クリスティン・リリー

クリスティン・マリー・リリー (Kristine Marie Lilly, 1971年7月22日 - )は、アメリカ合衆国の元女子サッカー選手である。元アメリカ代表。ポジションはフォワード

クリスティン・リリー Football pictogram.svg
Kristine Lilly 2015.jpg
名前
本名 クリスティン・マリー・リリー
カタカナ クリスティン・リリー
ラテン文字 Kristine Lilly
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1971-07-22) 1971年7月22日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国コネチカット州
身長 163cm
選手情報
ポジション FW
代表歴
1987-2010 アメリカ合衆国の旗 アメリカ 354(130)
獲得メダル
女子サッカー
オリンピック
1996 アトランタ
2004 アテネ
2000 シドニー
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

同国代表で積み重ねた代表キャップ数は「354」にも達しており、この記録は男女サッカーを通して世界一である。

経歴編集

コネチカット州ウィルトンで生まれ育ち、ウィルトン高校およびノースカロライナ大学チャペルヒル校を卒業。在学中の1991年に、大学サッカーの年間最優秀選手に贈られるハーマン杯(Hermann Trophy)を受賞。

卒業後にスウェーデンのティレースFC、ワシントン・ワーソッグズ、デラウェア・ジーニーズ、ボストン・ブレイカーズ、スウェーデンのKIFエーレブルーでプレー。エーレブルー退団後にボストン・ブレイカーズへ復帰している。

リリーを語る際に忘れてはならないのは、長年にわたる代表チームでのキャリアである。1987年に代表デビューして以来、代表キャップ数を着実に積み重ね、1998年にはノルウェー代表のMFヘイディ・ストールのキャップ数151を抜いて、女子選手最多代表キャップ数保持者となった。その後、サウジアラビア代表のGKモハメド・アル=デアイエのキャップ数178も抜き去り、男女合わせての最多代表キャップ数保持者となった。

2006年1月18日に行われたノルウェー代表との国際親善試合は、リリーの代表キャップ数300を記念する試合となったが、彼女はこの試合で、FWミシェル・エイカーズの代表通算ゴール記録(105点)に並ぶゴールも決めている。

2007年9月11日、中国で行われた2007 FIFA女子ワールドカップで、北朝鮮代表戦に出場し、ノルウェー代表ベンテ・ノルドビーと共に、5回目のワールドカップに出場した最初の女子選手となった。9月22日の対イングランド代表戦では、女子ワールドカップにおける当時の最年長ゴール記録も打ち立てた。

そして2010年11月5日メキシコ代表戦をもってアメリカ代表を引退した。その試合で前人未到の354キャップに到達した。

大学時代にホッケーやゴルフの選手として知られた消防士の男性と結婚。2008年に長女を出産した。このため北京オリンピックへの出場はしなかった。2011年に現役引退を表明。

個人成績編集

年度 所属チーム リーグ 出場数 得点数 アシスト数
1994 ティレースFC Sweden
1995 ワシントン・ワーソッグズ CISL
1998 デラウェア・ジーニーズ Wリーグ 4 5 2
2001 ボストン・ブレイカーズ WUSA 21 3 10
2002 19 8 13
2003 19 3 4
2005 KIFエーレブルー Sweden
2009 ボストン・ブレイカーズ WPS 4 4 3
合計 63 19 29

表彰歴編集

年度 所属チーム 表彰歴
1989 ノースカロライナ大学 NCAA優勝
1990
1991 アメリカ代表 FIFA女子ワールドカップ優勝
1991 ノースカロライナ大学 NCAA優勝
1992
1995 アメリカ代表 FIFA女子ワールドカップ3位
1996 アトランタ五輪金メダル
1999 FIFA女子ワールドカップ優勝
2000 シドニー五輪銀メダル
2003 FIFA女子ワールドカップ3位
2004 アテネ五輪金メダル
2007 FIFA女子ワールドカップ3位

外部リンク編集