12月8日号|クリスチャン新聞
  81. ^ 「張在亨牧師再臨のキリスト教義疑惑」日本の法廷抗争|教会と信仰
  82. ^ 2008年掲載の信仰告白|クリスチャントゥデイ
  83. ^ Salvation_Army_Japan_Statement_2007_06_27_(Japanese)
  84. ^ 誹謗中傷の経緯p8|クリスチャントゥデイ
  85. ^ 神田警察署御中|被害届
  86. ^ 教団新報【4875号】クリスチャントゥデイなど張在亨牧師グループに関する声明
  87. ^ 誹謗中傷の経緯p3|クリスチャントゥデイ誹謗中傷の経緯p4|クリスチャントゥデイ
  88. ^ 【4654号】「クリスチャントゥデイ」に関する声明 - 日本基督教団公式サイト
  89. ^ Biography|David Jang
  90. ^ HISTORY|Olivetuniversity
  91. ^ 《3分で分かる》ウィンター,ラルフ・Dとは?出典新キリスト教辞典|ワードオブライフ
  92. ^ 張在亨のサイトにあるラルフ・D・ウィンターのページ
  93. ^ Library|Olivetuniversity
  94. ^ Who We Are
  95. ^ 張在亨牧師WEA北米理事選出|韓国クリスチャントゥデイ
  96. ^ Christianity Today
  97. ^ The Second Coming Christ Controversy|Christianitytoday
  98. ^ Sources in 'Second Coming Christ Controversy' Face Scrutiny|Christianpost
  99. ^ a b c d http://dailycult.blogspot.com/2018/02/blog-post_9.html
  100. ^ 私は張在亨を再臨のキリストと信じていた|ニュースエンジョイ(韓国語)
  101. ^ a b 崔三卿|韓国Wiki
  102. ^ 口ではイエス、頭の中では張在亨牧師|ニュースパワー2008.9.11(韓国語)
  103. ^ 金ヒェラン「記者会見に対する反論文」|ニュースパワー2008.9.12(韓国語)
  104. ^ 記者会見に対する反論文|韓国クリスチャントゥデイ2008.9.16(韓国語)
  105. ^ 本紙設立者に陰険な攻撃、荒野の声新聞に300万ウォンの罰金刑|韓国クリスチャントゥデイ(韓国語)
  106. ^ 張在亨を再臨主と信じた|教会と信仰
  107. ^ 出席した元アンテオケ教会員|荒野の声新聞
  108. ^ 韓国CCK異端委小委、張在亨氏に嫌疑無し」決定|クリスチャントゥデイ
  109. ^ CCK張在亨再臨主疑惑調査終了|荒野の声新聞(韓国語)
  110. ^ 張在亨牧師再臨主疑惑否定動画 5分10秒頃「ナヌンチェリムジュガアニムニダ(私は再臨主では無い)」|ニュースアンドジョイYou tube
  111. ^ クリスチャントゥデイの名誉を棄損 山谷真牧師に賠償命令
  112. ^ 山谷裁判判決で阻却された表現一覧
  113. ^ 特に重要な「異端的教義に関する表現」「統一教会に関する表現」に分類されたもののうち阻却された記事 ただし29は後日ほとんどの部分に削除せよとの仮処分命令が出された72229546476
  114. ^ 20140204 仮処分決定
  115. ^ Major Mak’s Blog
  116. ^ 代表行政書士 水口結貴
  117. ^ 宗教年鑑平成23年版p165
  118. ^ 宗教年鑑平成24年版p165
  119. ^ 宗教年鑑平成26年版p98,167
  120. ^ a b c World Olivet Assembly
  121. ^ a b あいのひかり教団HP
  122. ^ a b 教団沿革|あいのひかり教団
  123. ^ 教団議長挨拶|あいのひかり教団
  124. ^ 宗教年鑑平成27年版p167
  125. ^ a b 「クリスチャントゥデイ」現役従業員が連名で声明|2018年2月8日 キリスト新聞社ホームページ
  126. ^ 異端注意情報
  127. ^ 2016年度 統一教原理問題 全国連絡会開催|在日大韓基督教会
  128. ^ a b 在日大韓基督教会報告書「クリスチャントゥデイの件について」 p2 根田祥一氏(クリスチャン新聞編集顧問)講演要点
  129. ^ a b c 教団新報【4875号】クリスチャントゥデイなど張在亨牧師グループに関する声明
  130. ^ a b 日本基督教団の議長声明に関する説明会について|クリスチャントゥデイ
  131. ^ 「クリスチャントゥデイ」めぐり新局面 日本基督教団総会議長が改めて声明|キリスト新聞
  132. ^ a b 日本基督教団カルト問題連絡会などに宛てられた有志グループによる要望書|クリスチャントゥデイ
  133. ^ クリスチャントゥデイ社に関する議長声明に対する抗議|喜びカタツムリの歩み
  134. ^ 「クリスチャントゥデイ」終りなき攻防 | 現代宗教
  135. ^ 根田祥一元編集長、本紙批判声明を背後で主導した疑い|クリスチャントゥデイ
  136. ^ 根田祥一氏による「魔女狩り」騒動に関して|クリスチャントゥデイ
  137. ^ クリスチャン新聞3月11日号
  138. ^ a b 3月11日号紙面:元社員ら証言 日基教団「クリスチャントゥデイ声明」説明会で 「説明責任を果たして」|クリスチャン新聞「異端・カルト」カテゴリー
  139. ^ 松谷信司@キリスト新聞 | Twitter
  140. ^ やや日刊カルト新聞: 日本基督教団がクリスチャントゥデイ問題の説明会 一時紛糾
  141. ^ 세이연
  142. ^ クリスチャンレビュー
  143. ^ CBSニュース
  144. ^ 【速報】 ダビデ張グループ詐欺罪で起訴 米マンハッタン地方検察庁の家宅捜索経て 2018年10月12日|キリスト新聞
  145. ^ a b c 【速報】 日本福音同盟「クリスチャントゥデイ」の取材「一切受けない」と再確認 2018年12月18日|キリスト新聞
  146. ^ 「捏造ノート」提示の取材に信徒暴行問題の張清益牧師も協力か|クリスチャントゥデイ
  147. ^ 張在亨 WEAから撤退?2019年9月30日|異端・カルト110番
  148. ^ Plaque Of Appreciation To Rev.Daivid Jan
  149. ^ David Jangより
  150. ^ a b c 教団異端カルト対策委員会主要決議2018年”. キリスト教ポータルニュース. 2021.07.20.閲覧。
  151. ^ (写真左から) 合同福音教団張シファン総会長、CCIK崔グィス事務総長、張在亨牧師、韓国長老会総連合会ソン・テソプ代表、合同福音教団ソ・イルグォン事務総長|韓国クリスチャントゥデイ
  152. ^ 張在亨牧師がワールドオリベットアッセンブリーを訪れた韓国長老会総連合会ソン・テソプ代表(写真中央)とCCIK崔グィス事務総長に自身の働きを紹介している|韓国クリスチャントゥデイ
  153. ^ a b c 写真中央が高神教団総会資料
  154. ^ a b 70講義を聞いて洗脳・・・「ダビデ牧師は再臨主」|ニュースアンドジョイ(韓国語)
  155. ^ 70講義を学び 張牧師を再臨のキリストと信仰|異端カルト110番
  156. ^ ある脱退者が聖書の講義を聞いてメモしたノートを見せた。彼女は「2035年に終末が来ると教えられた」と主張した。|ニュースアンドジョイ イ・ヨンピル
  157. ^ 異端・カルト110番に掲載されていて現在は削除されている中橋氏の報告
  158. ^ a b (根田祥一)2019-11-30 13:05:31「イ・ヨンピル記者が取材したこの時、私も同席していました。」
  159. ^ a b (根田祥一)2019-11-30 13:12:56「イ・ヨンピル記者が取材したこの時、私も同席していました。」
  160. ^ №37|CCIK会員教団
  161. ^ ニュースアンドジョイ 2020年2月6日報道
  162. ^ 大韓イエス教長老会合同教団
  163. ^ a b c 【速報】 ウェスレアン・ホーリネス教団 クリスチャントゥデイ/ダビデ張関連団体から「距離を置く」と表明 2020年7月8日 | キリスト新聞
  164. ^ a b c CT疑惑払拭できない WH教団「教団委員会の見解」可決 調査委「再臨主」教義の疑念「払拭できない」|クリスチャン新聞
  165. ^ CT特別調査委員会、WH教団総会で調査結果を報告。クリスチャントゥデイに関する教団委員会の見解案圧倒的多数で可決|異端・カルト110番
  166. ^ ウェスレアン・ホーリネス教団
  167. ^ ダビデ牧師と共同体を考える会(ウェブアーカイブ)
  168. ^ a b クリスチャントゥデイ問題 ウェスレアン・ホーリネス教団 〝真偽明らかにする〟調査委員会を設置 教団年会で議論紛糾 2019年3月28日 キリスト新聞
  169. ^ 根田祥一@konda_si2019.8.7|Twitter
  170. ^ a b 消去された「ダビデ牧師と共同体を考える会」ブログ
  171. ^ 報告及び資料>ニュース№797 2021.2.17|CCIK
  172. ^ 韓国における主要教団”. 異端・カルト110番. 2021.07.20.閲覧。
  173. ^ 加盟教団|韓国教会総連合(韓国語)
  174. ^ 韓国教会総連合(韓国語)
  175. ^ [한국교회총연합(한교총) 6.25 69주년 성명2019.06.25]박원순 시장 한교총 내방…“코로나19 대응 한국교회에 감사” 2020.05.06연합기관 통합 앞장선다 2020.12.03한교총 “방역 지침 철저히… 백신 접종, 현재로선 최선” 2021.03.11오세훈 시장 기독교계 내방… 방역 지침 변화 있을까 2021.05.24
  176. ^ 장재형 단체 교리 보도한 <뉴스앤조이> 무혐의 "새로운 교리 경계하라는 공익적 목적"”. ニュースアンドジョイ. 20210523閲覧。
  177. ^ [편집국에서 토한 것을 다시 먹는 예장고신]”. ニュースアンドジョイ. 20210523閲覧。
  178. ^ 【速報】ウェスレアン・ホーリネス教団 クリスチャントゥデイ/ダビデ張関連団体から「距離を置く」と表明”. キリスト新聞. 2021.05.23.閲覧。
  179. ^ CT疑惑払拭できない WH教団「教団委員会の見解」可決 調査委「再臨主」教義の疑念「払拭できない」”. クリスチャン新聞. 2021.05.23.閲覧。
  180. ^ [편집국에서 죽지도 않고 또 찾아온 '종북 음모론'…물 흐리는 미꾸라지들은 이제 걸러야]”. ニュースアンドジョイ. 20210523閲覧。
  181. ^ キリスト新聞「Kirishin」(since1946)|@christweekly
  182. ^ @christweekly2021.2.9
  183. ^ キリスト新聞
  184. ^ クリスチャン新聞|異端カルト

外部リンク編集