メインメニューを開く

クリストファー・ジョーダン・ロサーレス・ゴンサレス

ニカラグアのプロボクサー
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロサーレス第二姓(母方の)はゴンサレスです。

クリストファー・ジョーダン・ロサーレス・ゴンサレスCristofer Jordan Rosales González1994年10月6日 - )は、ニカラグアプロボクサー。元WBC世界フライ級王者。マナグア出身。世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレスは従兄弟伯父(クリストファーの母親とローマン・ゴンサレスが従兄妹同士に当たる)[2]

クリストファー・ロサーレス
基本情報
本名 クリストファー・ジョーダン・ロサーレス・ゴンサレス
通称 El Látigo
階級 フライ級
身長 169.0cm[1]
リーチ 181.0[1]
国籍 ニカラグアの旗 ニカラグア
誕生日 (1994-10-06) 1994年10月6日(24歳)
出身地 マナグア
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 28
KO勝ち 19
敗け 4
引き分け 0
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2013年5月25日、地元マナグアにてマルコス・アラウスを相手にプロボクサーとしてデビュー戦を戦い、1回TKO勝ちでデビューを飾った[3]

その後は順調にキャリアを積むが、その間には2015年3月28日、シェフィールドのシェフィールド・アリーナにてカリッド・ヤファイイギリス)とノンタイトル戦で戦い判定負けを喫した[4]

2017年2月24日、地元マナグアにて開催されたWBCラテンアメリカライトフライ級王座決定戦をセバスチャン・サンチェス英語版メキシコ)と行い、3-0の判定勝ちで王座を獲得し[5]、その後2度防衛した。

2017年の10月21日、ポルデノーネのパラスポート・マウリジオ・クリサフリにて、WBCインターナショナルフライ級王座決定戦をモハメド・オブバディ(イタリア)と行い7回終了後、棄権した為王座を獲得した[6]

2018年4月15日、横浜市横浜アリーナにて、WBC世界フライ級王者比嘉大吾白井・具志堅)が試合前日の計量でリミットを900gオーバーして失格となり、王座が剥奪される状況下での試合となったが[7]、自身が勝てば王座獲得という条件で迎えた本番の試合では長いリーチを生かしたパンチなどで主導権を握り、9回1分14秒で相手陣営から試合を棄権する申し出があったことによりTKO勝ちを収め王座を獲得した[3][8][9]

2018年8月18日、北アイルランドベルファストでIBF世界フライ級14位のパディ・バーンズ英語版北アイルランド)と初防衛戦を行い、4回KO勝ちで王座の初防衛に成功した[10]

2018年12月22日、ロンドンO2アリーナチャーリー・エドワーズ英語版英国)と対戦し、12回判定負けを喫し2度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

獲得タイトル編集

  • ニカラグアフライ級王座
  • WBAフェデセントロライトフライ級王座
  • WBCラテンアメリカライトフライ級王座
  • WBCラテンアメリカフライ級王座
  • WBCインターナショナルフライ級王座
  • WBC世界フライ級王座(防衛1)

脚注編集

  1. ^ a b ロサレス「比嘉は小さくて細い」王者の減量苦を指摘 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月12日
  2. ^ 具志堅会長、ロマゴン親戚のロサレス「強そう」 スポーツ報知 2018年4月10日
  3. ^ a b Un látigo nica en tierra de samuráis LA VOZ DEL SANDINISMO 2018年4月16日
  4. ^ Result: Kal Yafai maintains unbeaten record Sports Mole 2015年3月29日
  5. ^ Cristofer Rosales y Félix Alvarado destruyeron a sus rivales mexicanos La Prensa 2017年2月26日
  6. ^ Obbadi alla settima ripresa abbandona (e piange) contro Rosales STAMP Toscana 2017年10月22日
  7. ^ 比嘉大吾 体重超過で王座剥奪! 再計量前にギブアップ 世界戦、日本人王者初の失態 スポーツニッポン 2018年4月14日
  8. ^ 新王者ロサレス「比嘉のパンチに力は感じなかった」 サンケイスポーツ 2018年4月15日
  9. ^ Rosales halts Higa, wins WBC 112lb belt Fightnews.com 2018年4月15日
  10. ^ “Rosales Ko's Brave Barnes In Belfast” (英語). Secondsout. Knockout Entertainment Ltd & SecondsOut.com. (2018年8月19日). http://www.secondsout.com/news/main-news/rosales-kos-brave-barnes-in-belfast 2018年8月19日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
比嘉大吾
WBC世界フライ級王者

2018年4月15日 - 2018年12月22日

次王者
チャーリー・エドワーズ