クリスマスプレゼント

クリスマスプレゼントとは、年末クリスマスシーズンにおいて親しい人などに贈られる贈り物

目次

西欧における歴史編集

キリスト教ではクリスマスを家族で祝うのが一般的である。クリスマスには普段離れて暮らしている親族が実家に集まり、クリスマスパーティを開いたり、クリスマスプレゼントを交換する風習がある[1]

プレゼントを交換する風習はもともと聖ニコラウスの日と呼ばれていた12月6日の伝統行事であった[1]。しかし、1535年にマルティン・ルターがこれをクリスマスに行うべきと提唱したことでクリスマスに行われる風習となった[1]

日本における歴史編集

明治時代編集

日本のクリスマスプレゼントの習慣は、明治時代に始まる。1906年明治39年)12月18日付の読売新聞は、救世軍による「貧しい人々へのクリスマスプレゼント」について報じた。籠に果物パン菓子玩具などを詰め込んだものを、3万人を越える貧民に手渡したものである。同新聞には、「我が国にありては今回を以って始めとする由」と記されている。当時、ニューヨークで行われるような貧民への大規模なプレゼント作戦を目標としていた。

大正時代編集

大正時代になると、クリスマスプレゼントの習慣は、すっかり人々の生活の中に根をおろした。1923年大正12年)12月3日東京日日新聞は、「Xマス近づく」との見出しの記事において「坊ちゃん嬢ちゃんに歓迎されるクリスマス・プレゼントは、年々盛んになるばかりだ」と報じている。当時、盛んに交わされていたクリスマスプレゼントは下記のようなものであった。

昭和時代編集

1960年頃に日本独自のスタイルとして、菓子を詰めたクリスマスブーツが登場した。これはクリスマスツリーの飾りの延長としてブーツ型の菓子ケースをデザインしたのが始まりとされ、のし紙包装紙にこだわる日本ならではのものである[2]

有名なクリスマスプレゼント編集

  • 1896年アメリカの実業家、グリフィス・ジェンキンス・グリフィスがロサンゼルス市に3015エーカー(約12平方km、東京ドーム約261個分)の公園用地を市民へのクリスマスプレゼントとして贈った[3]。現在、グリフィス天文台のある公園になっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 岩村偉史『ドイツ人の価値観 ライフスタイルと考え方』2010年、103頁
  2. ^ お菓子を詰めるXmasブーツ 日本発祥の地・草津の老舗を直撃”. NEWSポストセブン. 小学館 (2013年12月24日). 2013年12月24日閲覧。
  3. ^ Colonel Griffith J. Griffith one of L.A.'s more colorful figures The LA Times, June 12, 2011

関連項目編集