クリスティアン・ボーア

デンマークの医師

クリスティアン・ハラルト・ラウリツ・ピーター・エミール・ボーア(Christian Harald Lauritz Peter Emil Bohr、1855年 - 1911年)は、デンマーク生理学者である。物理学者ニールス・ボーアの父である。

クリスティアン・ボーア
Christian Bohr u016a.jpg
原語名Christian Bohr
生誕Christian Harald Lauritz Peter Emil Bohr[1]
(1855-02-14) 1855年2月14日[2]
コペンハーゲン[2]
死没1911年2月3日(1911-02-03)(55歳)
コペンハーゲン
墓地アシステンス教会墓地英語版
教育医学学位[2]、Ph.D
職業コペンハーゲン大学教授
著名な実績生理学の研究
活動拠点コペンハーゲン[2]
配偶者Ellen Bohr[2] (married 1881)
子供
  • Henrik Georg Christian Bohr
  • Caroline Agusta Lovise Rienestad

業績編集

22歳のときに最初の科学論文"Om salicylsyrens indflydelse på kødfordøjelsen"(サリチル酸が肉の消化に及ぼす影響について)を書いた。1880年に医学の学位を取得した。ライプツィヒ大学カール・ルートヴィヒに師事して生理学の博士号を取得し、1886年にコペンハーゲン大学の生理学教授に任命された[4]

1891年、彼は死腔を最初に定義した[5][6]

1903年、水素イオン二酸化炭素によりヘモグロビンの酸素親和性が低下する現象を記述した。この現象は、現在ではボーア効果と呼ばれている。これにより、活性化した筋肉組織のように、急速な代謝によって比較的高濃度の水素イオンと二酸化炭素が生成されている組織では、ヘモグロビンによる酸素放出の効率が高まる。

私生活編集

宗教観については、ルーテル派として育てられ、後に無神論者となった[7]

1881年にエレン・エーズラ(Ellen Adler)と結婚した。子供に、物理学者でノーベル物理学賞を受賞したニールス・ボーア、数学者でサッカー選手でもあるハラルト・ボーアがおり、孫に物理学者でノーベル物理学賞を受賞したオーゲ・ニールス・ボーアがいる。

コペンハーゲンのアシステンス教会墓地英語版に埋葬されている。

脚注編集

  1. ^ Irzhak, L. I. (May 2005). “Christian Bohr (On the Occasion of the 150th Anniversary of His Birth)”. Human Physiology (MAIK Nauka/Interperiodica distributed exclusively by Springer Science+Business Media LLC) 31 (3): 366–368. doi:10.1007/s10747-005-0060-x. 
  2. ^ a b c d e f g h i (Danish) Politiets Registerblade. Copenhagen: Københavns Stadsarkiv. (7 June 1892). Station Dødeblade (indeholder afdøde i perioden). Filmrulle 0002. Registerblad 3341. ID 3308989. http://www.politietsregisterblade.dk/en/component/sfup/?controller=politregisterblade&task=viewRegisterblad&id=3308989 
  3. ^ Niels Bohr”. Assistens Cemetery in Copenhagen. 2008年5月22日閲覧。
  4. ^ Rhodes, Richard (1986). The Making of the Atomic Bomb. New York: Simon & Schuster. ISBN 0-671-44133-7 
  5. ^ Bohr C. Über die Lungenatmung. Skand Arch Physiol 2: 236–268, 1891.
  6. ^ Klocke R (2006). “Dead space: simplicity to complexity.”. J Appl Physiol 100 (1): 1–2. doi:10.1152/classicessays.00037.2005. PMID 16357075.  article
  7. ^ Tom Siegfried (2013年6月28日). “When the atom went quantum - Bohr's revolutionary atomic theory turns 100”. Society for Science & the Public 2000. 2013年7月1日閲覧。 “As for standard religion, though, Bohr was unsympathetic. His mother was a nonpracticing Jew, his father an atheist Lutheran.”
  • Fredericia, L.S. (1932) Christian Bohr, pp. 173–176 in: Meisen, V. Prominent Danish Scientists through the Ages. University Library of Copenhagen 450th Anniversary. Levin & Munksgaard, Copenhagen.