クリスマスにはシャケを食え

インターネット・ミーム

クリスマスにはシャケを食え』(クリスマスにはシャケをくえ)は、クリスマスに関する日本語圏のインターネット・ミーム

概要編集

2018年に放送されたスーパー戦隊シリーズ快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』第45話「クリスマスを楽しみに」において、登場した怪人「サモーン・シャケキスタンチン」(声:津久井教生)がクリスマスに用意された街中のチキンを鮭の切り身に変えて暴れまわるというエピソードが初出である[1]。 同話のラストシーンでは「フランスではクリスマスに鮭を食べる風習がある」という言及もあるが、物語上での怪人の行動とは無関係。

2019年以降も、スーパー戦隊シリーズおよび仮面ライダーシリーズにおいて、本筋とは関係のない箇所でイースター・エッグのように鮭が登場している[1]

2020年には、テレ朝チャンネルが「スーパー戦隊クリスマス大鮭戦」[2]という特番を行い、前出の「サモーン・シャケキスタンチン」をナビゲーターに起用した[1]

影響編集

2019年には、大手スーパーのイオングループがクリスマスに「メリクリサーモン」というキャンペーンを行った[3]。また、2020年には農林水産省水産庁Facebookにおいてクリスマス向けのサーモン料理を紹介した[4]記事を、農林水産省がTwitterにおいて「サーモンでクリス鱒」のハッシュタグを用いて引用して投稿[5]した。いずれも、クリスマスに鮭を食べる習慣を広めようとしているとSNSを中心として話題になった[1]

2021年12月24日には、農林水産省がTwitterにて「クリス鱒」に加えてちゃんちゃん焼きを紹介し、その際「クリスマスにはシャケを食え」をハッシュタグとして用いた[6][7]。この投稿を受けて、SNS上では「クリスマスにはシャケを食えは農水省公認」「特撮は農林水産省まで動かした!」という声が聞かれた[8]。また、この日の『キユーピー3分クッキング』ではクリスマス料理としてスモークサーモンを紹介[9]したため、SNS上では関連性を指摘された。

脚注編集

関連項目編集

  • キリスト教 - キリスト教の古い宗派では、金曜日やクリスマスなどには魚を食べるという戒律がある。
    • Twelve-dish Christmas Eve supper英語版 - 「12皿のクリスマスイブの夕食」の意。ヨーロッパの広い地域に見られる風習。肉、卵、牛乳(チーズを含む)のない魚メインの夕食を食べる事となっている。12はキリストの12人の弟子、12使徒から。
    • Festa dei sette pesci英語版 - イタリア人の間に受け継がれるクリスマスイブの行事食。「7種の魚介のごちそう」の意。
    • ヴィギリア英語版 - ポーランドのクリスマスの日のごちそう