メインメニューを開く

サー・クリストファー・コール(Sir Christopher Cole, 1770年6月10日 - 1836年8月24日)は、アメリカ独立戦争フランス革命戦争、そしてナポレオン戦争に従軍した有名なイギリス海軍士官であり、バス勲爵士である。この3つの戦争でも功績をあげたものの、彼の名を高らしめたのは、1810年1811年オランダ領東インドでの功績である。この偉業により、アンボン島ジャワ島の攻略が可能になった。コールは海軍に入って間もないころ、カリブ海の広い範囲の航海をはじめ、アメリカ独立戦争末期の対フランス作戦といくつかの大規模な戦闘に参戦した。その後の平和時もコールは海軍にとどまり、エドワード・ペリュー艦長と共に作戦を立てた。2人の共同任務はその後20年間続くことになった。

サー・クリストファー・コール
Sir Christopher Cole
Sir Christopher Cole.jpg
サー・クリストファー・コール マーガレット・サラ・カーペンター
生誕 1770年6月10日
コーンウォールマラジオン英語版
死没 1836年8月24日
ウェールズカーディフ、キルロイ
所属組織 Naval Ensign of the United Kingdom.svgイギリス海軍
軍歴 1780年-1836年
最終階級 艦長
除隊後 庶民院議員(グラモガンシャー選挙区英語版
テンプレートを表示

軍人生活末期にはスリナム方面の作戦をほめられ、ペルシアガージャール朝)の君主であったファトフ・アリー・シャーとの外交任務を成功させて称賛されたが、この成功の後、ペリューとの関係が壊れた。ペリューはこの時インド洋における指揮官だった。1810年、コールはオランダ領東インドに派遣された。当時イギリスは、この地を攻略し、要塞のあるバンダ・ネイラ英語版攻撃するための作戦のさなかにあった。作戦の当初はかなりの損害を出したが、コールは自ら小規模の隊を率いて、この島の主だった要塞へ向かい、そこを攻略して完全降伏させた。これは1811年のジャワ侵略につながったが、これもコールが計画して実行したものだった。大きな称賛と多額の報酬を得たコールはナポレオン戦争末期に政界入りし、1836年に死去するまで、庶民院議員として2度当選を果たした。

目次

海軍入隊編集

 
チェサピーク湾の海戦

コールは1770年の6月に、父ハンフリーと母フィリスの息子としてコーンウォールのマラジオンに生まれた。1780年、9歳の時に海軍に入隊し、ディグビー・デント英語版艦長指揮下の戦列艦ロイヤル・オークに乗艦した。このロイヤル・オークには兄のジョンが従軍牧師として乗っていた、当時ロイヤル・オークは北アメリカ沖に駐留していて、アメリカ独立戦争に参戦しており、後にコールはデント艦長について、レイゾナブル英語版、そしてラッセルに配属された。ラッセルは西インド諸島に駐留しているサミュエル・ドレイク英語版旗艦であった。コールは、ラッセルで任務に就いていた1781年4月に、フォートロイヤルの戦い英語版にコールも参戦した。その後また転属となり、1781年9月には戦列艦プリンセサ英語版にドレイクと共に移った。その翌年にかけてプリンセサは多くの海戦を戦ったが、その中には1781年9月のチェサピーク湾の海戦1782年1月のセント・キッツ島の海戦英語版、1782年4月のセインツの海戦も含まれていた[1]

ヴェルサイユ条約によってアメリカ独立戦争が終結した後も、コールは、ハリファックスで兄弟のフランシスが指揮官を務める12門艦トレパシー英語版に乗っていた。1783年5月、コールはトマス・フォーリー艦長のアトラント英語版に移り、1785年2月まで乗務した後、フリゲートウィンチェルシー英語版に移った。このウィンチェルシーの艦長はエドワード・ペリューだった。ペリューとコールはその後20年にわたって、長く親密に仕事をすることになった。コールは3年間ウィンチェルシーにいた後、ドレイクの推薦でクラウン英語版に転属となった。クラウンはウィリアム・コーンウォリス准将のもと、1789年の末にインドに派遣され、昇進がかなり遅れていたことにいら立っていたコールも、翌年の1月に海尉試験に合格した。この合格の遠因となったのは、11月のドレイクの死だった[1]

対仏戦争編集

 
エドワード・ペリュー

コールはその後4年間インドにとどまり、クラウンからコーンウォリス指揮下のミネルヴァ英語版へと移り、1793年6月に代理海尉としてリチャード・キング英語版艦長のビエン・エイム英語版に乗艦した。1793年9月、海尉試験合格から4年以上も経って、コールはついに海尉となり、その翌年にアイルランド沖の、ジョン・ドリュー艦長のセルベリウス英語版で任務についた。これは、チャタム卿ジョン・ピット英語版の直々の命令であった。これにより、コールは最近昇進したにもかかわらず、セルベリウスで最年長の海尉であることが確実になった。1795年6月、コールは西インド諸島の、ヒュー・シーモア英語版艦長のサンス・パレイルに異動し、1799年にはスリナム侵攻に加わった。この侵攻でシーモアはコールを、拿捕艦のスリナム英語版コマンダーに昇進させた[1]

 
ファトフ・アリー・シャー

コールはスリナムで指揮を執っていた間、多くの巡洋航海を成功させた。その中には1800年3月に2隻の私掠船を拿捕したこと、そして商業用スクーナーの再拿捕や[2] 、カリブ海で乗組員の健康を保つために、新しい規則を導入したことも含まれていた。1801年、シーモアは熱病で亡くなったが、コールの活動は既にシーモアに代わって就任したジョン・ダクワース英語版から認められており、1801年6月30日に、ダクワースの旗艦レヴァイアサン勅任艦長英語版となり、翌年にはフリゲートのサウザンプトン英語版の指揮を執った。コールがサウザンプトンの指揮官になって間もなく、アミアンの和約により、フランス革命戦争は終わって、サウザンプトンは退役した[3]

1年も経たないうちにナポレオン戦争がはじまり、コールは第一線に戻った。ペリューの推薦を受けて少将となり、自らの旗艦カローデンを指揮した。1804年、ペリューはインドに派遣され、コールも共に3年の間、ジャワ方面作戦英語版に参加した。ストレスの多い極東での任務で、コールとペリューの関係は亀裂を生じた。1807年の3月に、コールは新造されたフリゲートのドリス英語版の指揮を執った。1808年、ドリスはペリューの命令により、ペルシアの君主であるファトフ・アリー・シャーの元へ向かう、ジョン・マルコム英語版率いる外交使節団を護衛するために派遣された。この役目の間、コールはペルシア湾沿岸のブーシェフルに滞在し、ベンガル総督からの謝意、そして500ポンドの謝礼を受けたが、彼の指揮はペリューから公然と批判された[3]

 
マラッカ海峡(ピンクの矢印の部分)

ドリスは、ペリューの後任となったウィリアム・オブライエン・ドリューリー英語版の指揮下に入り、マラッカ海峡での任務に派遣された。これは、フィリピンスペイン政府と共に任務に就く関係を得るためのものだった。コールはうまくこれをやってのけ、フリゲートのキャロライン英語版の指揮を1809年に執り、その翌年には戦隊の指揮をまかされた。モルッカ諸島への攻撃で、コールの自由意志にゆだねられていた。コールは防御が盤石なバンダ・ネイラへ航行すると、8月10日に大胆な攻撃を計画し、要塞へ突進した部隊はここの占拠に成功した。翌年、コールはジャワ侵攻英語版の指導的役割に立ち、ロバート・ストップフォード少将のもとで侵攻を成功裏に終わらせた。この功績により、1812年5月にはナイト爵に叙せられ、特注のメダルとオックスフォード大学名誉博士号を与えられた[3]

1813年、コールはヨーロッパに戻って、海峡艦隊で戦列艦リッポン英語版の指揮を執った。1813年には損害を受けたフランスのフリゲート、ウェゼ英語版を拿捕した。1814年には、フランスの軍艦に拿捕されていた、価値の高い貨物を積んだスペインの財宝船を再拿捕した。1814年9月1日、リッポンは退役し、コールも、34年間続いた海軍での経歴に幕を下ろした[4]

政界入りと引退編集

34年間の軍人生活への見返りとして、1815年にコールはバス勲爵(ナイト・コマンダー)を授与された。その同じ年にナポレオン戦争が終わり、マリア・テレジア軍事勲章オーストリア帝国から、聖ゲオルギー勲章英語版ロシア帝国から授与された。また、イルチェスター卿英語版の娘で、ウェールズの地主であるトマス・マンゼル・タルボットの未亡人であるメアリー・ルーシーと結婚した。彼女とは長い付き合いがあった。メアリーは最初の結婚では子を得ていたが、この2人の間には子供がなかった。バンダ・ネイラの作戦での名声により、1817年にはグラモーンガンシャーから出馬して庶民院議員に当選したが、翌年に議席を失った。1820年に再当選し、1830年まで議席を守って、その後メアリー・ルーシーの連れ子である、クリストファー・ライス・マンゼル・タルボット英語版にその議席を譲った。1828年、海軍は彼の栄誉をたたえて王室ヨット英語版ロイヤル・ソブリン英語版艦長に任命し、1830年には海兵隊大佐に任命された。1836年、コールはウェールズのカーディフに誓いキルロイの自宅で生涯を終えた。夫人のルーシーは1855年まで生き、そして継子であるクリストファーは、60年間の議員生活を送った[4]

脚注編集

  1. ^ a b c Tracy, p. 85
  2. ^ The London Gazette: no. 15295. p. 1084. 1800年9月20日。
  3. ^ a b c Tracy, p. 86
  4. ^ a b Tracy, p. 87

参考文献編集

  • Tracy, Nicholas (1998). Who's Who in Nelson's Navy; 200 Naval Heroes. Chatham Publishing. ISBN 1-86176-244-5. 
  • “Obituary, Captain Sir C. Cole, K.C.B.”. Gentleman's Magazine: p. 543. (July to December, 1836). http://books.google.co.uk/books?id=qaklrCCQQgsC&pg=PA543&lpg=PA543&dq=killoy,+cardiff&source=bl&ots=3eXteVCEW5&sig=E3o7rVWdhMDZRGgh4QnPH_-OlOk&hl=en&ei=UPW7SpiELdmZjAfMksS9Cw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1#v=onepage&q=killoy%2C%20cardiff&f=false 2009年9月27日閲覧。 
  • “Sir Christopher Cole, K.C.B.”. Annual Biography and Obituary, Vol. XXI. (1837). p. 110. http://books.google.co.uk/books?id=Cm8EAAAAQAAJ&pg=PA111&dq=%22Captain+Francis+Cole%22#v=onepage&q=%22Captain%20Francis%20Cole%22&f=false 2009年9月27日閲覧。. 
  • Cole, Sir Christopher, Oxford Dictionary of National Biography, E. I. Carlyle, (subscription required), Retrieved 27 September 2009
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ベンジャミン・ホール英語版
庶民院議員 グラモガンシャー選挙区英語版
1817年 - 1818年
次代:
ジョン・エドワーズ
先代:
ジョン・エドワーズ
庶民院議員 グラモガンシャー選挙区英語版
1820年 - 1830年
次代:
クリストファー・ライス・マンゼル・タルボット英語版