クリスティアン・グリーペンケール

クリスティアン・グリーペンケール(Christian Griepenkerl 、1839年3月17日 - 1916年3月21日)はドイツ生まれの画家である。ウィーン美術アカデミーの教授を務めた。

クリスティアン・グリーペンケール
Christian Griepenkerl
Griepenkerl-Faistauer.jpg
アントン・フェイスタウナーによる肖像画
生誕1839年3月17日
ドイツ,オルデンブルク
死没1916年3月21日
オーストリア,ウィーン

略歴編集

ニーダーザクセン州オルデンブルクで生まれた。オルデンブルクの宮廷画家のヴィレルス(Ernst Willers)と知り合い、その助言で1855年にウィーンに行き[1]カール・ラールの画塾で学んだ。装飾画を学び、宮殿などに装飾画を描いた。

1874年にウィーン美術アカデミーの教授に任命され、1877年から、歴史画の教室を開き教えた。保守的な美術観は多くの学生の反発を招き、1909年にエゴン・シーレやアントン・フェイスタウナー(Anton Faistauer)らはアカデミーを中退し、美術家グループ、「Neukunstgruppe」(ノイ・クンスト・グルッペ、新たなる芸術の集い)が作られることになった。またアドルフ・ヒトラーがウィーン美術アカデミーを受験した時に入学を認めなかったことで亡くなった後で有名になった[2]

グリーペンケールの教えた学生編集

作品編集

脚注編集

  1. ^ Kunstmaxx.de » Ernst Willers (1803-1880): Isarlandschaft bei Thalkirchen[リンク切れ] at kunstmaxx.de
  2. ^ Brigitte Hamann, Hitler's Vienna. A Dictator's Apprenticeship. Oxford University Press, 1999.

参考文献編集