メインメニューを開く

クリストフ・フォン・ドホナーニ

クリストフ・フォン・ドホナーニ(Christoph von Dohnányi, ハンガリー語: Dohnányi Kristóf, 1929年9月8日 - )は、ドイツ出身の指揮者作曲家

クリストフ・フォン・ドホナーニ
Christoph von Dohnányi
Christoph von Dohnányi beim Fest der Freude 2016.jpg
クリストフ・フォン・ドホナーニ(2016年)
基本情報
生誕 (1929-09-08) 1929年9月8日(90歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ国ベルリン
学歴 ミュンヘン音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者作曲家

人物・来歴編集

ベルリン生まれ。

第二次世界大戦後、ミュンヘン大学で法律を学ぶが、1948年に音楽の道に転じ、指揮と作曲でリヒャルト・シュトラウス賞を獲得してミュンヘン音楽大学[1]を卒業、祖父(後述)の元で作曲を学ぶためフロリダ州立大学に留学する。アメリカではレナード・バーンスタインに師事したと言われる。その後、指揮の勉強に専念し、1952年にゲオルク・ショルティの指名により、フランクフルト歌劇場の助手となる。

オペラと演奏会の両方で評価が高く、ドイツ系の現役指揮者として重鎮的存在である。

家族編集

父はウィーン生まれのドイツの法律家ハンス・フォン・ドホナーニ。ハンスは反ナチスユダヤ人支援のレジスタンス活動をしたため、1945年にナチスの強制収容所で処刑された。 母はクリスティーネ・ボンヘッファー。 母方の叔父はルター派の神学者で、やはり反ナチスのレジスタンス活動家であり、ヒトラー暗殺計画に関わったとして1945年に強制収容所で処刑されたディートリヒ・ボンヘッファー。 兄は後にハンブルク市長をつとめたクラウス・フォン・ドホナーニ。 祖父はハンガリーの作曲家でありピアニストエルンスト・フォン・ドホナーニ(1877年 - 1960年)。 1度目の結婚でもうけた息子ユストゥス・フォン・ドホナーニは俳優。2番目の妻はソプラノ歌手のアニャ・シリヤ

録音編集

デッカ・レコードに多くの録音を残している。1990年代には、ショルティ以来となるデッカの『ニーベルングの指環』のスタジオ録音にクリーヴランド管弦楽団と取り組んだが、未完に終わっている。そのレパートリーは古典派から現代音楽まで非常に多岐にわたる。

脚注編集

外部リンク編集