クリストファー・オニール

2014年

クリストファー・ポール・オニール(Christopher Paul O'Neill, 1974年6月27日 - )は、イギリス出身のアメリカ合衆国投資家で、スウェーデン王女マデレーンの夫である。

略歴編集

投資銀行勤務のアメリカ人の息子として、ロンドンで生まれた。幼少期は父の仕事の都合で、イギリス、スイスオーストリアドイツで過ごした。ボストン大学コロンビア・ビジネス・スクールで学び、ニューヨークで働き始める。

マデレーン王女とは、2011年彼女がニューヨークに長期滞在していた頃に出会って交際を始めた。2012年10月25日に婚約を発表し、2013年6月8日にストックホルム宮殿のチャペルで結婚式が執り行われた[1]。夫妻はその後ニューヨークに生活拠点を置いた。

2014年2月20日に第1子のレオノール(Princess Leonore)がニューヨークで誕生し[2]、同年6月8日にストックホルム洗礼式を行った。2015年6月15日に第2子のニコラス(Prince Nicholas)が[3][4]、2018年3月9日に第3子のアドリアンネ(Prinsessan Adrienne)が誕生している。

現在はロンドンとストックホルムを行き来しながら生活している。

スウェーデンの法律では、王女の子も王室の範囲内に入るのでオニールの子2人もそれぞれ王女プリンセス)、王子プリンス)となる。ただし2019年10月7日付けで、王女・王子の称号や爵位は保持しながらも、「殿下」の称号を有したりや国費を受け取る王族の身分からは外れている[5]

脚注編集