クリスティアン3世 (プファルツ=ツヴァイブリュッケン公)

クリスティアン3世(Christian III., 1674年11月7日 - 1735年2月3日)は、プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公(在位:1717年 - 1735年)、プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン公(在位:1731年 - 1735年)。プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公クリスティアン2世とラッポルトシュタイン伯ヨハン・ヤーコプの娘カタリーナ・アガータの長男。

クリスティアン3世
Christian III.
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト
プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン
Christian III de Deux-Ponts-Birkenfeld--Joseph Matter-f4232641.jpg
在位 プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公:1717年 - 1735年
プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン公:1731年 - 1735年

出生 (1674-11-07) 1674年11月7日
死去 (1735-02-03) 1735年2月3日(60歳没)
配偶者 カロリーネ・フォン・ナッサウ=ザールブリュッケン
子女 ヘンリエッテ・カロリーネ
クリスティアン4世
フリードリヒ・ミヒャエル
クリスティアーネ・ヘンリエッテ
家名 プファルツ=ビルケンフェルト家
父親 プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公クリスティアン2世
母親 カタリーナ・アガータ・フォン・ラッポルトシュタイン
テンプレートを表示

1699年に父からラッポルトシュタイン伯領を譲られ、1717年に父が亡くなりプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公領も相続した。更に1731年、遠縁のプファルツ=ツヴァイブリュッケン公兼プファルツ=クレーブルクグスタフ・ザムエル・レオポルトが子の無いまま亡くなったため、遺領を継承、名称をプファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン公領に改称した。1735年に死去、長男のクリスティアン4世が後を継いだ。

子女編集

1719年、ナッサウ=ザールブリュッケン伯ルートヴィヒ・クラートの娘カロリーネと結婚、4人の子を儲けた。

  1. ヘンリエッテ・カロリーネ(1721年 - 1774年) - ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世と結婚
  2. クリスティアン4世(1722年 - 1775年) - プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン公
  3. フリードリヒ・ミヒャエル(1724年 - 1767年) - オーストリアの軍人、バイエルン国王マクシミリアン1世の父。
  4. クリスティアーネ・ヘンリエッテ(1725年 - 1816年) - 1741年にヴァルデック侯カール・アウグスト・フリードリヒと結婚
先代:
クリスティアン2世
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公
1717年 - 1735年
次代:
クリスティアン4世
先代:
グスタフ・ザムエル・レオポルト
プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン公
1731年 - 1735年
次代:
クリスティアン4世