メインメニューを開く

クリスティアン・ファン・デル・クラウー

プラネタリウム2000

クリスティアン・ファン・デル・クラウーChristiaan van der Klaauw)は天文腕時計の製作を得意とする、オランダ時計職人である。1992年に世界で初めてプラハの天文時計を模した本格的な腕時計『アストロラビウム』を完成させ、世界を驚愕させた。

経歴編集

ソロトゥーン時計学校を卒業後ルノー・エ・パピ(Renaud & Papi)に入社。独立後は骨董品の時計専門の修理工房を経営していたが、1974年に時計のデザイナーとして活動を開始した。1989年独立時計師アカデミーに所属。1992年にバーゼル(スイスで毎年開催される国際的な時計の博覧会)において『アストロラビウム』を出品し、世界の注目を集めた。1994年からは腕時計の製作を専門とするようになっている。

作品編集

この時計ブランドのほとんどすべてのモデルは天文学に関連している。多くは、太陽惑星の運行を示すような特殊な機能が内蔵されている。ほとんどの作品がクラシックにデザインされ、ハンドメイドの限定品となっている。

関連項目編集

外部リンク編集