クリステン・スチュワート ロストガール

クリステン・スチュワート ロストガール』(原題:Welcome to the Rileys)は、2010年制作のアメリカ合衆国ドラマ映画

クリステン・スチュワート ロストガール
Welcome to the Rileys
監督 ジェイク・スコット
脚本 ケン・ヒクソン
製作 マイケル・コスティガン
ジョヴァンニ・アニェリ
スコット・ブルーム
製作総指揮 リドリー・スコット
トニー・スコット
スティーヴン・ザイリアン
ケン・ヒクソン
マニー・マシューフ
出演者 ジェームズ・ガンドルフィーニ
クリステン・スチュワート
メリッサ・レオ
音楽 マルク・ストライテンフェルト
撮影 クリストファー・ソース
編集 ニコラス・ガスター
製作会社 スコット・フリー・プロダクションズ
サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ
デスティネーション・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月29日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $158,898[2]
世界の旗 $317,382[2]
テンプレートを表示

リドリー・スコットの息子ジェイク・スコット監督で、彼の父リドリー・スコットと叔父トニー・スコットが製作総指揮をつとめている。日本では劇場未公開。

あらすじ編集

中年男のダグ・ライリーは娘を事故で失って以来、妻ロイスとの関係も冷え切り、近くのレストランのウェイトレスと浮気をしていたが、ある日その彼女が急死してしまう。

娘に続いて愛人まで失ったダグは傷心のまま、出張でニューオーリンズに向かう。ダグは同僚に誘われて入ったストリップ・バーで、マロリーという娘と出会う。彼女はまだ16歳でありながら、身寄りがなく、学校にも通っておらず、生きるためにストリッパーとして金を稼ぎ生活していたのだった。

マロリーに亡き娘の面影を重ねたダグはそんな彼女を放っておけず、「体の関係はなし」という条件で1日100ドルを支払い、彼女の家に住み込み、生活の面倒をみることにする。やがてロイスもやってきて、3人の奇妙な同居生活が始まる。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集