クリスティアン (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)

クリスティアン(Christian, 1566年11月9日 - 1633年11月8日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、リューネブルク(在位:1611年 - 1633年)。リューネブルク侯ヴィルヘルムと妃ドロテアの次男。エルンスト2世の弟、アウグスト1世フリードリヒ4世ゲオルクの兄。

クリスティアン
Christian
ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
Christianderälterevonbraunschweig-lüneburg.jpg
在位 1611年 - 1633年

出生 (1566-11-09) 1566年11月9日
死去 (1633-11-08) 1633年11月8日(66歳没)
家名 ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家
父親 リューネブルク侯ヴィルヘルム
母親 ドロテア・ア・ダンマーク
テンプレートを表示

生涯編集

1599年ミンデン司教に選ばれたが、1611年に兄のエルンスト2世が没し、後を継いだ。1617年に同族が治めていたグルベンハーゲン侯領を相続した。

三十年戦争ではシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公フレゼリク3世と争ったが、1623年に領土をティリー伯に占領された。1629年神聖ローマ皇帝フェルディナント2世カトリック優位の復旧令: Restitutionsedikt)を発布するとこれに反発、プロテスタント陣営に加わるが1633年に死去。弟のアウグスト1世が後を継いだ。

爵位・家督
先代:
エルンスト2世
リューネブルク
1611年 - 1633年
次代:
アウグスト1世